フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あのお話のその後。 | トップページ | 「子どもに見せてもいい映画」について考える。 »

2010年2月 9日 (火)

これがほんとの「空飛ぶタイヤ」。いや、ちょっと違う。

嫁がとなりの奥さんから聞いた話である。
我が家の前に、長い、だらだら続く坂がある。
ある日、その奥さんが、
坂の上から、ボウリングの球がごろごろころがってくるのを見たそうだ。
ボウリングは一番下までころがって、ガードレールに激突した。

「不思議なことがあるもんだなぁ」と思ったもんだ。

それから数日。
こんどはわたくしがわたくしのこの目で見たもの。
その坂を、自転車でのぼっていた時。
坂の上の方から、異様な気配が…。
すっと見上げると、タイヤがひとつ、ころころと転がってきた!

タイヤというのはあれですね、ころがってくるときは、音しないんですね。
すーっ、という感じ。
そしてタイヤは、一番下までころがって、ガードレールに激突した。

「タイヤってのは、意外に静かに転がるんだなぁ」と思ったもんだ。
ちなみに、となりの奥さんは、引っ越しして、もういない。

高校時代。
何が目的だったか忘れたが、自転車で住宅街を走っていた。
迷ったかなにかで、ものすごい急なのぼり坂をのぼるはめに。
必死に自転車をこぎ、ひいひい言いながら坂をのぼりきった!
すると、目の前に家が。
そしてその家の表札に「坂ノ上」。

« あのお話のその後。 | トップページ | 「子どもに見せてもいい映画」について考える。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/47526183

この記事へのトラックバック一覧です: これがほんとの「空飛ぶタイヤ」。いや、ちょっと違う。:

« あのお話のその後。 | トップページ | 「子どもに見せてもいい映画」について考える。 »