フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の記事

2011年5月28日 (土)

読書感想文。京極夏彦さん「豆腐小僧 その他」と西村賢太さん「暗渠の宿」。

ずーぅっと天気が悪くて全然天体観測できないでないの!
梅雨入りしたとかで、せっかくの週末なのに雨かいな。
でも、毎年「梅雨入りした模様」と発表されると快晴が続くというお約束があるので、
期待してたけど、今度は台風って。

こんなに天気が悪いのは、きっと「神のしわざ」(与謝野経財相)なんでしょう。

さて、天気に関する「神のしわざ」(与謝野経財相)といえば、
京極夏彦さんの「豆腐小僧 その他」(角川文庫)ですね!
この文庫本には「小説 豆富小僧」と「豆腐小僧」関連の狂言なんかが入っています。
どうにも、果たしてこれらの作品を自分が読んだのかどうか、よく分からない作りになっていて、
よく見てみると、「小説 豆富小僧」以外のものはすでにどっかで読んだ「はず」のものでした。

「小説 豆富小僧」は、筒井康隆さんの「虚人たち」的な、
主人公が小説の中の主人公であることを自覚している、ということの拡大という感じで、
「妖怪」という、ないものが、ある、ということについて、「妖怪」自身が自覚していて、
さらに小説の書き手までが注釈を加えたりするという、
なんかなつかしい感じがする、わたくしにとっては「うはうは」な様子。
オトナ向け京極小説にあるような、重厚なかっこよさはありませんが、
子ども的、というか「大人が考える、子どもに受けそうな笑い」が満載で、
そこを無邪気に笑うことはできます。
ただ、これが映画になったら、ひどいだろうなぁ、とは思いましたが。

一方、西村賢太さん「暗渠の宿」(新潮社)。
この本には「暗渠の宿」「けがれなき酒のへど」が入っています。
わたくしは「苦役列車」「小銭をかぞえる」「焼却炉行き赤ん坊」を読んだだけですが、
これらの前後と思われるエピソードが書かれています。
西村さんのファンは、きっと時系列にいろんなエピソードなんかを理解してるんだろうなぁ。

感想としては「相変わらず」「ひでぇやつだ」という感じ。おなじみですな。
西村賢太さんが出ている「ゴロウ・デラックス」をなんとかいうサイトで見ました。
番組中、ワンカップを2本ほど呑んでいましたが、
小説を読んでみると、きっとテレビ局にいく前に、ビールか焼酎を呑んでいるに違いない、
と思うのでありました。

2011年5月26日 (木)

オー! ノーッ! DTPでありがちな「仮に黒丸に」しておいたらそのまま印刷するという悪夢。

おもしろいニュースを発見!

リンク: 朝日新聞に文春の「黒塗り」広告 東電社長人事「誤報」指摘に反発? - 速報:@niftyニュース.


おう、なんということだろうか、今回の件は「オトナの事情」でこうなったのかもしれないけど、
同じような仕事をしているわたくしとしては、まったく背筋が凍るような話である。

未定の部分とか、要確認の部分とか、手書き文字が判別できないとか、
そういう事情で、黒ベタとか黒丸とかで仮に文字を入れておく事はよくある。
それが最後までいってしまうと…。

ぎゃーっ!

2011年5月24日 (火)

わらびの先っぽを取るなんて、知らなかった。

この前の土曜日、母とわらび採りに行きました。
わたくしの家の近所に、絶好のポイントがあると常日頃からわめいていたところ、
「案内せよ」とのことで、連れて行ったわけです。
ところが母は、お友達をふたりほど連れて来ていて、
「え、そんな大人数を満足させられるだけのものはないかも…」などと心配してしまいました。

が、どういうわけか、ものすごい大量に採れました。
お友達もそれぞれたくさんのわらびを採りましたよ。

大量に生えるわらびを前にし、
母は猛烈な(?)崖を降りたり上ったりし、それはもう同行の友人をあきれさせるほどでした。
そんなわけでわらびで袋をぱんぱんにした母が、
「これでも掃除すると半分くらいになっちゃうんだよね」などと言いました。

「え? そうじ?」

そう、わたくしは、採ったわらびは全部食っていて、まさかそうじするなんて知らなかったのです。
つくしならはかま取りするけど。
先っぽと、根っこに近い固いところをぽきぽき折るのだそうで…。
「固いところは食べながらプッと出すのさ」などと言ってみたところ、
「先のもじゃもじゃしたところは食べるとガンになるなんだって」と言うではありませんか!
あそこはふわふわしておいしいと思ってたんですけどね。

というわけで、そうじしてみました。

Img_0040

つるっとしました。
嫁は「プラナリアみたい」と言っていましたが、植物と動物の姿が似ているなんて、
まるで「神のしわざ」(与謝野経財相)としか思えないですね。

2011年5月23日 (月)

庭のいちごが食べごろ、しかし虫に食われる!

