フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« トヨタ紡織の試験コース開設で古川多治見市長「景気に左右されず技術を磨いて」。 | トップページ | 京極夏彦さん「虚言少年」。 »

2011年8月29日 (月)

久々に春日井コロナでの上映トラブルに遭遇。

また「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」を観に行ってしまった。
前回は、前から2列目という劣悪環境での鑑賞となったため、もう一度観なおしというわけ。

それから、3Dの方式が前回は "XpanD" だったが、今回は "Real D" という見比べもできた。
まあ、みなさん同じ感想かと思いますが、"XpanD" は眼鏡が重い。
3D感は "XpanD" の方がちゃんとしてるなぁ、と思った。それは映画館のパラメータの違いなのかな。

ともかく、今回観に行ったのは「春日井コロナ」という映画館で、
よく書いているが、ここには中学生の頃から大変お世話になっている。
だからこの「春日井コロナ」がどういう映画館なのか?についてはよく分かっているつもりだ。

さて本題。
かつて「春日井コロナ」では、上映中のトラブルに多くでくわした。
それもまあ、20年以上前の事なわけで、いつだか改装してから、
それはそれは立派な映画館になって、なんかちょっと寂しいなあ、なんて勝手な事を思ったりもしていた。
ところが「昔とった杵柄」とゆーか、二流劇場の頭角をあらわしてきたな、なんて思う上映トラブルに
久々に遭遇した。

それはまあ、終映後、館内の照明がつかない、というトラブルだったわけだが、
思いのほか他の客がパニクっていて、
「こんな事は初めて」とあきれる声や、暗いため忘れ物を心配する声や、
足下が不安であるという声がちらほらと聞こえて来たりした。
そんな中でも全然従業員が対処しない、という感じで放置されたわけだが、
なに、春日井コロナは昔からこういう感じだったな。

フィルムが途中でぶった切れるのはもちろん、
(どういう仕組みか知らんが)ピントがまったく合っていないまま最後まで上映。
(どういう仕組みか知らんが)画面の縦横比がおかしいまま最後まで上映。
(どういう仕組みか知らんが)画面が上にずれたまま最後まで上映。
などというトラブルは、まあ、起きるもんだ。

今回のトラブルでよくなかったのは、真っ暗なのに従業員が助けにこなかったこと。
相変わらず「ガラガラ」だからいいけど、満員だったらどうすんねん、と思った。

« トヨタ紡織の試験コース開設で古川多治見市長「景気に左右されず技術を磨いて」。 | トップページ | 京極夏彦さん「虚言少年」。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/52599853

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に春日井コロナでの上映トラブルに遭遇。:

« トヨタ紡織の試験コース開設で古川多治見市長「景気に左右されず技術を磨いて」。 | トップページ | 京極夏彦さん「虚言少年」。 »