« 息子と「アイアンマン2」を観る。 | トップページ | ついに「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」を読んだ! »

2010年7月 2日 (金)

佐々木譲さん「警官の血」。

佐々木譲さんの「警官の血」。
佐々木さんの作品は初めて読みました。

父・子・孫、3代にわたる警察官の大河ドラマですが、
それぞれに興味深い事件などがあり、全く退屈しませんでした。

そして、それぞれが完璧な人間ではないというのが実に良いと思いました。
模範的な人間だと思っていたのに、
終盤では、それなりに欠陥を持った人間であったということがわかったり、
自分の欠陥を自覚し、悩む姿をえがいたり…。

「スーパー警察官」として安易にヒーローにしてしまわないところが、
よいのじゃないでしょうか。

« 息子と「アイアンマン2」を観る。 | トップページ | ついに「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」を読んだ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木譲さん「警官の血」。:

« 息子と「アイアンマン2」を観る。 | トップページ | ついに「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」を読んだ! »