フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年の花粉を早々と総括。 | トップページ | ハゲは写真に写っちゃいけないんですか? »

2010年4月21日 (水)

小学3年生の息子の忘れ物などについて。

今日、TBS Radio「小島慶子 キラ☆キラ」のPodcast(4月20日放送分)を
聞いていたら、「子どもがはじめて口にした言葉」というような事を話していた。
そこできっぱりと「忘れてます」と言い切るのが小島さんらしいところであるが、
わたくしはかろうじて、上の子(現在小学3年生)については「うに」であったと記憶している。

そんなわけで、子どもを取り巻く、ささいな日常なんかをここに書いておくのも
悪くないな、と思ったわけであります。

というわけで、今日は「小学3年生の息子の忘れ物などについて」。
どうやら、忘れ物が多いらしく、連絡帳に「忘れ物が多いので、親がチェックを」
というような先生のメモが書いてあった。

なんだかうちの子は、明日の準備をするより前に、テレビを見たり、
レゴで遊んだり、というような生活を送っているので、
わたくしは「やる事やってからにしなさい」としょっちゅう言っている。
こういう時は、あえて「時間割をあわせろ」とか「あしたの持ち物は大丈夫か」とか
なるべく具体的に言わないようにしている。
「自分で考えろ」ってわけなのだが、それがいけないのかしらん。

だから息子が自分で考えて、「別に、なにもない」と思うのなら、それでいい、と。
そして、落ち度があれば、怒られてこい、と。
そんな難しい事じゃないと思うので、自分で責任をとれって事なんだが。
小学3年生には無理なのか?
ま、息子を見ていると、「無理」な感じなのだが…。

親が手取り足取りやって、そこそこ無難に学校生活を送るより、
さぼるとどんな目にあうか、忘れ物をするとどれほど肩身が狭いか、
宿題をごまかしたのがばれるとどれだけ怒られるのか、
というような失敗をして、「こんどはしっかりやろうかな」とか思ってくれるといいな、
と考えているのでありますが。

さて、忘れ物がないように親がチェック、というのをどうするか?
子どもがテレビとか見ているのに、親がランドセルをひっくり返して、
連絡帳と突き合わせるというのもどうかと思い、
子どもに声をだしてチェックさせて、それを眺める、という方式にしてみた。
どうなるんでしょ。

« 今年の花粉を早々と総括。 | トップページ | ハゲは写真に写っちゃいけないんですか? »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学3年生の息子の忘れ物などについて。:

« 今年の花粉を早々と総括。 | トップページ | ハゲは写真に写っちゃいけないんですか? »