フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京極夏彦さん「オジいサン」はコントだ! | トップページ | 「原発周辺の住民 長期間健康調査」(日経新聞)って、そりゃー感情的には「人体実験」だわなー。 »

2011年5月17日 (火)

初夏のいろいろ。季節感のあるお話です。

5月15日に庭でかまきりの赤ちゃんを発見しました。
毎年ゴールデンウィークが終わったころに姿が見られます。

Img_0022

6歳の娘が「かまきりの赤ちゃんって、茶色いんだねー」と言ってました。

赤ちゃん、と言えば、子どもの年間許容被曝量が20mSvになった問題はどうなった?!

池田香代子さんのブログ 4月22日「福島の母の声を聞け」
自由報道協会〈ザ・ニュース〉5月3日 田中龍作さんの記事

さて、ゴールデンウィーク頃から、いよいよわらび採りの時期になりますね。
ここ多治見でも、そこらじゅうでわさわさ生えてますよ。

Img_9770

絶好のポイントがあるのですが、そこへ行くといつも同じおじいちゃんが杖をついて
崖をのぼっています! すごい!

そういえば、福島県のタケノコやらコゴミから基準値を超える放射性物質が検出されたとかで、
出荷制限がどうのこうのというニュースもありましたね。
責任者出てこい!このやろー!

それから、ちゃんと実がなるのか懸念していた庭のいちごですが、
だんだんでかくなってきましたよ。

Img_0018

でもって、自慢のみょうが。こちらは芽がでてきました。
そうそう、「ミョウガダケ」といって、出て来た芽を我慢しきれなくて食っちまうんですね。
今年は惜しげもなく芽をつみとって食べてみました。
普通の(?)食べるところより、あっさり。

Img_0020

Img_9876

春から初夏にかけては新しいことがたくさんありますね。
芽が出たり、産まれたり、実がふくらんできたり、
実はメルトダウンしていたと認めたくなったり、実は水素爆発だったとこっそり言ってみたり、
誰にも等しく、季節は回って行くのであるなあ。

« 京極夏彦さん「オジいサン」はコントだ! | トップページ | 「原発周辺の住民 長期間健康調査」(日経新聞)って、そりゃー感情的には「人体実験」だわなー。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/51690934

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のいろいろ。季節感のあるお話です。:

« 京極夏彦さん「オジいサン」はコントだ! | トップページ | 「原発周辺の住民 長期間健康調査」(日経新聞)って、そりゃー感情的には「人体実験」だわなー。 »