フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いよいよ自動追尾ですよ! 今度はちゃんと、夏の大三角形。 | トップページ | 読書感想文「東海村臨界事故 被曝治療83日間の記録」。 »

2011年6月 7日 (火)

SE200Nによる直焦点撮影。や座、M71。

ホントはね、こぎつね座のM27を狙ってたんですよ。
でもね、どーしても導入できなくって!

以前、「天体観測に遠征。偶然(!)M27が望遠鏡の視野に入る。」
という話を書きましたが、それ以来、
いっつもいっつもM27の代わりにM71が入ってきて、M27は見てないんですよ!

というか、や座って分かりやすいから、そこから始めちゃうんですよ。
一方のM27があるこぎつね座なんて、なんでそれが「こぎつね」なんじゃい、と思って、
なかなか夜空で理解できないんです。でも、からす座の方が、どうかしているけど。

そんなことはともかく、いつでもどこでもM71が入って来ちゃって、「あー、またこいつか」となる。
まだ赤道儀にも慣れてないし、なんか勢いでやってるだけなんで、ちゃんとやれ、という感じですかね。

ひょっとして、あの日、M27だと思ってたのが実はM71だった、なんてことはないよね?

さて、そういうわけで、せっかくなので、ちょっと試しに自慢の鏡筒 Kenko SE200N CR で
M71の直焦点撮影などというものをしてみよっかなー、なんて思っちゃいました。
カメラはCanon EOS Kiss Digital X。これにTリングをつけただけ。

まじめに極軸を合わせていないので、1分ほどで余裕で流れます。
というか、重さ的にGPD2で大丈夫なのかなあ、と思っていますが、よく分かりません。
世間ではGPD2には「荷が重い」のでしょうけど。オートガイドでもないし。

で30秒のやつです。

71

美しい、いやー、美しい、まさに「神のしわざ」(与謝野経財相)ですね。
でも、星が歪んでいるのは、流れているのか、光軸がおかしいのか。
こういうのを、正していく、そういうところが難しく、面白く、燃えるところなんですね。
先は長いけど、こりゃ、たまりませんなーーー。

« いよいよ自動追尾ですよ! 今度はちゃんと、夏の大三角形。 | トップページ | 読書感想文「東海村臨界事故 被曝治療83日間の記録」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/51876037

この記事へのトラックバック一覧です: SE200Nによる直焦点撮影。や座、M71。:

« いよいよ自動追尾ですよ! 今度はちゃんと、夏の大三角形。 | トップページ | 読書感想文「東海村臨界事故 被曝治療83日間の記録」。 »