あまりにテキトーな対処で、果たして実がなるのか懸念されていた、
庭のいちごがついに赤くなり、食べごろに!

Img_0041

この前の土曜日、子どもたちが1個ずつ収穫し、食べましたが、
翌日、ほかのも収穫しようとしたところ、なにやら虫に食われた様子。なめくじかな。
この、素早く食べごろを判断し、食っちまうところなんかは、まさしく「神のしわざ」(与謝野経財相)
としか言いようがない!

うーむ、「人間としては最高の知恵」(与謝野経財相)を働かせたとしても、
虫どもには太刀打ちできないのである。

ところで、写真にやたらと雑草が写っているのは、
いもむしが大嫌いなわたくしが草取りを拒否しているからである。

2011年5月22日 (日)

だって、労働組合が、がんばったんだもん。

5月16日、文化放送「大竹まこと ゴールデン!ラジオ」のコーナー「大竹メインディッシュ」。
登場したのは鳥越俊太郎さんでした。
鳥越さんは4月4日に東京電力福島第1原子力発電所を取材した件についてお話していました。
当時、放射線量が思ったより低く、健康に影響がないということから、
大手マスコミの記者が原発周辺を取材していないことを批判していました。

鳥越さん自身も言っていましたが、危険な場所への取材は、
1991年の雲仙岳で多くの犠牲者を出した事を機に、慎重になったのだそうです。

これは想像するに、労働組合が、勝ち取った成果である、とも言えるのではないでしょうか。
そう考えると、そう簡単に、取材しない人たちを批判もできないな、と思ったりしました。
このように労働者の権利や健康を守る事は、重要なことですし、それは誰も批判しないかと思います。

ここからは別の話です。
会社というのは、利益を得なければなりません。
たとえば、モノつくって、売る。普通は売れるから、作る。
製造の調整ができるのが通常だと思いますが、そうでない場合、
つまり、作ってから売る場合、どうなるのでしょうか。
たとえば電力会社。
そんなに「作りだめ」できないだろうし、
いらないときは発電所を止め、必要なときに動かすたりするのは効率が悪いし、
そのような運転では原発は危険が増すのだそうです。
そういうわけで、不要なときも、いっぱい作っちゃうから、いっぱい売らなきゃ。
電気あまっちゃったから、売らなきゃ。どんどん電気使ってもらわなきゃ。
よし、そのための製品を開発するのだ! で、オール電化とか? というお話になるのでしょう。

これだって、平時ならフツーの対応だと思います。あんまり批判もできないですよ。

ある時は推奨されたことが、ある時突然、何か悪い事の原因としてやり玉にあげられる。
そういうこともあるのですね。

2011年5月21日 (土)

ついに赤道儀にモーターをつける日が来た!

どひゃー!
自慢の赤道儀 Vixen GPD2にモーターがつきました!
二軸モータードライブセットを購入、昨日、ほどよい酔いに導かれ、
六角レンチをくるくるしてみました。

ところがですね、モーターカバーのツメが折れましたよ!
おい! 責任者出てこい! とゆーか、責任者は俺だ!

世の中には、このカバーのツメが折れた人はたくさんいると思うなぁ。
でも、気にしないのである。
別に、酒で気が大きくなっているわけではないけど。
だって、もう一個あるしさ。

そんなことより、せっかくモーターをつけたけど、電気が確保できなくて、まだ動かしてません。
でっかい電池が8個もいるというのは、フツーのご家庭では厳しいでしょ。
捨てるのも大変だし。
だからACアダプターをどっかで拾ってこようかと思ってます。

我が家の車は、シガーソケットに何やらくっつけて、電源がとれるようになっているので、
そこからモータの電源をいただいちゃおうというわけです。

子どもの頃の夢、「モータードライブ」がついに大人になって実現したのである!

