フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あ、ほんとにすごい「愛のむきだし」。 | トップページ | なにかと懐かしい「ウォール・ストリート」 »

2011年2月 8日 (火)

DVDで観ました。「レバノン」。

あれ、この映画、いつ劇場公開されたの?
「戦場でワルツを」を観たわたくしとしては、公開されたら観ようかな、とか思ってたんですけど、
知らぬ間に、DVDになってましたよ。

1982年。レバノン戦争の映画。
「Wikipedia」によると「イスラエル、フランス、ドイツ合作」ということで、
DVDに収録されている音声は「ヘブライ語」「日本語」。
クレジット読めないし!(英語も併記されいてるけど)

「戦車内目線」が斬新、みたいなお話でしたが、それほどでも…。
全体的に、嘘くさいというか、稚拙な感じがしました。
稚拙でも、パワーがあればいいのですが、その辺もあんまりなくて…。
味方兵士が死んで行く様子が戦車の照準みたいなもんの目線で描かれたりもしますが、
やはりこういうのは「プライベート・ライアン」を超えていないという。

ウシの涙とか、鶏おじさん(?)の悲劇なんかは、
不条理な感じが出ていまして、ある種の啓蒙にはなるのでは。

この監督、なぜ、この映画を撮ったのか?

« あ、ほんとにすごい「愛のむきだし」。 | トップページ | なにかと懐かしい「ウォール・ストリート」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/50815154

この記事へのトラックバック一覧です: DVDで観ました。「レバノン」。:

« あ、ほんとにすごい「愛のむきだし」。 | トップページ | なにかと懐かしい「ウォール・ストリート」 »