フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年6月14日 (木)

地方都市星景29。「精華町の踏み切り。時には立ち止まって。」

New2_b

2017/11/25 21:00~ 岐阜県多治見市精華町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(24mm/F5.6)
ISO400/4秒×27枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:自動車

「立ち止まる」というのは大事なことですなー。

逆の「何があっても止まらない」は、良さそうな聞こえですけどね。

「間違いだったと気づいても、止まらない。」
「動く前提が無くなったとしても、止まらない。」
「立法事実」がなくてもヘーキで法律を作ろうとするようになった。

そんな愚痴を言うミッチーがお送りしております。

えー、「鉄分少なめ」写真ですが。

改正東京五輪・パラリンピック特別措置法ってのが成立したようで、
なんといっても「祝日の移動」ですかね。
さーて、お月様の大きさはどうかな、って調べてみたら、
どーってことなさそうでした(笑)。ぐへー。
もちろん、日曜祝日時々土曜休みのワタクシ限定の欲望と希望なのですが。

目玉?は10月12日の「体育の日」が7月24日に移動になるところなんですが、
10月12日が月齢24.7に対して、7月24日は月齢3.4。(たぶん)
ここはほら、満月期の祝日が新月期に移動、とか期待しちゃうじゃないですか。

でも、ワタクシにとっての幸せは、ひょっとすると他者にとっての不幸かもしれない。
もちろん、その逆も。

で、梅雨のときは、雨降って、あとはテキトーに晴れればそれでいいんですよ。

2018年6月13日 (水)

わし座とへびつかい座のあいだ。や座。

Washi

(左が北です)

2018/5/20 0:47~ 長野県下伊那郡阿智村
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F3.2)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/3分/10枚
Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
Adobe Camera(現像)
ステライメージ7(コンポジット/レベル補正/デジタル現像)
Adobe Photoshop CC 2018

へびつかい座にかかる天の川は、うにょうにょしたものが多くて、
「135mmならどこを撮っても面白いんじゃねーの」と思っていました。

が、現場にて無計画にレンズを向けたところで、
なかなかおもしろいところに当たりませんでした。
最終的には「これだね」と自分を納得させて撮った領域なのでした。
わし座とへびつかい座の境界あたりでしょうか。
この写真だと左下にちょい行くとアルタイルがあるはずです。

今、アマゾンプライムのオリジナルドラマ「高い城の男」を観ているところなので、
この天の川の様子は、ナチスのイーグルに見えてくるのでした。

さて、次は昨年撮影分です。
画像処理を途中で放置していたものなのですが、
先日、おりおんさんが近所を撮影されていたものを見たので、
なんだかやる気になりました笑。

「や座」って大好きなので、撮っていたのです。
あとは「コートハンガー」ですかね。
撮影枚数が少ないのは、たぶん、途中で曇ったのだと思います。
処理過程は忘れてしまっています。
元データ(RAW)と、途中まで処理したPSDだけが残っていました。

Ya_web

2017/8/19 21:11~ 長野県下伊那郡阿智村(たぶん)
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO1600/4分/6枚
Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
Adobe Photoshop CC 2018など

2018年6月11日 (月)

地方都市星景28。「太陽建機レンタル。重機とホタルのダンス。」

Taiyo

2018/6/9 22:32~ 岐阜県多治見市幸町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(30mm/F4)
ISO1000/5秒×214枚(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

太陽建機レンタル株式会社多治見支店。
国道沿いにある重機だらけの会社です。

そして大原川。
そしてホタル。

1週間前はあんまり飛んでいませんでしたが、
この日はにぎやかでした。
ここらへんでも、通えばたくさん見られるもんなんだなーと改めて思いました。

ホタルの光でシネマグラフも作ってみました。
ちょっと動きが早くて、めまぐるしく感じます。
なんだか安っぽく見えてしまうので、
ここらあたりの制御が今後の課題でしょうか。

Mv

主役になっている重機は、ショベルカーですかね。
黄色いのとオレンジのと青いの。
踊っているように見えたので、「あっ! これは!」と。

Lala


あと、ついでなんで、
過去にここを撮っていたのも載せます。
少し鉄分があります。

New4lev_2

2017/11/9 22時ころ~ 岐阜県多治見市幸町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO400/8秒×150枚くらい(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車


この線路はJR東海の「太多線」で、
向こうから電車がやってきているところです。


Hitachi_web

2018年6月10日 (日)

地方都市星景シネマグラフで、ダイバーシティ。

Ta

以前、機材で「シネマグラフ」 を作ったことがあるのですが、
いよいよ、星景写真でシネマグラフを作るという発想。
本来は「邪魔」になる自動車の通過を取り入れた一枚です。

「都市星景」は比較明合成が前提となると言っても過言ではないのでしょうが、
そうなると、突発的事象、いわゆる自動車の通過とか
自転車おじさんの通過とか、
バローの看板が途中で消えたとか、
まあ「動き」というのが邪魔なわけです。

んで、まじめに「都市星景」をやろうと思うと、
それらの事象を消しにかかると。
画像処理的には、それらのコマはPaint it Blackしてやれば
「比較明」とは仲良しになれないと。

ところがですね、
それらを仲良しにする方法があるんです!
それが!
「シネマグラフ」!

