フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 図書館で、自分が借りた本がわからなくなっているおばあちゃん。 | トップページ | 「伊藤計劃記録」。 »

2011年1月17日 (月)

マーク・ザッカーバーグって、どんな人?な「ソーシャル・ネットワーク」。

さて、雪である。
公開から2日目の土曜日、お昼に映画館に着いた頃は、まあ軽く雪っぽくて、
それでも太陽が少しは出て来たかな、という感じだったが、
映画が終わって映画館を出ると、そりゃもう、大雪で道路にもつもってるじゃん!
久々に「これは観たい」という映画だったのでがんばったんだけど。

安田大サーカスのネタに、こんなのがある。
手術のコント。
医者(団長)が、危篤(?)っぽくなった患者に「スガワラさん! スガワラさん! 大丈夫ですか!」。
それに対し、クロちゃんが「先生、『スガワラ』じゃなくて『スガハラ』です」。

わたくしはこれに大爆笑したものだが、こんなことを、例えば口論している時などに言うと、
なんともイヤなヤツ、ということになる。
マーク・ザッカーバーグ君はまさしくこんなヤツとして描かれ、
彼女と別れる別れないの話になりそうなのに、
「『ファイナルズ・クラブ』じゃなくて『ファイナル・クラブ』だ」などと本筋とは関係ない、
彼女のささいな間違いを指摘する(!)。

これは映画序盤の場面。セリフの応酬。いや、マーク・ザッカーバーグ君が「ああいえば上祐」状態。
そういえばわたくし、吹き替えで観た、このあたりのテンポは吹き替え様々って思う。
その後描かれる場面でもマーク・ザッカーバーグ君は他人の話を聞いてなかったり、
というかほんとに聞く気がなかったりして、これはある種の病名がつけられるだろうと想像できる。

正直言って、この映画のマーク・ザッカーバーグ君をみて、いいヤツだとは思わない。
でも、天才、だとは思う。ああ、こういう人のおかげなんだな、と思う事が多々ある。
すごいよ! あのオフィスって、ほんとにあんな風なの?
あんな風に仕事してるの?
カリフォルニアには天才がいっぱい集まってたんだねー。

なんだかんだ言って、マーク・ザッカーバーグ君、じゃんじゃん成功しても見かけは変わらないし、
友人にひどい事を言った「ナップスター」の人に「言い過ぎだよ」なんて言ったりするもんだから、
いったいどんな人なのか、よーく分かりませんでした。
仕事をしている姿は、かっこわるくないし。それにお金持ちなんでしょ?!(笑)

それにしても、今、活躍している実在の人物を実名で映画にしちゃうなんてすごいですね。
ご本人は「服以外はなんちゃらかんちゃら」と言ったりしてるらしいですが。
どんだけ影響力のある人物なんだ!
でも、あえて描いていない側面がある、というような事を、町山智浩さんがTwitterで書いてました。
そう、なーんか腑に落ちない、というか、まず、どうしてこんなヤツにいきなり彼女がいるのか?
とか(笑)。
でも、天才のぶっとびぶり、周り見なさすぎ、周り見下しすぎ、何考えてるかわからないっぷり、
は、実におもしろい。ここまで来ると、逆に素直で萌えますよ。ほんと。
このマーク・ザッカーバーグ君はすごく表情が乏しいし。
実はすごく陰謀を仕掛けてるかも?とほのめかされたりもし、まったく正体不明という印象。

あのですね、鶏の話が出てくるんですが、これを見るだけでも価値ありです。大爆笑です。

« 図書館で、自分が借りた本がわからなくなっているおばあちゃん。 | トップページ | 「伊藤計劃記録」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/50615364

この記事へのトラックバック一覧です: マーク・ザッカーバーグって、どんな人?な「ソーシャル・ネットワーク」。:

« 図書館で、自分が借りた本がわからなくなっているおばあちゃん。 | トップページ | 「伊藤計劃記録」。 »