フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 騒音などに関連したアメリカン・ジョーク。 | トップページ | 勝手に許されるな!「シークレット・サンシャイン」。 »

2010年4月 9日 (金)

東京創元社は「モトヤ明朝」がお好き?

桜庭一樹さんの「製鉄天使」(東京創元社)を読み終わる。

「赤朽葉家の伝説」に出てきた、レディースを取り巻く話なのか?
「伝説」の内容はきれいさっぱり忘れてしまったわたくし。
しかしながら、「製鉄天使」を読んでいると、同じ話? だけど「赤緑豆」だし、
とか思って、気になる気になる!
見えない兄の話だとか、お母さんの話だとか、「スミレ」の存在とか、
なんとなーく、「あ、そういう話があったような」というのの連続で…。
いや、もう、申し訳ない…。
憶えてなくてすみません。

今後は、そんな事がないよう、このブログに記録していこうと思っているわけだが、
いちいちあらすじとか書いておくのも面倒だし。
いわゆる「オチ」とか書いちゃうと、各方面に迷惑かけそうだし。

本のうしろに、既刊の広告が載ってるんだけど、
そこに以前読んだ、アンドルー・クルミーさんの「ミスター・ミー」も。
あ、これはたしか「モトヤ明朝」使ってるやつだった。内容は忘れたけど!

というわけで、この「製鉄天使」も本文は「モトヤ明朝」なんである。
東京創元社は、ホントにモトヤが好きなのね。

« 騒音などに関連したアメリカン・ジョーク。 | トップページ | 勝手に許されるな!「シークレット・サンシャイン」。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/48040735

この記事へのトラックバック一覧です: 東京創元社は「モトヤ明朝」がお好き?:

« 騒音などに関連したアメリカン・ジョーク。 | トップページ | 勝手に許されるな!「シークレット・サンシャイン」。 »