2020年6月28日 (日)

ミナミヌマエビの魅力。

7000b_web

2020/6/16 23:04~ 岐阜県多治見市
Vixen FL55SS(フラットナー) 312mm/f5.7
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO800/90秒×118枚
Kenko スカイメモRS
PixInsight /Photoshop CC 2020

お願いはひとつ

こんなブルーシィーなシーズンは

早くすぎ去っていっておくれ
お願いはひとつ(井上陽水氏 アルバム『ライオンとペリカン』B面の3曲目)
※「ブルーシィー」じゃなくて「ブルージィー」かな? 歌詞カードには「ブルーシィー」って書いてある。



洗濯物がよく乾く休日が大好き、
ミナミヌマエビに夢中のミッチーがお送りしております。

6月16日火曜日夜、パンスターズ彗星(C/2017 T2)があっちこっちの銀河に突っ込んでいっているとのことで、FL55SSを出して自宅撮影。軽く彗星の記念撮影をしてから、冒頭の北アメリカ星雲などを放置撮影しました。
自宅撮影のおかげか、おだやなか気持ちで画像処理ができました。ぶいぶいとした仕上がりにはならずとも、北アメリ感、ペリ感なヴァイブスが出ているかなあと思います。



さて、ここからが本題です。
5月の上旬に、近所の大原川でミナミヌマエビを捕らえてきました。そして、なぜかうちの庭にすっころがっていた大きなメダカ
鉢で飼育をはじめました。水草とか砂利なんかも入れて環境を整えました。エサは何も与えていません。放置しているだけです。

_mg_9932
こんな感じのエビなんですけども。
これがどんどん増えていっています。どんどん子どもが生まれています。

_mg_9923_20200628095701
オトナのエビが、すぃすぃ~と泳ぐさまを見るのは、まったく飽きないものがあるのですが、大量の子どもエビがすぃすぃと泳いだり、浮かんでいる草につかまってよちよちしているのを見るのも、時を忘れるほどの魅力があります。

一番最初に生まれた子どもは、今は1センチくらいにはなっているでしょうか。ワタクシは、こういう「中途半端」な大きさの生き物をみるとわくわくします。お分かりいただけますかね? 自然でよく見かけるのはオトナばかりだからなのでしょうか。かといって赤ちゃんでもない、レアな感じがするのです。

それにしても、なんでこんなにこのエビに魅力を感じるのだろう、って昨日考えていました。そしたら、あることに気づきました。
ミナミヌマエビは、文字通り「ボデーが透明」(『冷たい熱帯魚』)だから魅力があるのだ!と。
ほれ、レゴとか、スケルトンのパーツってまじ貴重だったじゃないですか。それと同じなのではないでしょうか!!!(強引)
_mg_9938


大原川にミナミヌマエビを捕らえにいくのに、自転車乗って、タモ持って、透明プラスチックの虫ケース持って出かけているところを、近所のおじさんに見られて「何やってんだ笑」と笑われました。
ワタクシが高校生くらいのとき、仲良しのS崎君と川で魚とりをしていたら、対岸を自転車で走る高校生軍団に「バ~カ!」と笑われたことを思い出しました。

2020年6月 9日 (火)

オリオンの気持ちになるならば…。

Orion04web

Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)/ISO1600/300秒

右:2019/12/28 19:56~ 40枚:長野県下伊那郡
中:2019/12/31 21:09~ 37枚:長野県下伊那郡
左:2020/1/1 0:25~ 26枚:長野県下伊那郡

Kenko スカイメモRS/LACERTA MGENによる1軸オートガイド


画像処理ソフト
右:Adobe Camera Raw(現像)/ステライメージ7(コンポジット)/Photoshop CC 2020/PixInsight

中・左:PixInsight(Weighted Batch Pre-Processingなど)/Photoshop CC 2020
3枚の合成はPhotoshopのPhotomerge


オリオンの気持ちになるならば。夏でも主役になりたいし。
何、地平線の下?
じゃあ、のぼってくるまで、ビール呑んで待っててね。
アサヒやないで、オリオンやで。BGMは、バブルガム。もちろんループで。

ほら、星座線で、ベテルギウス、ベラトリクス、サイフ、リゲルをつなげて四角形にしているのがたまにあるじゃないですか。
三ツ星とつながってないやつ。あれ、すごく気持ち悪いんですよね。ウエストが締まってないっていうか。

ベテルギウスが爆発しても、オリオンのことは嫌いにならないでください。
あのー、そろそろ右手が疲れてきたんで、棍棒、左手に持ち替えてもいいっすかね?