2011年5月18日 (水)

「原発周辺の住民 長期間健康調査」(日経新聞)って、そりゃー感情的には「人体実験」だわなー。

5月18日日本経済新聞夕刊(3版)総合2面。
カコミで「原発周辺の住民 長期間健康調査 政府」との記事。
悪いけど、言わせてもらうわよ。

この記事を読むと、どうしても感情的に「人体実験じゃん!」と言いたくなるわな。
東京電力福島第1原子力発電所の事故で健康被害がないか調べるっつーんだけど、
そんなこと「調査」する前に、そうならないように避難なりなんなり対策とってあげなさいよ。
アホか。

と、一般市民であるわたくしが言ったところで、どこにも届きやしない!

これには、(特定の人にとって)かなり学問的な意味があるのだろう。
そして、当然、そういった事を理由に実に「合理的に」決められた措置なのであろう。

その記事の上にはWHOから、原発事故対応について日本がさんざんDISられている様子が書かれている。
しかも「事故による死者はゼロ」(大塚耕平厚生労働副大臣)と言ったとか。
バカ丸出しである。
総合2面は3頁目にあたる。この記事は、そのワキにきている。
これは1面トップに来るべきじゃないのか?
だって、まだ終わってないし、予定(行程表)も見直すくらいなんでしょ?
世界からDISられてるんだよ。

2011年5月17日 (火)

初夏のいろいろ。季節感のあるお話です。

5月15日に庭でかまきりの赤ちゃんを発見しました。
毎年ゴールデンウィークが終わったころに姿が見られます。

Img_0022

6歳の娘が「かまきりの赤ちゃんって、茶色いんだねー」と言ってました。

赤ちゃん、と言えば、子どもの年間許容被曝量が20mSvになった問題はどうなった?!

池田香代子さんのブログ 4月22日「福島の母の声を聞け」
自由報道協会〈ザ・ニュース〉5月3日 田中龍作さんの記事

さて、ゴールデンウィーク頃から、いよいよわらび採りの時期になりますね。
ここ多治見でも、そこらじゅうでわさわさ生えてますよ。

Img_9770

絶好のポイントがあるのですが、そこへ行くといつも同じおじいちゃんが杖をついて
崖をのぼっています! すごい!

そういえば、福島県のタケノコやらコゴミから基準値を超える放射性物質が検出されたとかで、
出荷制限がどうのこうのというニュースもありましたね。
責任者出てこい!このやろー!

それから、ちゃんと実がなるのか懸念していた庭のいちごですが、
だんだんでかくなってきましたよ。

Img_0018

でもって、自慢のみょうが。こちらは芽がでてきました。
そうそう、「ミョウガダケ」といって、出て来た芽を我慢しきれなくて食っちまうんですね。
今年は惜しげもなく芽をつみとって食べてみました。
普通の(?)食べるところより、あっさり。

Img_0020

Img_9876

春から初夏にかけては新しいことがたくさんありますね。
芽が出たり、産まれたり、実がふくらんできたり、
実はメルトダウンしていたと認めたくなったり、実は水素爆発だったとこっそり言ってみたり、
誰にも等しく、季節は回って行くのであるなあ。

2011年5月16日 (月)

京極夏彦さん「オジいサン」はコントだ!

なんか勝手に決めつけちゃってますけど。
京極夏彦さん「オジいサン」(中央公論新社)。

帯にはこんなことが書かれています。
 益子徳一、七十二歳、独身。
 定年後の人生を 慎ましく過ごす 独居老人の
 大真面目で 可笑しくて 少しだけ せつない日常

なんかほのぼのとしたお話のように見えますが、
まったくどーでもいい(と思われる)ことを
ぐだぐだぐだぐだぐだぐだ考え続け、しょっちゅう脇道にそれ、結局何も解決しない
というお話(笑)。

これはあれだ、京極堂シリーズの関口ですよ! 関口にもっと生活感を足したような感じ。
カセットテープは燃えるゴミなのか燃えないゴミなのか、とか
携帯電話のことを「ケータイ」ということに関する考察だとか、
カセットテープを分解しようとしたときの小さな螺子の話とか、
スーパーでの、ウインナーの売り子を前にしての思考だとか、
そのウインナーを使った料理のくだりとか、
実にそんなことをあーでもないこーでもないと考えているのです。

これは最初、とまどいました。どうにも読みにくい。
で、途中である事に気づきました。
これは、コントである、と。

コンビ芸人がこういう状況をネタにしているところ、容易に想像できませんか?

