フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いよいよ嘘くさくなった「ミヤマクワガタの幼虫」。 | トップページ | 未公開映画祭「ビン・ラディンを探せ!」。 »

2010年11月23日 (火)

未公開映画祭「マッド・ムービーズ~オーストラリア映画大暴走~」。

「松嶋×町山 未公開映画祭」で5本の映画を購入(2100円)。
購入から2週間は、選んだ映画が観られるというもので、決済はクレジットカード。

「リアル 未公開映画祭」として、そのうち近所の名古屋でも
一部の映画が上映されるらしいけど、お値段のことや時間なども考え、お得な「5本パック」で
観る事にしました。

というわけで、あわてて観なければいけないので
今日はさっそく「マッド・ムービーズ~オーストラリア映画大暴走~」を鑑賞。
原題は「Not Quite Hollywood」。
おもに1970年代から80年代あたりのどーしよーもないオーストラリアのB級映画を
紹介していまして、当時の作り手が「サイテーだった」とか言っているという
不思議なドキュメンタリー。
その「サイテー」というのが、文字通り最低なのか、ただふざけているのか、
よくわかんない感じなんですが、どっちにしろ、今ではあんまり観られないような
「ひどいなぁ」と思わせる映像でした。
でも、パワーがある! 映画終了後、町山智浩さんが言ってましたが、
命をかけて、ほんとに車ぶつけたり、キックしてたりしてるんですね!
その「本物感」は伝わってきましたよ。ほんとに。
だから、今の映画もほんとに殴ったりしたらいいもんができるんじゃないのかな。

「オーストラリアB級映画ファン」として、あの、クエンティン・タランティーノさんが出ているのが
アホみたいでよい。

« いよいよ嘘くさくなった「ミヤマクワガタの幼虫」。 | トップページ | 未公開映画祭「ビン・ラディンを探せ!」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/50104692

この記事へのトラックバック一覧です: 未公開映画祭「マッド・ムービーズ~オーストラリア映画大暴走~」。:

« いよいよ嘘くさくなった「ミヤマクワガタの幼虫」。 | トップページ | 未公開映画祭「ビン・ラディンを探せ!」。 »