フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 赤染晶子さん「乙女の密告」と湊かなえさん「告白」。 | トップページ | 出た!「日本自由報道記者クラブ協会(仮)」。 »

2011年1月22日 (土)

"etml 1.2"で記述された伊藤計劃さん「ハーモニー」。

本の表紙が人を選ぶ、ということがあるかと思います。
この、伊藤計劃さんの「ハーモニー」(早川書房)の表紙もまさしくそうかな、と。
最近書店に並んでいる文庫の方はそうではないけど、
今回わたくしが読んだ「Jコレクション」(ハヤカワSFシリーズ)の方は、
女子高生のイラストが描かれていて、タイトルもカタカナで「ハーモニー」。
そう、知らなきゃ、決して手に取ろうとは思わないですよ、わたくしは。

そういう人が、わたくしの他にいて、手に取る機会を逃しているとすれば、
その人には、ぜひこのこの本を読んでみたら、とすすめます。

この本は"etml 1.2"で書かれています。は? "etml"? そうです、そういうもんなんです。
いきなりタグで始まります。

<dictionary>タグでは、この小説の世界で語られる歴史などが説明され、
<reference>タグでは、文献が引用される。と、なるほど面白い…。
中には、感情を表現するものがあったりします。
そう、"etml"は"Emotion -in-Text Markup Languege"なのだから!
<sentiment>とか<surprise>とか。
<surprise>が<silense>タグに入れ子になっていたりとかもあります。

で、こういった感情なんかをタグで説明してしまうというのは、
見た目はかっこいいけど、いらんことをセリフで説明しまくってしまう映画みたいで、
案外ずるいのではないか、手抜きなのではないか、と思ったりしつつ読んでいたのですが、
最後、"epiloge"を読んでみて、ああ、これは必然性があった、という感覚に至りました。
この小説は、「ハーモニー」世界の、後の人々に対して書かれているのだ、ということがわかったのです。
なぜ、その世界の人々には、感情を表すタグが必要なのか? についてはぜひ、読んでみてください。

中学生のとき、筒井康隆さんの「七瀬シリーズ」でみた、心理を描写する「でっかい割注」だったり、
赤字だったり、そういうものを初めてみたときのびっくりが、ここにもありました。
関係ないけど、先日読んだ「伊藤計劃記録」に収録されているインタビューで、
伊藤さんが筒井康隆さんの「ダバダバ杉」に言及していました。

« 赤染晶子さん「乙女の密告」と湊かなえさん「告白」。 | トップページ | 出た!「日本自由報道記者クラブ協会(仮)」。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

関係ないけど、先日読んだ「伊藤計劃記録」に収録されているインタビューで、
伊藤さんが筒井康隆さんの「ダバダバ杉」に言及していました。

■replica watchesさん
なんて素晴らしいコメントなんだ! と思ったら、本文のコピペじゃん!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/50653572

この記事へのトラックバック一覧です: "etml 1.2"で記述された伊藤計劃さん「ハーモニー」。:

« 赤染晶子さん「乙女の密告」と湊かなえさん「告白」。 | トップページ | 出た!「日本自由報道記者クラブ協会(仮)」。 »