フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 開沼博さん「『フクシマ』論 原子力ムラはなぜ生まれたのか」。 | トップページ | SE200Nで楽しくやってます。M1とNGC2024。 »

2011年12月26日 (月)

津の「アイベル」に行った話。

今でこそエラそーに「謎の光条」とか言って騒いでいますが、
わたくしは今年の始め頃、望遠鏡を買うためにお小遣いをためはじめたばかりだったのでした。
その頃、ネットで望遠鏡を売っているお店を調べたり、
ビックカメラにカタログをもらいにいったりして、情報収集していたわけですが、
どういうわけか、三重県津市にある「アイベル」で望遠鏡を買うという事になりました。
アコガレの赤道儀が欲しかったのですが、GP2くらいしか買えないだろうと思っていたところ、
モデルチェンジみたいなもので、古い型のGPD2が三脚付(!)で安く売っていたというのが
決め手になったのだと思います。

そんなわけで、わたくしにとっては「アイベル」といえば聖地なんですね。
で、今月はじめ、嫁が「津でOB会があるから、一緒に行かないか?」というので、
(「OB会」というのは、嫁の出身大学の軽音楽部のOB会の事です)
「アイベルに行きたいので一緒に行きます」ということで、家族で行くことになりました。
あくまでも「OB会」のついでに、お父ちゃんはアイベルに寄る、という感じで。

さて、月はじめということでお小遣いも入ったばかり(笑)。
ものすごく楽しみにして、あれやこれやと考えて、本命は「コマコレクター」と決めました。
「アイベル」は眼鏡屋さんの2階で、
昔はよくあった「海賊版レコードを売っている細長い建物の階段」みたいなところを上っていくと、
どわーーーーーっ、と望遠鏡が並んでいました。
それに、なんかよくわからん輪っかとかねじとかがいっぱい!

ぎゃーっ、という感じでうろうろしていたら、お店の方が来てくれました。
いろいろ事情を話し、いろいろ聞きたい事をきき、そのすべてに親切にこたえてくださいました。
本などでは知り得ない、「実際にやってる人の話」が聞けてよかったです。

コマコレクターは、バーダーのMPCCってやつの本体だけでいいのかと思っていたら、
「これを2インチアダプタにつけることはできますが、ピントが出ません」とのことでした。
でも、アイベルで特注しているアダプタとセットだと、25,000円くらいしますね。
なんとゆーか、値段にびびってしまって、この時は見合わせ…。
回転する機構もあって、すごく便利そうだ、と思ったんですけど、残念。
「お、お小遣いたまったら買います」と変な言い訳をして先送りしました。
まあ、謎の光条問題がありますので、これが直ってからにしようかと思います。

で、当日、何を買ったかとゆーと、
来年の金環日食と金星日面通過のために「アストロソーラーフィルター」(2,800円)。
そして! 中古の「IDAS LPS-P2」(約8,000円)なのです。
これは、良い買い物、と言っていいのかな?
ちなみに「LPS-P2」は、コマコレクターに取り付けることができる48mm。
もうひとつちなみに、Canon EOS Kiss Digital X + 広角レンズ の組み合わせに
このフィルターをつけてみましたが、モーレツな色になりました。
広角では使えないんですね。
でも、子どもは「おとうちゃん! オーロラが写ってるよ!」と興奮していました。
これから使いこなしていこうかと思っています。

さて、アイベルでの幸せなひとときを過ごしたあと、嫁の待つ「OB会」会場へ。
が、予想とは違って、ものすごい「アウェイ感」が!
少しくらいは面識のある嫁の友達がいるくらいだと思っていたのだけど、
本格的「OB会」で、知らない人ばかりではないか!
なぜ、自分がここにいるのか分からない!
こ、これはヤバい! に、逃げよう!

はい、逃げました。
コーヒーを2杯も飲み、
(「いらない」とゆーのに、お店の人が「おかわり自由ですから」と持って来た)
たぷたぷのお腹になりながら、子ども達とすぐ前の海岸に遊びにいきました。

そんなわけで、とても楽しかったです。ホント。
男の子の聖地ですね。

« 開沼博さん「『フクシマ』論 原子力ムラはなぜ生まれたのか」。 | トップページ | SE200Nで楽しくやってます。M1とNGC2024。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
津のアイベルさんには一度、行った事があります。
そのときも所狭しと望遠鏡が並んでました。親切なお店なので通販もよく利用します。

ソーラーフィルターはお買い得でしたね。今年は天文イベントの時は悪天候が多かったので、来年の日食と金星食は晴れて欲しいです。LPS-P2もオークションでよく見かけますが、1万円を超えるくらいの値段で落札されていますから、お値打ちだと思います。

EOS Kissシリーズのカメラでは、55mm程度から短いレンズだとLPS-P2はフィルターの特性上使えないようですが、望遠レンズに付ける使い方なら十分に活用できますよ。そんな感じで銀河が沢山写っているような写真を撮って遊んでいます。

さとうさんこんばんわ。
実はこのLPS-P2の使い方については、さとうさんのブログを拝見していろいろ興味がわいてきていたのです!
300mmの銀河いっぱいも興味深いのですが、最近では「しし座と火星」にビビッと来てたんです。
あれくらいの広いのでも、変な色は出ないんですね。
一緒に自作ソフトフィルターも使ってみえるようですし。
僕はソフトフィルターを最近買ったばかりで(笑)。
いろいろ実践したいことが出て来て忙しくなりそうです。
「ペルセウス座」が大好きなんで、きれいに撮りたくなってきました!

こんにちは。
LPS-P2は2枚持ってまして、1枚はカメラ内部に内蔵するタイプで、もう1枚は通常の52mm径のフィルタータイプです。内蔵タイプを使うと光の入射角の関係で広角レンズも使えるみたいです。レンズ前に着けるタイプでは変な色になったりゴーストが出たりするようです。

もともと望遠鏡に組み込こんで直焦点撮影するつもりで52mm径のフィルターを購入したんですが、その後で望遠レンズを使うようになって内蔵タイプも購入しました。それで色々と使っているうちに内蔵タイプだと広角レンズでも使えるようだと分かりました。カメラのレンズによってはレンズの後ろの凸が大きく飛び出して使えないのもりますけど…。

ペルセウス座あたりは賑やかで好きな領域です。
焦点距離の長いレンズを使うと二重星団やカルフォルニア星雲と言ったのがありますし、短いレンズで撮っても天の川とか賑やかですからねぇ。

■さとうさん
あ! 内蔵タイプだったんですか。

それにしても、こういうのは、使っている方のお話を直接聞かないと分からないものです。
本当に最近は、いろいろ教えてくださる方に感謝しています。

今日は金星と月が並んでとても美しかったです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/53577600

この記事へのトラックバック一覧です: 津の「アイベル」に行った話。:

« 開沼博さん「『フクシマ』論 原子力ムラはなぜ生まれたのか」。 | トップページ | SE200Nで楽しくやってます。M1とNGC2024。 »