フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小学3年生の息子が書いた読書感想文(夏休みの宿題)。 | トップページ | 最近読んだ本で、憶えているもの。 »

2010年8月31日 (火)

読書感想文の憂鬱はかなりすごそうだ。

さくらママさん、コメントありがとうございます。
おまけに「感性が豊か」などと書いていただいて、
息子が大きくなって、ぐれたりしたら、このことを伝えようかと思っています。
「ウルトラなんとか」でも書こうと思えば感想文が書けるのではないかと思いますが、
そういうのは高校生くらいになって悪ふざけでやるのがよろしそうですね。

わたくしは高校生のとき、筒井康隆さんの「虚人たち」を読んで、
原稿用紙5枚の感想文のうち、大半を白紙(!)で提出したのですが、
それなりに評価されたのではないかと、信じています。(まさかそんな事はない?!)

このブログは、タイトルにあるように「誰が読んでるかわからない」わけなんですが、
夏休みも終わりを迎え、「小学三年生 読書感想文」で検索されて読んでくれる方が多いようです。
いかに読書感想文を書くのが「わけわからん」か、ということを示しているのではないでしょうか。

そういえば、わたくしも子どものころは、どうにもこうにも書けなくて、
憂鬱だったのを思い出します。
そんなわけで、そういった方たちが、うちの息子の感想文を「コピペ」などする現象が相次ぎ、
全国的なニュースになったりすると面白いなぁ、などと考えてしまいます。

しかし、世の中には頭のいい人がいるもので、
著作権フリー!![自由に使える読書感想文]
などというありがたいサイトもあるようです。
いろいろな作品の読書感想文がコピペ自由というわけなんですが、
そのコピペがばれた時の「反省文」の書き方まで指南しているという!
ぜひ、活用していただきたいものです。

« 小学3年生の息子が書いた読書感想文(夏休みの宿題)。 | トップページ | 最近読んだ本で、憶えているもの。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文の憂鬱はかなりすごそうだ。:

« 小学3年生の息子が書いた読書感想文(夏休みの宿題)。 | トップページ | 最近読んだ本で、憶えているもの。 »