そう思うと、徳一さんの考えていることがなんとも笑えてきました。
結構あとの方で、地デジに関して田中電気に「綺麗に映る」と言われた徳一さんが
「…それに相撲なんか、そんなに細かく映ったら気持ちが悪いのじゃないか」と言うところなんかは、
大爆笑。これはパンチラインです。

で、最後になって、今まで「どーでもいいことを」とDISってきたことが
かなり効いてくる素晴らしい号泣シーンに収束してしまいました!
なんか、めちゃくちゃかっこいいじゃん! 徳一さん!

ちなみに、電子書籍に関する論争なんかは、京極さんそのものですかね。

2011年5月15日 (日)

手動追尾の星野写真、夏のほぼ大三角形。

いえーい。
ゴールデンウィーク中は見事に天候が崩れ、
期待のみずがめ座エータ流星群がまったく観測できないという、
どうしようもないと分かっているが「責任者出てこい!」と言いたくなるような状況であったところ、
久々に天気が良くて、嫁に「そろそろ飽きて来たんじゃないの?」などと罵詈雑言を浴びせられつつ
岐阜県土岐市の三国山キャンプ場近くまで天体観測へ行って参りました。

午前2時。
そう、そろそろ月が沈むかというころ。が、黄砂黄砂黄砂。
月がぼんやりしていて、これはこれで、風情がある、などと言ってはいられない貴重な週末。

ともかくも現場に行ってみたところ、おう、天の川が見えるでないの。これはよろしい。
で、今回の課題は、「手動追尾による星野写真」。
自慢のKenko SE200N CR付属の鏡筒バンドにカメラを直接(!)取り付け、
自慢のVixen GPD2赤道儀をじわりじわりと手で動かして手動追尾しようというものだ! 文句あるか!

鏡筒バンドにカメラを取り付ける、と言っても、
通常は自由雲台だとかいうものを世間では使うらしいが、
そんなものは持っていない。持ってないもーーーん。だから直接なのである。
これはつまり、非常にカメラを自由な方向に向けにくいということであって、
人は、自由雲台の「自由」を求めるわけである。いいね、自由で。

そういうわけで、夏の大三角形を撮りたかったけど、
わし座のアルタイルが入らなくて、ほぼ大三角。
おまけに鏡筒が若干写り込むという素晴らしい出来映え!

Img_0014

わーいわーい。星が点だ! わーい。
うちの嫁などは「星が点」といっても、何の事が分からないらしいが、こういうことなのである。

で、おまけに流星まで写り込んでくれました。
右端にあるの、わかります?

Img_0015

こっちはちゃんと、大三角形だ!

それから、や座のM71も見ましたよ。

2011年5月13日 (金)

直焦点撮影で月を撮ったがや。

今日は久々に夜の天気が良いと思っていたら、黄砂だとか。
そして、雲も出て来てるでないの!

実は、会社帰りにビックカメラでTリングを買ったのである。
Canon EOS用1,850円(ビクセン)。
これで望遠鏡にEOS Kiss Digitalをくっつけて、直焦点撮影ができるのだー。

でも、果たして、わたくしのKenko SE200N CRにどうやってくっつけるのかしらん、
と若干どきどきしながら、かちゃかちゃと接眼アダプターなどをいじくっていたら、
むふ、ついたじゃーーん。なーるほど、これがねじねじでふたつに分かれるのね。(意味不明)

というわけで、現状のシステムでは、月くらいしか撮れるものがなさそうだけど、撮ってみましたよ!

Img_9995

このまえの拡大撮影の方がいいかなぁ。

しかしなんですな、シャッターの振動がものすごい鏡筒に響きますな。
「カコーーーーン!」なんて軽快な音がしますよ。
これはあれだ、「ミラーアップ撮影」っていうのの出番?
説明書読んでて「これは俺にはカンケーないねー」と思っていたことが
どんどん身につけなければいけない技術になってきている! 恐ろしい。

2011年5月12日 (木)

君は「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を知っているか。

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

上記サイトには、東日本大震災などの被災地で、現地の人が必要としているものが掲載されています。
われわれは、それを見て、宅配便などで「直接」送る事により、手助けをすることができます。
そう、直接、避難所や、避難者宅、仮設住宅に送るのです。