まったく新しい、「都市星景」の見せ方!
文句あるか!

あ、スツレーしました。

撮影時に余分なものが入ったとか、
余分なものを切り落としたとか、
自分の考えとは違う他者をDISる前に!
それらを取り込んで、仲良しになる。
そういうアウフヘーベンです笑。

2018年6月 6日 (水)

近所でホタル撮影2018。

B2

2018/6/1 23:46~ 岐阜県多治見市
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F3.2)
ISO1250/32秒×8枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018

数ヶ月前のことですが、
「クイズを英語で聞いて、英語で答える」という状況に陥りました。
いろいろな問題が出されましたが、
その中で(日本語で言うと)「草原に住んでいて、黒と白の縞模様の動物で」
みたいな問題がありまして、ほら来たシマウマじゃんと思って
「ハイハイ!ハーーーーイ!」と手を挙げたワタクシ。

もちろん答えは「ジーブラー!」。
ええ、英語の先生は「んんーー? ゼーブーーーーラーーー!」と公開処刑。


さて、先日、近所にホタル撮影に行ってまいりました。
昨シーズンまでは「三脚なし、電動アシスト自転車なし」だったワタクシ。
なんだかんだ言って、近所で見られるホタルは数匹だと思っていましたが、
探せばいるもんですねー。

電動アシスト自転車に乗って、あてもなく「夜の淵をひと廻り」していたところ、
某竹林にはさまれた小道へ。

思わず「うげーー」と叫んでしまうほどのホタル。
いつもの通り、「ふわー」ではなく、ちかちかと短時間点滅系でした。

撮影したのはこんな場所です。


B3_2

「僕とホタルとアシストで」
2018/6/1 23:54~ 岐阜県多治見市
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F3.2)
ISO800/32秒×4枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018


135_2web

2018/6/2 0:08~ 岐阜県多治見市
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
Zeiss Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)
ISO1600/12秒×8枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018

↑ ホタル的にはこの135mmのものがお気に入りです。
撮影直後、カメラの液晶で「どんなもんかなー」って確認するのが
楽しい撮り方だなーって思いました。

↓ 少し場所を移動。
これは、実際に目で見ていたのと写るものは違うなー、と思いました。
ホタルが小さすぎるんですかね。
この竹林が、飾り付けられたクリスマスツリーのようだったんですが。
画像処理で、ホタルが目立つように作りこんでみました。

B5web


2018/6/2 0:38~ 岐阜県多治見市
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F3.2)
ISO1000/32秒×20枚(比較明合成)/JPEG
ステライメージ7/Photoshop CC 2018

2018年5月31日 (木)

地方都市星景27。「多治見市某所のホタルとサソリ。マイナーなケツの光。」

H_web

2018/5/24 22:57~ 岐阜県多治見市
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO800/30秒×71枚(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

  螢は何かを思いついたようにふと羽を拡(ひろ)げ、
  その次の瞬間には手すりを越えて淡い闇の中に浮かんでいた。
    ──「螢」(『螢・納屋を焼く・その他の短編』 村上春樹著/新潮文庫)

  「世の中にはいっぱい納屋があって、
  それらがみんな僕に焼かれるのを待っているような気がするんです。」
    ──「納屋を焼く」(同上)


世の中にはこのー、ホタルの名所などといわれるような場所というのがあるわけで。
が! 名所ではありませんが、ワタクシの住んでる近所には、
微妙に(笑)ホタルも住んでいます。

道を左に曲がると駅、
右に曲がると突然こんないい景色、みたいな不思議なところです。
以前から、散歩するのが好きな場所です。川には魚がいますし。

電動アシスト自転車を乗り回すようになってからは、
上流までぐいぐい行って、寺をみたり、寺を撮影しているおっさんを見たり。
寺と桜を撮影しているおっさんを見たり。



ホタルは、最寄り駅から家に帰る途中、あ、飛んでるなー、って発見。
後日、撮影に行った、その一枚が上の写真です。
サソリ座の頭部分がちょびっと。

地上風景は、月明かりでとてもいい塩梅だと思いました。
月の動きによって、照らされる範囲が徐々に動いていきます。
そのせいか、地上の立体感が感じられるように写りました。

この日は4匹くらい飛んでいるのが見えました。
1秒に1回のペースで点滅を繰り返す、早い感じ。

この川にかかっている地元民が設置したのらしい板みたいな橋があって、
撮影中、そこに座りこんでいると、向こうのほうからふーわふーわと飛んでくる1匹。

うまいこと写野に入らんもんかなー、と思って眺めていました。
そいつはきっちりと収まってくれました。点々として写っています。
そして、あっちの竹やぶに入っていきました。
他のホタルもそうだったんですが、目的地は決まっているんでしょうか。


ホタルだけじゃなくて、この、ワタクシの大好きな「近所」。
「撮られるのを待っていた」というか、
「やっと撮れたねー」っていう感じです。

Bicycle_web

「オレの電動アシスト自転車と夏の大三角」
2018/5/24 22:21~ 岐阜県多治見市
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO400/25秒×50枚くらい(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

