フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今度の金曜日、春日井市の「小料理 柚」に行く事にしよう。 | トップページ | 2011年8月12日のペルセウス座流星群写真。 »

2011年8月15日 (月)

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」は、ひどい映画だが、愛すべき映画。

こんなひどい映画を観るのは久しぶりだ。笑っちゃう。
マイケル・ベイ監督は、「リベンジ」がひどい出来であったことを反省したのではなかったか。
脚本家組合のストライキのせいで良いモノができなかった、というような事を言っていなかったか。

まったく、同じ事を繰り返している。
反省してないんじゃないか〜。「ダークサイド・ムーン」は。

今回、アラフォー男子3人組プラス小学4年生の息子、というメンバーで観に行くというイベント状態。
もちろん、観たあと「あーでもない、こーでもない」と、この映画について語り合うわけだが、
ともかくツッコミまくりの大爆笑。楽しくて楽しくて。

あの、奴らのテクノロジーがあれば、あのような遠回しの作戦をとらずとも、
平気で地球なんぞ奪えただろうに。奴ら前作で、自分の星まで平気で飛んでいってなかったか?
とかとか、書き出すとほんとにきりがないのでわたくしは3点ほど。

まず1個め。この映画の最大の失敗は、ミーガン・フォックスさんが降板したこと(笑)。
で、新しいヒロインは、見ているとなんだか腹が立ってくるようなバカっぽさを漂わせていて、
なるほどその「才能」は最後、メガトロンをむかつかせる、というところで発揮される。
こんなのにだまされるメガトロン様も頭悪い感じだけどね。

2個め。
あの「柱」はセンチネル・プライムだけが操作できるのではなかったのか?
一度停止したあの装置を、あのイケメンが再起動しちゃったではないか!
センチネルを利用するがための、あのまどろっこしい作戦があったわけでしょ。
なのに人間が「ポチっとな」しただけで再起動するようでは、この映画全体が台無しになっちゃうじゃん。

3個め。
その、「柱」関係を再起動したあのイケメン。
その時ヤツは「ははは、これで地球は滅びるのだぁ」って! えーーーーーーっ!
なんか、そんなに地球(人類)を恨んでるようには見えなかったけど!
「父親の代からの顧客」なんて言うくらいだから、単に強い方につくビジネスマン、って感じだったのに。
地球滅びたら自分も死んじゃうじゃん。

というわけで、次から次へと出てくる出てくる。
前作、前前作との設定の矛盾へのツッコミから、
放置されたままのエピソードの数々、
ディセプティコン側の的確とは言いがたい攻撃、などなど。

近年まれに見る楽しいダメ映画。
ひどい映画なんだけど、何度でも観たいし、自分は「ファン」である、と言い切ることができる。

あ、今回、多分初めて人間の死体というのを画面に出しましたね。
「宇宙戦争」(スピルバーグの方)的燃焼とかもかなり絶望的だし。
あのシカゴのシーンを観てると、東日本大震災のことが頭に浮かんで、本気で憂鬱になった。

それから「あ、なんか、あの映画を思わせるシーンだ」というようなお楽しみもたくさんある。
「007」からは「Q」とゆーキャラクターをそのまま移植してるし、
柱に隠れてる人間のうしろからロボットが「がおー」なんつってきょろきょろ探すところなんかは
「ジュラシック・パーク」だなぁ、なんて思ったりした。
ほかに「インデペンデンス・デイ」的展開のところでは涙が出そうになったりとか。

まあ、なんだかんだといろいろ書いて、まったくまとまらない記事になったが、この映画もそんな感じ。
とにかくひどい映画であることは間違いないけど、愛すべき映画だ。
これだけはわかって欲しいが、わたくしはこの映画、大好きだ。

« 今度の金曜日、春日井市の「小料理 柚」に行く事にしよう。 | トップページ | 2011年8月12日のペルセウス座流星群写真。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/52477453

この記事へのトラックバック一覧です: 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」は、ひどい映画だが、愛すべき映画。:

« 今度の金曜日、春日井市の「小料理 柚」に行く事にしよう。 | トップページ | 2011年8月12日のペルセウス座流星群写真。 »