フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 超個人的理由で「英国王のスピーチ」は「2ブラボー」。 | トップページ | つくしとり。 »

2011年3月17日 (木)

時間が経って、大震災がベタ記事になっても、困っている人は残っているだろう。

いま、大阪地検特捜部の捜査資料改竄事件の公判が、大阪地裁で開かれています。
被告の元検事が、フロッピーの改竄を認めたり、
謝罪をしたりしていると、日本経済新聞に書いてありました。
本来なら、一面アタマなんでしょうが、社会面の下のほうで、ベタだったり、一段の横見出だったり。

もちろん、東日本大震災があるため、そのような扱いなわけです。

その東日本大震災ですが、いまはまだ新聞では大きく扱われていますが、
テレビはやや縮小ぎみで、NHK以外は通常にもどりつつあるようです。

で、いつか、新聞でも、ベタ記事になる日がくるはずです。
だけど、そうなってもまだ困っている人は残っているとおもいます。
ベタ記事になったからといって、終わりというものでもないでしょう。
その時、我々は、今の気持ちと同じく、何かできることはないか、と感じられるでしょうか。

忘れちまわないようにしなくちゃ。

各地の自治体が、被災者に公営住宅を提供するとしています。
でも、「入居期間は原則一年」というところもあるようです。
多分、困るでしょう。
その時、東日本大震災の報道は、いまほどではないはず。
そしたら、我々は、困っている人がいる、と気付くことができるのか。

長く長く、助けが必要なんだと、しっかり頭に叩きこんでおかなきゃ。
たとえ、どこのテレビでも放送してなくても、
社会面のベタ記事だとしてもね。

あと、子ども手当はもういらないです。

« 超個人的理由で「英国王のスピーチ」は「2ブラボー」。 | トップページ | つくしとり。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/51147148

この記事へのトラックバック一覧です: 時間が経って、大震災がベタ記事になっても、困っている人は残っているだろう。:

« 超個人的理由で「英国王のスピーチ」は「2ブラボー」。 | トップページ | つくしとり。 »