2020年6月 3日 (水)

ステマ星景。

New3_20200603214301

2020/4/2 22:29~ 岐阜県多治見市
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012(18mm/F9)
Canon EOS 6D(ハヤタ・カメララボ HKIR改造)
ISO500/8秒/80枚
Adobe Camera RAW(現像)
ステライメージ7(比較明合成)
Adobe Photoshop CC



以前、コティラ で紹介した地方都市星景の出がらしショット。同じ日に撮影していた「捨てられたマスクとぎょしゃ座」です。
皆さんはご存知ないと思いますが、ワタクシは、このような捨てられたマスクを日々写真に収めております。

捨てられたマスクのことを一般に「捨てマ」といいますが、これを地方都市星景と絡めますと「ステマ星景」となります。
「捨てマ」は、地方都市よりホンモノの「都市」に多くありそうなので、都市星景を実践する皆様にとっては新しく、取り組みやすいジャンルではないかと思います。
特に「アベノマスク」のおかげで潤沢な供給が確保でき、価格も下がっている状況で(笑 菅!)道路に捨てられるマスクが増えているこのごろですので、ここはお勧めしたいところではあります。

ところで、次の写真は、冒頭写真のマスク部分に寄って撮影したものです。なんと「氷結」の空き缶も捨てられておりました。まだまだ人間活動が活発であったころだなあという感慨があります。

Img_8446



さて、星景ではありませんが、いろいろな「捨てマ」をご紹介いたします。

今年は「花見」なんて状況ではなかったですよね。そんな中でも、桜捨てマです。

Img_8747

Img_8358


これも、まあ。捨てマ。

0405img_8651



マスク不足の頃、信号を無視してでも手に入れたいマスクがあったのかもしれませんが、今はもう、そんなことは忘れているのではないでしょうか。


Img_8759_20200603220301

2020年5月31日 (日)

新型コロナ後でも、元に戻してほしくないことって、あるじゃん。

Bnd_2_web

東側(左)
2019/11/30 0:45~ 長野県下伊那郡
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/300秒×15枚
Kenko スカイメモRS/LACERTA MGENによる1軸オートガイド

西側(右)
2018/12/31 21:20~ 長野県下伊那郡
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/130秒×62枚
Kenko スカイメモRSでノータッチガイド

Adobe Camera Raw(現像)
ステライメージ7(コンポジット)
Photoshop CC 2020/PixInsight


オリオン座の星雲が続きますが、この季節になると「興味ね~!」って感じです(笑)。今はほれ、いて座、サソリ座、白鳥座とかの星雲がぶいぶい言わせてますから。しかしまあ、ようやく処理をして仕上げたのだから仕方ありません。

昨年11月に撮影した東側は、なぜか仕上げることなく放置していました。そして2018年に撮影したものとくっつけることができるじゃん!と気づいたのは、2月ころのことでしょうか。そのころは、まだ「コロナだコロナだ」という意識は今ほどではなかったかなあと思います。

そういえば、2月11日に母を連れて(この星雲を撮影した)阿智村の温泉に行っていました。あの時、鴨そばとか食べたり、野菜買ったり、楽しかったなあ。地元の小学6年生が作った「阿智村の四大魅力」っていう手書きパンフレットみたいなのをもらってきましたが、今でも時々眺めています。「また『おにひら』行って、そば食べたいなー」なんて思いながら。

明日、6月1日からは学校が再開されるようです、ゆるゆるとではありますが。
先週「試し登校?」のようなものがあり、久しぶりに中学生の集団をみかけました。なぜか「男子ぃ~」と心の中で言ってしまいました。

ワタクシが通勤に使っている電車の一部は、ドアが自動で開かなくて自分でボタンを押して開けるのですが、「新型コロナ対策」のため、いつからか自動で開くようになっていました。これもまた、元に戻るのかなあ。これは戻してほしくないなあ。

