フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 天文ファンが被災地のためにできること。 | トップページ | 多治見市の住宅街から撮ったSE200N直焦点によるM27とM57。 »

2011年7月 6日 (水)

「スピルバーグ映画」+「ゲロ」= " SUPER 8 "

小学4年生の息子と映画「SUPER 8」を観てきた。
この映画の、一番最初の予告映像を観たのは昨年だっただろうか?
全く意味不明だが、なんか怪物が出てくるであろうことは想像できた。
世界中のオタクたちがこの映像を解析し、文字列を発見し、Webサイトにたどりつくなどしていたのを
とても興味深く見ていた。
そういうわけで、ものすごーく期待して観た。

で、号泣したり、少年少女の恋物語に胸をうたれたり、
そういった期待や推測とは大違いの映画であったわけだが、
わたくしなりに出した結論としては「スピルバーグ映画」+「ゲロ」がこの映画っていうこと!

スピルバーグ映画の「ゲロ」というと、「ジュラシック・パーク」に見られるように
年頃の少年が「吐いたことは内緒にしておいて」というような繊細な感情を描くものだったが、
この「SUPER 8」はもろに嘔吐シーンを見せる。それもかなり高度な映像で!

「マルサの女2」にはものすごい勢いで吐き出されるジェット系の嘔吐シーンがあったが、
「SUPER 8」には「トルネード型」とでもいうべき「理にかなっていそうな」嘔吐シーンがある。

まあ、そんなことはどうでもいいが、
いずれにせよ、主人公のジョー君と恋する「アリス」の物語が実に絶妙。
もう「絶妙」としか言いようのない顔。大人でもない、子どもでもない、そんな絶妙さ。
これは、感情移入できる顔だ。
特にアリスちゃんは、「不思議ちゃん」にならない絶妙さを保ちつつ、
なにやらそこらへんの少年ボーイたちとは違う雰囲気を出している。よ! お見事!

映画冒頭で、どうやら「スリーマイル島原子力発電所事故」(1979)が起きたらしいことが
画面内のテレビでわかる。
そして、この映画の「売り」でもある謎。
だけど実は「謎」と思っているのは、市民だけ。
軍はすべて知っている。そしてあることからその謎(秘密)がばれそうになったとき、
あの手この手で隠そうとする。人の命を奪ってでも。
直接関係はないこの2つの設定だが、今の日本の「原子力村」周辺事情を聞くにつけ、
あー、どこも一緒だなぁ、と思う。

最後のお母ちゃんの形見のシーンは、そうなるだろうとわかっていても号泣だ!
ともかく、嘔吐シーンと少年少女の絶妙な恋物語を見るだけでも十分お金を出す価値はある!

« 天文ファンが被災地のためにできること。 | トップページ | 多治見市の住宅街から撮ったSE200N直焦点によるM27とM57。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/52139017

この記事へのトラックバック一覧です: 「スピルバーグ映画」+「ゲロ」= " SUPER 8 ":

« 天文ファンが被災地のためにできること。 | トップページ | 多治見市の住宅街から撮ったSE200N直焦点によるM27とM57。 »