フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 城南信用金庫のことを憶えておこうかな。 | トップページ | 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」は、ひどい映画だが、愛すべき映画。 »

2011年8月11日 (木)

今度の金曜日、春日井市の「小料理 柚」に行く事にしよう。

今、早川書房から出ている「伊藤計劃記録:第弐位相」という本を読んでいます。
伊藤計劃さんは亡くなっているのに、
2009年1月の記事が最後になっている伊藤さんのブログは残っていて、
今でもコメントを書き込む人々がいるようです。

これを見ていたら、以前わたくしが経営していた「マルジャ・バー」とゆージャズ・バーのようなものの
Webサイトを開設したときのことを思い出しました。2000年の頃だったかと思います。

実に経営不振のお店で、いつつぶれてもおかしくない状況でした。
Webサイトを開設したのは、お客さんが増えるといいな、という理由だったわけですが、
ある時から、「店がつぶれるまでの経過を実況してやろう」ということを思いつきました。

そんな中「お店がつぶれてるのに、サイトだけが亡霊のように残るのは面白いのではないか」
というような事を言ったのを、増田俊也氏は気に入ったようであったけど、
いろいろな経過を経て「マルジャ」は2004年に閉店してしまいました。

その「マルジャ」のサイトは今でも残っていて、すっかり亡霊も板についたところなのですが、
現実の世界では、春日井市の「小料理 柚」とゆー小料理屋にその「遺伝子」(?)が残っています。
だけれども、わたくしが当ブログに「小料理 柚」の事を書くまで、Googleに聞いてもわからない、
という、「どっちが亡霊だ?」的倒錯した状況が長らく続いていました。

そういうわけで、今では「小料理 柚」と検索すれば、なにかしらのものはヒットするようで、
亡霊が復活してしまったようだなあ、と思うのです。

が、「マルジャ」元料理人コッキー君が「小料理 柚」におさまる前から、
この「小料理 柚」とゆー店は存在していたわけで
(そう、コッキー君は、以前からあった「柚」という店を引き継いだのです)
以前からの常連さん含め、関係各位から「そんなゾンビみてーなこと言うでねぇだ」としかられそう。

というわけで、今度の金曜日、春日井市の「小料理 柚」に行く事にしよう。

« 城南信用金庫のことを憶えておこうかな。 | トップページ | 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」は、ひどい映画だが、愛すべき映画。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら、オレも行って来たよ「柚」
「彼」がいて、「ジャズ」がゆるりと流れ、「あのつまみ」がある。
嬉しいね~
再び「近所で飲みに行ける店」が帰ってきた!ってとこかな。
また、行こう。

「近所」だとよいですねー。
うちの嫁は、なぜか以前からある「カリカリじゃこのなんとか」という豆腐のやつばかり頼むんです。
やはり、昔あったあのメニュー、食べたくなるものなのでしょうね。

金曜日には偶然、かつて「マルジャ」に来ていたお客さんとも邂逅し、
不思議なテンションでした。

きっと、そのうち「柚」で丸市さんにも会えますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/52444991

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の金曜日、春日井市の「小料理 柚」に行く事にしよう。:

« 城南信用金庫のことを憶えておこうかな。 | トップページ | 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」は、ひどい映画だが、愛すべき映画。 »