2020年5月24日 (日)

NGC1977を撮影した責任はワタクシにある。

Lrgb_mt_as_web

撮影したのは、今から3ヶ月ほどまえの2月23日で、撮影開始時間は20時12分ころでした。
三重県度会郡大紀町まで遠征したことの責任は、ワタクシにあります。

Kenko SE200N CRを使用したことに対する批判については、真摯に受け止めるべきだと思っております。
その中において、バーダープラネタリウムRCC1を使用しておりますが、
これにつきましては、先ほども申し上げましたとおり、法務省において適切に対応していくものと考えております。

先ほども申し上げましたとおり、Moravian Instrumentsにおいて、G2-8300FWを30度ほど冷却していくものと考えております。
その中において、フィルタとしてIDAS BGRL-RS2を使用、使用、適切に使用していることは、先ほど申し上げたとおりです。

先ほども申し上げましたとおり、Lについては5分を、いわば16枚、Rについては7分を4枚、Gは、その中において、Bは7分を4枚、
いずれにいたしましても、7分というのは、いわば420秒であります。

赤道儀はタカハシEM-200、これは専門家会議、その中において、「オフアキシスガイド」(※イントネーションが変)、OAG9、Starlight Xpress LodeStarの中において、PHD2により、適切に処理されているものと報告を受けております。

いずれにいたしましても、PixInsightとPhotoshop CC等において、適切に処理されているわけでありますが、NGC1977を撮影した責任はワタクシにあります、批判については、真摯に受け止めたいと、考えております。




『責任は私にある。批判は真摯に受け止めたい』(サギの仲間)
Img_8185_20200524214801

2020年5月17日 (日)

悪い政治家は、罰として星座にしてやる。

Int01_abe_ht2_web

2020/3/21 2:44~ 長野県下伊那郡
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/300秒×25枚
Kenko スカイメモRS/LACERTA MGENによる1軸オートガイド
Adobe Camera Raw(現像)
PixInsight/Photoshop CC 2020



上の写真は、へびつかい座の南、さそり座に近いところで、だいたい次の星図の四角で囲ってあるあたりです。何か意味がありそうな場所ですが、まったく意味はありません。何かが見えてくることもないし、特別な現象があったわけでもありません。

Photo_20200517211701



星座にまつわるお話(神話)を読んだり耳にしたりすると、「お前はけしからんヤツだから罰として空に磔(はりつけ)にしてやる」とか「大変ご苦労だったので、空に上げてあげましょう」とか、また「かわいそうな目にあったので、星にしてあげましょう」とか、星座になった理由は人(?)それぞれ。で、星座になるということは名誉なことなのか、ありがたくないことなのか、さっぱり分からなくなります。

しかしまあ、今の日本で政権を担っている悪党どもを「お前はけしからんヤツだから罰として」という理由で星座にしてもよいのではないか、などと思ったりします。あるいは、「このような犯罪者集団がいつまでも政権を担ってしまった時代があったのだ」と、国民に監視を怠らぬよう語り継ぐために星座にしてもいいのかもしれません。

何座?



さて、せっかく、へびつかい座が出ましたので、本日は、穴から飛び出す蛇を。

0517_9003
5月17日撮影。

家の窓からふと外を見ると、壁をはっている蛇を発見。しばらく見ていたら、この穴に入っていったようです。また出てこないかなーって待っていたら、顔を出しました。

このところの散歩ではこういった壁から出てるパイプ(?)から飛び出しているいろいろを見つけては写真におさめておりましたので、それもおまけに。

0503_8921

2020年5月 4日 (月)

日常keeping。あつまれ どうぶ…。近所のホームセンターの事情。

いつものコースを散歩していると、普段より散歩する人が増えたなあと感じます。

先日、家の近くの用水路で釣りをしている親子を見かけました。釣りをするような川ではないし、普段あまり見かける光景ではありません。現在の「休校」や「不要不急の外出自粛」があるから、こうした暮らしになるのかなと思いました。
少し足を伸ばすと「土岐川」っていう大きめの川があるのですが、そこでも石を投げている子どもや、狂ったように(?)走り倒している親子、たもを振り回して漁獲高を競う家族などを多く見かけるようになりました。