現地で必要とされているものは刻々と変化していて、その数も膨大なものとなっています。

家の中に、使っていない扇風機があったり、自転車があったりしたら、
それを必要としている人が被災地にはいるかもしれません。

また、地震直後の、とりあえず生きのびるための物資から、
今では、酒やタバコなどの嗜好品を欲している人々がいます。
おっさんたちに酒を送ってあげようではありませんか。
子どもたちも、漫画や本を読みたいよねー。

これから、元の生活を取り戻すのです。

映画「冷たい熱帯魚」の事件について書かれた「愛犬家連続殺人」を読んだ。

映画「冷たい熱帯魚」で描かれた事件「埼玉愛犬家連続殺人事件」。
映画でいう「社本」さんであり、その事件の共犯者として逮捕された志麻(山崎)永幸さんが書いた(?)記録。
「愛犬家連続殺人」(角川文庫)は、新潮社からでていた書籍「共犯者」を改題したものらしいが、
その「共犯者」は古本で4万円超というものすごい値段になっている!
今回読んだ「愛犬家連続殺人」の方も1万円を超していたりして大変だぁ!
因みにわたくしは、多治見図書館で借りたのをありがたく読んだ。いやー、ありがたいありがたい。

読んでいると、映画のあの場面この場面が、どんどん思い出される。
また、映画では何気ない存在だったあの人やこの人が
実際にどうだったのか、というような事を知ることができ、実に興味深い。
社本はなぜ、あんな風になってしまったのか、
はじめにまともな対応をしておけばよかったではないか、そう考える人は多いだろうが、
「子どもは元気か、元気が何より」をはじめとする関根氏(映画では村田)の「脅し」を前に、
毅然とした態度をとれる人は少ないのではないか、と思う。

映画を観たとき「こうならないために、この映画のことをよくおぼえておこう」と思ったものだが、
たとえば最初に殺人が行われる場面、あのようにものすごい出来事がものすごい勢いで進行しているとき、
果たして自分は「おい、足を持て」と言われて抵抗できるだろうか?
ひょっとして自分もやられるかも…とか、預けている子どものことを考えてしまうのではないだろうか。

そんなわけで、案外ずるずると「共犯者」となってしまうのかも、という恐怖をおぼえる。

それと「ボディーを透明にする」って、こんなに頻繁に使ってたのね。

2011年5月10日 (火)

君は「泥だんご」を知っているか。

子どもたちがこのごろ「泥だんご」ばかり作っている。
小学4年生の息子が保育園に行っていたときには、既に「泥だんご」というものは
あったかと思うが、わたくしが子どものころ、泥でだんごを作ったことはあったかもしれないが
今のように「泥だんご」などとブームになっていたりはしなかったと思う。

で、いつごろからそんな風になったのか、というような考察をするわけでもなく、
もうあまりにも子どもがはまっているのが面白くて、この記事を書いている。

Img_9776

近所の公園に行っては作り、家にもって帰って来て保存している様子。
かわいいなあ。


Img_9859


2011年5月 9日 (月)

君は春日井市の「小料理 柚」を知っているか。

google検索でもヒットしない飲食店が実在する。
愛知県春日井市の春日井駅近く、「末広ビル2」。
このビルにある「小料理 柚」という店がそうだ。

その「小料理 柚」というのも、正しい店名なのかどうかは、よくわからない。
ほんとは「そで」なのかもしれない?
ちなみに「末広ビル2」というのですら、探すのに苦労する。

まあ、それはともかく、今時googleでも検索できないそのような店があるとは、
まったく怪しいったりゃありゃしない。
で、早速行ってみた。

問題のビルは「末広ビル3」のすぐ隣にあり(笑)、
問題の店舗は「末広ビル2」の1階にある。

外観はスナックっぽい、という印象を受けるも、
店内はご覧のとおり、こぢんまりした静かなもの。

Img_9875

なにより驚愕するのは、カウンター内にいるのが男ひとりで、わたくしの知り合いではないか。
そういうわけで、つまらないオチになってしまったが、
この男、ハンドルネーム(?)を「コッキー」といい、
かつてマルジャ・バーを経営していた男なのである。

Img_9872

店内では、かつてマルジャ・バーで供されたメニューの一部が再現され、
一部の天文ファンが天文談義に花を咲かす。(嘘です)

かつてマルジャ・バーに集ったオトナたちは、ここに集まるといい。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »