フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 庭のししとうが激辛100%! | トップページ | 読書感想文。佐野眞一さん「津波と原発」。 »

2011年8月 6日 (土)

飴村行さん「粘膜蜥蜴」の「富蔵」に爆笑。

飴村行さんの「粘膜蜥蜴」(角川ホラー文庫)。
前の「粘膜人間」と同じく、なんだか気持ち悪〜い場面がいっぱいでてきますが、
この「粘膜蜥蜴」は爬虫人の「富蔵」が笑わせてくれるので、
以外に読後はさっぱり。というか、おもわずほろりだがや!

でも、ここでほろりとしちゃいかんだろ、と自分に厳しくするのであります。
それは雪麻呂君があんまりにもひどいから。

こういう、非人道的行動をとる登場人物、とくに子どもの場合には
そうなる背景というものが大きく存在して、
「まあ、ヤツも被害者といえなくもないな」くらいの落としどころがあったりするもんですが、
雪麻呂君はただの金持ちの嫌なヤツでないの! という感じ。

しかしなんで、雪麻呂君を取り巻くいろいろな人は雪麻呂君を許してるんだろ。
池上永一さんの「シャングリ・ラ」に出て来た「美邦」ちゃんの場合もそうだったですが、
なんか優しく見守る人物が身近にいるんですねー。
でも俺は絶対許さないからな!

« 庭のししとうが激辛100%! | トップページ | 読書感想文。佐野眞一さん「津波と原発」。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/52407278

この記事へのトラックバック一覧です: 飴村行さん「粘膜蜥蜴」の「富蔵」に爆笑。:

« 庭のししとうが激辛100%! | トップページ | 読書感想文。佐野眞一さん「津波と原発」。 »