フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« これも「神のしわざ」(与謝野前経財相)、秋に咲くあけびの花。 | トップページ | 食用菊というもの。 »

2011年10月24日 (月)

伊藤計劃さん「メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット」を読む。

小島秀夫監督によるゲーム「メタルギア ソリッド4」のノベライズだという
伊藤計劃さんの「メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット」(角川文庫)を読みました。
あぁ、ゲーム知らない。

ここに描かれている世界、いろいろあった出来事。
知っている人は知っているのだと思う。
わたくしは知らないけど。
かといって、この小説がさっぱり意味不明という状態には陥らず、
むしろ、ものすごく効率よく説明してくれているのでは、と思う。

でも、何度か元に戻って読み直す必要があったし、
今でも、もう一度読まなければいけないのではないか、と思っている。

だから感想も書けないのだけど、読んでいる途中で、ページの端を折ったところがあるので
そこを紹介します。(この本は、図書館で借りたのではなく、買ったのである!)

508ページ
 息子だと思ったことはないと言ったものの、ひとりの人間として尊敬すること、
 それは父親が息子を認める言葉以外の何者でもありえなかった。

あとはそう、「伊藤計劃さんのこと」と題して小島秀夫さんが書いた部分があるのだけど、
これを読むと、伊藤さんと小島さんがいかに強く結びついていたかがわかる。
こういうことってあるのね、と思わずにはいられない。

さて、ゲーム門外漢のわたくしが次に挑むのは、柔道・格闘技門外漢のわたくしが読む
「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(新潮社/増田俊也さん)です。
これは大変だ!

« これも「神のしわざ」(与謝野前経財相)、秋に咲くあけびの花。 | トップページ | 食用菊というもの。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/53075779

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤計劃さん「メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット」を読む。:

« これも「神のしわざ」(与謝野前経財相)、秋に咲くあけびの花。 | トップページ | 食用菊というもの。 »