そのような人間の姿だけでなく、ちょっとしたどうぶつにも出会います。

0315_img_8137
↑ 3月15日撮影。

近所の川の脇で出会ったどうぶつ。ちょろちょろと動いてました。なんでしょうね。
そして4月にも、このすぐ近くで出会いました。同じヤツかもしれません。

↓ 4月5日撮影。
0405_img_8768_20200504161001

このごろはヌートリアにもよく出会うし、なかなかおもしろいです。




で、久しぶりに天体写真の画像処理をしてみました。PixInsightの練習で途中までやって「面倒な対象だなあ、やーめた」(笑)ってハードディスクにステイホームしたものを引っ張りだしてみました。撮影は結構がんばったんですけども、やっぱこういうものは画像処理に「根性」がいります。

M81_m82_web

M81、M82周辺の分子雲だよ。

撮影日は2020年の1月1日と2月2日。長野県下伊那郡にて。
Vixen FL55SS(フラットナー+レデューサー) 237mm/f4.3
Canon EOS6D(HKIR改造)
ISO1600/300秒×75枚くらい
Kenko スカイメモRS/LACERTA MGENによる1軸オートガイド
PixInsight/Photoshop CC 2020

2日に渡って撮影してるのですが、なぜか両日の写野が全然あってなくて(笑)かなりトリミングしなければなりませんでした。不思議なこともあるもんですなー。




さて、どうでもいい日記。
本日はホームセンターにラップを買いにいきました。食器用洗剤も。そしたらですね、めちゃくちゃ混んでいて驚きました。こんな状況だから、皆さんの「DIY魂」が燃え上がっているのでしょうか。レジはディスタンス状態で長い行列。そして、ここにも「代表者ひとり」の掲示がありました。


しかし、まだまだ、けしからんやつらを見かけてしまいました。レジに並ぶハトです。
0429_img_8919

2020年4月26日 (日)

日常keeping。自宅撮影のglobular clusterと近所のスーパーの事情。

Lrgb2web

2020/4/25 23:49~ 岐阜県多治見市
KENKO SE200N CR/バーダープラネタリウムRCC1
Moravian Instruments G2-8300FW(-30℃)
IDAS BGRL-RS2
L26枚/R4枚/G4枚/B4枚 各5分
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD2
PixInsight/Photoshop CC 2020




本新月期は、晴れても遠征なし。ワタクシの周りでは、自宅撮影で盛り上がるおじさんがたくさんおられました。
数週間前までは「遠征なら人に会わないし、それぞれ間隔あいてるからよくね?」という認識でしたが、その認識も変わった今日この頃。我々が普段使わせてもらっている遠征地の皆さんに迷惑をかけるわけにはいかない、ということもあり、自宅でお楽しみ、といったところでしょうか。

運よく、お休みである土曜日の夜は晴れるということで、もう朝っぱらから準備してましたね。特にワタクシは、このところオートガイドの調子が悪くて、悪いっていうか、「おまえ仕事してんのか!?」状態だったのをなんとかせねば、という課題がありました。
って、ただたんに、プリズムのついてる棒(?)のネジがゆるんでぐらぐらしてた、っていうのが理由っぽいんですけどね。まだまだいろいろな条件で試したわけでないのではっきりはしませんが、ともかく、ネジを締めたこの日のオートガイドは絶好調だったということは書いておきましょう。
SE200Nのくせに「なんだよ、いいじゃねえか!」という結果でした。



さて、そんなCOVID-19な日々、毎日毎日、「これは書き留めておきたい」と思うことがたくさん出てきます。ホントめまぐるしく状況が変わって、その度にいろいろなことを考えたり、発見したり。

「スーパーの買い物は3日に1度」とか「代表者1人で」とかいったことが示されました。
先々週くらいですかね、近所のスーパー「バロー」で「レジで並ぶ際は、前のお客様との間隔をあけてください」と掲示されていたと思ったら、その1週間後に行くと、レジの人とのあいだに透明のシートがさげられていたり。「オーマツフード」っていうところでは「特売」の中止が伝えられたり。

