« 多治見市の住宅街から撮ったSE200N直焦点によるM27とM57。 | トップページ | 微速度撮影というものをしてみた。 »

2011年7月24日 (日)

うーむ。2週間前に読んだ本のことを忘れた。

読書感想文を書こうと思ったのだけれど、
桜庭一樹さん「伏 贋作・里見八犬伝」(文藝春秋)と、あともう1冊読んだ本が何だったか忘れた!

そういうわけで、「伏」の感想。
桜庭さんの小説は、どんな状況、設定であろうと「女の子」感が出てしまうところがよいと思っています。
「かわゆい」ところが!

えーーーっと、あと1冊なんだっけ。
あ! 思い出した!
クリストファー・マクドゥーガルさんの
「BORN TO RUN 走るために生まれた〜ウルトラランナーVS人類最強の"走る民族"」(日本放送出版協会)だった!
真ん中らへん(多分)の、人間がもともと持っている走る能力に関する解説が実に興味深く読めた。

これを読むと、立派なシューズに疑いを持ってしまうのであります。

« 多治見市の住宅街から撮ったSE200N直焦点によるM27とM57。 | トップページ | 微速度撮影というものをしてみた。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うーむ。2週間前に読んだ本のことを忘れた。:

« 多治見市の住宅街から撮ったSE200N直焦点によるM27とM57。 | トップページ | 微速度撮影というものをしてみた。 »