フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「GP用微動クラッチ」が必要であることがわかる。 | トップページ | 福江純さん「天文マニア養成マニュアル」。これは! すごくいい本! »

2011年6月10日 (金)

春日井コロナ、経営大丈夫ですか?

6月4日土曜日、小学4年生の息子と春日井市にある「春日井コロナ」に映画を観に行きました。
お題は「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」。

このところ天文関係への出費優先のため、映画館に行く余裕がない日々が続いておりましたが、
諸般の事情により(?)子どもを連れて行ってやろうということになりました。

なんかあれですね、3Dって進化したんでしょうか。
わたくしの3D体験というのは例によって「アバター」以来なんですが、
なんかすごい立派にみえました。どちらも同じ「RadlD」という方式で観ました。
「アバター」の方は、ちゃんと3Dカメラで撮っているそうですが、
「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」は「無理矢理方式」みたいですね。
だけど、なんだか「進化」を感じました。
わたくしの評価があがったのは、映画の内容そのものが影響したのかもしれないし、
「アバター」の頃の「3D元年」的状況から、一般化した3Dという点も影響しているのかも。

さて、7月公開の「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の予告が上映されていましたが、
こちらも3Dで観る事ができました。おぉ、期待させるでないの。男の子は全員行くべし。

肝心の「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」について。
このシリーズ自体の熱心なファンというわけでもなく、
前の作品のどれを観た事があるのかも、よく把握していないわたくし。
そういうわけで、おなじみらしい登場人物が敵なのか味方なのか、
主人公とはどういう関係なのか、とか全然わからぬまま見続けましたが、
ひとつ、わかったことがあります。
それは、海賊は、海賊なりの「コード」で行動しているということ。
ある時、敵/味方関係ない時がやってくる!
海賊の行動は、魂が決めるのだ! ということです。
(途中、それを覆す笑えるシーンはありますけどね)
ここで重要なのは、そのような海賊は「男」であるということ。
「女」は最後まで裏切る! そう、エンドクレジットで席を立たないこと!

ところで、「春日井コロナ」なんですが、経営面は大丈夫なんでしょうか。
併設のビデオレンタル屋とか回転寿司屋とかが軒並み閉店してるみたいで…。
この日も劇場はガラガラでしたし。土曜日の昼ですよ。

まあ、中学時代から愛用しているわたくしとしては、人がいないから
「こんな春日井コロナ、大好き」って感じなんですが、どうにも不穏な空気が…。
今わたくしが住んでいる多治見では、ずいぶん前に映画館がなくなってしまいました。
そんな風にならぬよう、春日井コロナには、ぜひパチンコで稼いでもらいたい。

« 「GP用微動クラッチ」が必要であることがわかる。 | トップページ | 福江純さん「天文マニア養成マニュアル」。これは! すごくいい本! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

春日井コロナかぁ。
確かにうんと若い頃にお世話になったよなぁ。
普通に学生のチケット買った筈なのに、何故かフリーパスの特典が付いてたもんね。


しかし春日井コロナの存続よりも、今は「小料理 柚」の存続の方が心配です。

そう来ると思ったぜ! って、「柚」のほうね。
「小料理 柚」みんなでつぶやいてみよう。

それから、大人になってもチミはまだ理解していないようなので解説しておくが、
あれは「フリーパス」ではないのだぞ!
わたくしは中学生の時から「フリーパス」だなんて思ってなかったし! ぬはははは。
でも、ホントお世話になりました。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/51900890

この記事へのトラックバック一覧です: 春日井コロナ、経営大丈夫ですか?:

« 「GP用微動クラッチ」が必要であることがわかる。 | トップページ | 福江純さん「天文マニア養成マニュアル」。これは! すごくいい本! »