フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 皆既月食その3。皆既の時の星空と、半影食の様子。 | トップページ | SE200Nの謎の光条。いまだ直らず。 »

2011年12月15日 (木)

SE200Nの「何か」が変なのです。

というわけで、あのSE200N CRの変な光条が直らないのである。

ジャーン!
Img_3743


写真で見て、星の中央から右下に1本出てますでしょ?
これって、正常じゃあないんですよね?

こいつのおかげで、このところ調整を繰り返しているので、
望遠鏡の稼働率がヤケに高いという皮肉な結果に…。
そうなんです、斜鏡をいじくってはテストし、
それでも同じで、こんどはわざと斜鏡をずらしてテストし、
それでも同じで…。を繰り返しているのです。

今日(12月14日)もふたご座流星群そっちのけで調整していましたが、
ああ、やっぱりダメでした。
が! ひとつ発見が!
斜鏡を死ぬほどずらしてみたところ、この光条がなくなったのです!
しかし当然、その他の部分で問題ありなんですけどね(笑)。
お星様が変な形になっちゃいました。まるで雪だるまみたいでした。

とまあ、やっぱり斜鏡に原因があるのかな、くらいのことは推測されるんですが。

ちなみに、「光軸」ってやつはレーザーコリメーターで合わせてるんです。
ちゃんと現場で、鏡筒を設置してから。

さて、今日も事態は変わらずでしたので、またまた調整してみました。
ついに斜鏡を取り外し、真ん中に穴をあけた紙を貼って
レーザーが斜鏡中央にあたる状態を厳しく保ち光軸調整してみました。
テストはまた今度にします(泣)。

そう、この問題が解決したら、アイベルにコマコレクターを発注しよう!
いえーい!
このような問題を解決できないようでは、コマコレクターなど使う資格がないのだっ!

« 皆既月食その3。皆既の時の星空と、半影食の様子。 | トップページ | SE200Nの謎の光条。いまだ直らず。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/53485999

この記事へのトラックバック一覧です: SE200Nの「何か」が変なのです。:

« 皆既月食その3。皆既の時の星空と、半影食の様子。 | トップページ | SE200Nの謎の光条。いまだ直らず。 »