フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日経新聞に森山威男セクステットの「解散」と書いてあった。 | トップページ | VSA-920でプリンスの「Sign O the Times」DVDを観る。 »

2010年8月19日 (木)

パイオニアのAVマルチチャンネルアンプ「VSA-920」を購入した。

こんなことを言うのもなんですが、月2万円のお小遣いから、余りを数ヶ月ためて、
6万円くらいするアンプを購入しました。パイオニアVSA-920。

それまではDENON PMA-1090Gというものを使っていました。
これは就職してから買ったので、18年くらい経つでしょうか。
いろいろ不具合が出ていて、メンテナンスすれば直ったりするかと思って、
気が向いたときに(笑)分解とかしてたんですが、どうにもこうにも、
あともう一歩というところで手が届かなくて(!)、きれいにしたい接点とかが
わからないわけです。で、なんかごまかしながら使ってたりしたんですが、
(ソースダイレクト、というのにすると、ちゃんと音が出る)
パソコンをつなげるのにやっぱり「光デジタル」がえーのではないか、とか、
「サラウンド」とかいうものがあるとかいうので、新規購入したわけです。

あ、それと、ほんとは天体望遠鏡が欲しくて、お金貯めようと思ってたんですが、
欲しいのが20万円とか超えちゃんうんで、あきらめたってのもあります。

さて、そういうわけですから、せっかくアンプを買っても、スピーカーが2本しかないわけですよ。
ま、サラウンドスピーカーは、これまたお小遣いを貯めてから、と考えていました。
ところがですね、「HARD OFF」というお店に行くと、サラウンドスピーカーセットみたいなもんが
アホみたいに安く売ってるわけです! イエーイ!
サブウーファー、センター、サラウンド4本のセットで6,300円ってゆーのを見つけて、買っちゃいました。
どうやら、サランネットが汚れているとか穴があいているとかで、破格の安値なんだそうで。

ですから、突如として7.1chの環境ができあがりました。
さて、その7.1chとは何か? そんな事も知らぬわたくしは、とりあえず、喜んだわけです。
まー、その後、設定やら何やらで大変だったわけで、120ページあまりの説明書を読み、
やっとこさ、まともな環境ができあがったのは、購入してから2週間後のことでした。

あー、なんかまったく内容がないことを書いてますねー。

« 日経新聞に森山威男セクステットの「解散」と書いてあった。 | トップページ | VSA-920でプリンスの「Sign O the Times」DVDを観る。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

うーむ、なんかリスニング環境充実しとるね~。
でも負け惜しみみたいだけど、「サラウンド」ってどうなの?
映画とかはわからんでもないけど、音楽をドーンと聴く場合は・・・
あ、ライヴ盤とか臨場感ありありなのか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/49184298

この記事へのトラックバック一覧です: パイオニアのAVマルチチャンネルアンプ「VSA-920」を購入した。:

« 日経新聞に森山威男セクステットの「解散」と書いてあった。 | トップページ | VSA-920でプリンスの「Sign O the Times」DVDを観る。 »