フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 我慢して読んだら面白かったB.S.ジョンソンさん「老人ホーム」。 | トップページ | なんだこれ! と思った「(500)日のサマー」。 »

2010年9月30日 (木)

「スターウォーズ」の3D化について。

本日、新聞などで「スターウォーズ」シリーズを3D化し、
2012年から順次公開していくというニュースが見られました。
ジョージ・ルーカスさんが「アバター」をみて決意したらしく、
なんでも(1作に?)1年ほどかけて3D化するのだそうです。

以前、「本来の3Dというより『レイヤー』だ」というようなことを
誰かがTwitterでつぶやいているのをみましたが、
最初から3Dで制作していなかったものをいろんな技術で3D化しちゃうのって、
なんだか不思議ですねー。
遠くにあるものと近くにあるものの動きの早さの違いとか、
ピントの違いとかを解析して3D化しているのだそうですが、
それにしたって、顔を3Dにするのは無茶な気がします。
やっぱり「レイヤー的3D」になるのじゃないでしょーか。

でもそこは、ジョージ・ルーカスさん。
新しい技術を開発して、「おお、これは!」と思わせる3Dをみせてほしいなぁ。

実は、今日たまたま会社の先輩と「再来年くらいは3Dがどうのこうのとか言ってないかもね」と、
お話ししたばかりだったのですけども。
それは、3Dがあたりまえになっているから「3Dであること」を特別視しない世界なのか、
それとも3Dなんて必要ない、となっている世界なのか…。

« 我慢して読んだら面白かったB.S.ジョンソンさん「老人ホーム」。 | トップページ | なんだこれ! と思った「(500)日のサマー」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/49608242

この記事へのトラックバック一覧です: 「スターウォーズ」の3D化について。:

« 我慢して読んだら面白かったB.S.ジョンソンさん「老人ホーム」。 | トップページ | なんだこれ! と思った「(500)日のサマー」。 »