フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 池上永一さん「シャングリ・ラ」と「夏化粧」。 | トップページ | 真藤順丈さん「バイブルDX」を読んでいたら「気功」の人に話しかけられた。 »

2010年12月 2日 (木)

韓国映画「国家代表!?」で、スポーツ音痴のわたくしは大興奮。

韓国映画「国家代表!?」を観ました。
どーしても観たいってわけじゃなかったけど、映画館のチケットを11月中に使わなくちゃいけなくて。
「インビクタス/負けざる者たち」と同じく、実話にもとずくスポーツもので、
エンドクレジットの前に実際の選手たちの写真が出たりもしてます。

褒めます。
長野五輪の場面。
エモーショナルな音楽と、やかましいくらいの「実況」。
この「実況」が、最初、興味なさそうに始まるのですが、どんどんのめり込んで行くというところが良い。
そして、テンポのいい編集!
ここは本気で「うわーい!」って思いました。ぞくぞくしました!
スキージャンプって、2回飛ぶんですか?
その1回目のジャンプの場面なんですけど、そこはいいですね!
感動げなスローモーションではなく、とにかくうるさく突っ走る! パワー!

全体的に、シリアスになりかけたり、のっぴきならない問題が起こったりすると
「なーんちゃって」的なギャグが入ってきて、笑っていいんだか笑えないんだか…。
お、そういえば、劇場はわたくしひとりでしたよ!
こういうときは、笑うタイミングがむずかしーですよねー。

残念な点。
スキー道具を父親に焼かれちゃったりしてるのに、
なんだか翌日(?)普通に道具もって練習に現れるところとか「なんで? それはおかしい」
というような場面が結構多かったです。

一番腑に落ちないのは、その父親の変貌ぶり。
息子がスキージャンプで活躍してるのをテレビで観て、すっかり「転向」しちゃってたけど、
その前に「孫が産まれる」っていう大事件があったでしょーに!
人生に与えるインパクトとしては「孫」の方がでかいんじゃないのか?
なぜそこで「息子よ」とならないの?
「孫」が産まれても、息子を虐待してるなんておかしーでしょー。

なんだか、いろんな要素をあっちこっちから引っぱってきて、詰め込んでみたものの、
結局「家族」的なものに帰るという。そういう映画。いいですねー。
登場する人々それぞれに都合よく家族の問題があるという!

前述の通り、ある父親の変貌ぶりには怒りさえおぼえるわたくしですが、
その息子の「尊敬する人はお父さん」というのに、号泣ですよ!

« 池上永一さん「シャングリ・ラ」と「夏化粧」。 | トップページ | 真藤順丈さん「バイブルDX」を読んでいたら「気功」の人に話しかけられた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/50194283

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画「国家代表!?」で、スポーツ音痴のわたくしは大興奮。:

» PS3 Beat Sketch! [ゲーム攻略サイト]
モーションコントローラー [続きを読む]

« 池上永一さん「シャングリ・ラ」と「夏化粧」。 | トップページ | 真藤順丈さん「バイブルDX」を読んでいたら「気功」の人に話しかけられた。 »