フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 岐阜県山岡町に天体観望遠征。M33を初めて見た。 | トップページ | こんなことも、あるのかもしれない。道尾秀介さん「龍神の雨」。 »

2011年9月28日 (水)

東北では「雇用」を求めているという話を聞きました。

わたくしの住んでいる多治見では、台風15号上陸前日の大雨により、
土砂崩れや浸水などの被害が多くあり、小学生が行方不明になったりしています。
知人から「ニュースで見た」と心配の声が聞かれたりしましたが、
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」で1度だけ協力した事のある気仙沼の方から
「大丈夫でしたか」と電話がかかってきました。その時に聞いたお話と、思ったことを書きます。

支援物資を送ってくれたいろいろな人が、今回の台風で被害を受けていないか、とても心配してみえました。
わたくし自身は被害を受けていないので、逆にそちら(気仙沼)はどうですか? と尋ねると…

その方のところは、現在は物資に不足はないそうです。
また、ご本人の職場が高台であったため津波の被害は直接受けなかったなどの事情があり、
なんとかやっているようではありましたが、旦那さんは今アルバイトをしているとの事。
これから先は長いので、ここで義援金などに頼りきってはいけないというような事も言っていました。

年配の方の中には、義援金などをもらうことに慣れ…云々、というお話も。
そういったことからか、パチンコ屋が大繁盛しているらしく、そこを心配してみえました。

特に重要だと思ったのは「何にせよ、雇用ですね」という言葉。
何が求められているのか、直接聞く事ができた、という感じです。
(まあ、新聞とかにも書いてありますけど)

そんなにばりばり働くとかいうことでなくても、「仕事をする、仕事がある」
ということはとても大切なことなのかもしれません。
支援物資が届いたり、義援金が届いたりしても、
仕事がなくて、生活を続けて行くのは、とてもつらいことかもしれない。

ふんばろう東日本支援プロジェクトには多数の支援先が掲載されていますが、
食料支援や生活用品の支援は打ち切り、仕事に使う道具を求めているところもちらほらあるようです。
支援先のニーズはさまざまだし、もとの生活に戻るペースもそれぞれ違うでしょうから、
それぞれにあった、なにか協力を、引き続きできれば良いと思いますが
それでも、根っこのところには「雇用・仕事」のことがあると思います。

直接人を雇うことができないですから、
我々としては、東北の「雇用・仕事」を増やす何か、が出来ればいいんじゃないかと思います。

« 岐阜県山岡町に天体観望遠征。M33を初めて見た。 | トップページ | こんなことも、あるのかもしれない。道尾秀介さん「龍神の雨」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/52840993

この記事へのトラックバック一覧です: 東北では「雇用」を求めているという話を聞きました。:

« 岐阜県山岡町に天体観望遠征。M33を初めて見た。 | トップページ | こんなことも、あるのかもしれない。道尾秀介さん「龍神の雨」。 »