この土曜日、スーパーの駐車場に停まっている車の数は変わっていないような気がしましたが、車中で待つ人があちこちに見られました。「代表者1人」ということを、みんな守ろうとしているのでしょう。レジの行列も、めちゃくちゃ長いじゃん!と思ったら、自主的に間隔をとっているディスタンス状態でした。



しかしあれですね、こんな風潮でも、けしからんヤツらはいるもんです。ある商店街の様子です。

Img_8819
4月26日撮影。



2020年4月21日 (火)

日常keeping。最近の散歩は大原川。

Img_8152

3月15日。まだ「緊急事態宣言」前です。今となっては、当時どんな感覚だったのか、思い出せませんね。

この日、多治見駅ちかくにある「玉木酒店」とゆーところに散歩をかねて出かけました。石巻からの「お取り寄せグルメ」みたいなのを注文していたのが届く日だったので。ワタクシが頼んでいたのは「炙りしめ鯖」。

最近の散歩は大原川。川に降りられるところはなるべく降りて、川下にむかいます。最近草刈をしたのでしょうか、普段は通れないところも楽しく散歩できました。

Img_8148_20200421214301


Img_8181

このペットボトルの船みたいなのは、誰が作ったんでしょうかね。この船は後日おとずれた時もまだ残っていて、さらに変な道具?や衣装?やゴーグルが散乱していました。

以前、このあたりで、高校生くらいの男子3人組がタモを持って魚を獲っていました。彼らでしょうか。今時、こういう遊びをする男子もいるんだなー、って、ほのぼのとしたのを覚えています。
もし、彼らだとしたら、休校中で退屈していることだろうから、川でいっぱい遊ぶといいさ、そんなことを思ったりもしました。

その後、大原川は土岐川へとつながります。この日、土岐川にはあまり人が見られませんでしたが、4月に入ると、多くの家族連れが見られるようになります。そして、多くのマスクが道路のあちこちで発見されるようになりますが、それはまた、別の話です。

2020年4月19日 (日)

日常keeping。「ホットケーキミックス」の品切れが発生しているらしい、このごろ。

Img_8810

全国一斉の臨時休校が始まったのが3月2日(月)。
その後4月の新学期には始まると思ったものの、いろいろあってさらに延び、今のところ「5月6日(水)まで」となっている状況。ご近所の岐阜市・羽島市・各務原市などは5月31日まで再延長されたとのことです。

先週、ワタクシも「臨時休業」という1日がありました。ここ最近、家にいるのは、父と娘(中2)のふたりだけ。細君も息子もおらず、なんだか不思議な1日でした。昼ごはんを3人だけで食べていると、細君と息子の「不在」が際立ちました。何か災害があったかのような。ってゆーか、本当になにかあったときには、こういう雰囲気なのだろうな、と冷静に考えたり。

午後になってから、娘が「チーズ・ホットク」を作るというので、お手伝いをしました。揚げるのは、パパの仕事です。
以前に数回つくった覚えがあるのですが、今回は「記憶を頼りに」作るということをしましたので、失敗、というか、前に作ったのとまったく違う何かができてしまいました。材料に「ホットケーキ・ミックス」を使うのですが、どうもそこらへんの調合を間違えたのかな、と思っています。

昨日は「ホットケーキミックスの袋のうらに書いてある何かを作りたい」ということで、「マフィン」を作りました。写真のように、でかいマフィンが出来上がりました。

これで我が家の「ホットケーキミックス」がなくなりましたので、きのうバローに買いにいきましたところ、なんと「品切れ」でした!
「ホットケーキミックス売り切れじゃーん、残念、お好み焼きで我慢して!」なんて子どもに言ってるおかあちゃんの姿もありました。休校が続き、皆さんいろいろ工夫されているのでしょう。我が家のように、中学生くらいになれば自分で手軽に作れますし、ホットプレートなどあれば、安全に、楽しくおやつ、となるのでしょう。品切れの理由は、そんなところなのかな?と想像しています。

このところ「あれが品切れ」という話はいろいろ聞きますが、「ホットケーキミックス品切れ」には、ちょっとびっくり。あ、あとポテトチップスのようなお菓子も、かなり品切れしてましたね。みんなめちゃくちゃいっぱい食べるからなのか(笑)流通の都合なのか…。理由は分かりません。

«日常keeping。2月の天体撮影遠征思い出。