2018年5月23日 (水)

アコガレの、撮りたかった天体を撮るということ。

Web_g



長野県下伊那郡阿智村 2018/5/19 21:18~
KENKO SE200N CR/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)
IDAS BGRL-RS2
L8枚/RGB2~3枚 各10分
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018

久しぶりの「あららぎ」遠征。

りゅう座の、いわゆる「銀河トリオ」。
左の細長いのがNGC5981、
まんなかのボンヤリがNGC5982、
右のイケてる野郎がNGC5985。

この対象との「出会い」は、たぶん雲上さんのブログだったかと思います。
こんな面白い対象があるんだ! っていうのは、
いろんな方のブログで知ったり、天文雑誌で知ったり。
いつか撮りたいな、っていう思いが実現するのは、うれしいですね。

アコガレの対象。
撮りたいって思っても、天候だとか、仕事のめぐりとか、
「他にもっと撮りたいもんがあるし」とか笑、
「撮れない理由」は、天にも地にもありますから。

今回の撮影は、ちょっと短め。
いわゆる「本命撮影に入る前に」って感じなのですけども。
アコガレ対象のせいか、久々に「天体おじさん」になった面白み、を感じました。

この日は「観望派」から「撮影派」に完全移行した「たか丸」パイセンと。
「赤道儀をアスコム制御にしてから、初めて順調ですねー」などと緩い会話をしながら、
素晴らしい空に期待しておりましたが…


Img_3628




げっ、曇ってきたじゃないですかの午前2時。

朝まで雲ひとつないはずだったのですが
急激に星が見えなくなり ─GPVの野郎!─  その後晴れることなく。

上の写真を撮影したころは、たか丸パイセンが撤収の真っ最中。
ワタクシは、星景写真を撮ろうと準備を始めたところなんですけど、曇った写真だけが残されました。


Img_3633

2018年5月 9日 (水)

「天フェス2018」。その3。宴はこれで終わり。

Img_2674web

2018/4/22 3:41 長野県下伊那郡清内路村
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F3.2)
ISO6400/30秒/Kenko スカイメモRSにてノータッチガイド
Photoshop CC 2018


「天フェス2018」。(あまふぇす)最終日、そろそろ朝がやってくるころです。

ちょっと前に、天フェスの記事は「3」まで続く、と書いたのですが、
同じ場所で撮った天の川なので、これといって面白いものもなく(笑)

このままフェードアウトしても、「セクハラ罪」がないのなら、
「天フェス2で終わる罪」もないのだろう、なんて思っていたのですけどね。

でもまあ、そーゆーこと言うか?って感じなので、
きっちり、きっちり「3」を!

まあ、これでセクハラではないことは分かっていただけたんでしょうかね。
分かりませんよね。
ってゆーか、本人以外認めたし。


さて、おじさん入りも。
Img_2678

2018年5月 8日 (火)

地方都市星景26。「大沢親分砕石場。構図35億。」

もー、あれでしょ、「親分」とか 「構図35億」とか言って、
ふざけてると思ってるんでしょ。野球とか興味ないくせに(笑)

でも「35億」っていう言葉を、残しておかないと。
しかしあれですなー、ここって、本当に他から人を集めるのに、
いい場所だと思いますよ。

ありがちな観光地、ありがちなキーワードではない、この「異世界」感。
ワタクシのしょーもない写真では伝わらないんですけど。
New2

2018/4/29 0:28~ 岐阜県多治見市大沢町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F6.3)
ISO640/20秒×86枚(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車



New1

2018/4/30 0:47~ 岐阜県多治見市大沢町
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(15mm/F4)
ISO400/20秒×74枚(比較明合成)/RAW
ステライメージ7/Photoshop CC 2018
移動:電動アシスト自転車

2018年5月 7日 (月)

M100。推しエ100。

M100web

長野県下伊那郡清内路村 2018/4/20 22:40~
KENKO SE200N CR/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)
IDAS BGRL-RS2
L10枚/RGB3枚 各10分
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
CCDStack2/ステライメージ7/Photoshop CC 2018

かつてEOS 40Dで、周りのお友達を入れて数回撮ってきた推しエ100。
モラビアン冷却CCDでの撮影は初めてです。

やりたい放題やってやりました!
まあ、半分インチキみたいなもんですかね。わあははっ。
色ですね、色。
なんとかして派手にしてやろうって、そういう感じです。
やっぱりこういうのは、いかにRGBたくさん撮るかっていうことなんでしょうか?

色を乗せたり、上げたりする画像処理は多々ありますが、
無理すると結局カラフルなノイズが増えるだけなんっすよね。
ぐいぐいいっても大丈夫な色情報、っていうのが重要なのかな、と。

広がっている星雲とは違って、銀河の色ってぽつぽつと、っていう感じじゃないですか。
ともかく、小さい。
その「ぽつぽつ」って、ノイズと分離するのが難しいんだろうなって。

«地方都市星景25。「大沢町の砕石場 構図1」。