フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SE200Nで楽しくやってます。M1とNGC2024。 | トップページ | EOS Kiss Digital X で撮ったおおぐま座のM109周辺。 »

2012年1月14日 (土)

真藤順丈さん「畦と銃」、道尾秀介さん「片眼の猿」。

最近、天文の本ばっかりだったのですが、
久しぶりに小説に戻ってまいりました。で、読書記録を。

真藤順丈さん「畦と銃」(講談社)。
知らぬ間に真藤順丈さんの新刊が!
農業林業畜産とロックの融合でした。
そして、大量のパンチライン!
とてもわくわくする小説でした。

  百姓の百ある業のひとつめ、一は一揆だっや!

とか、これが書きたくてこの小説を書いたんじゃないかと思えるくらい秀逸。

  なにしろこの村じゃ、鍬と鋤とコルトガバメントがごったになって、
  田んぼの泥には薬莢が落ちていてな。
  村のことばで言うところの〈あぜやぶり〉が悪さしてるけ、
  あんたの幻想をぼっ壊しちまうかもしれねえな。

と、はじめの方で書かれていて、衝撃と期待でいっぱいになりました。
真藤さんはすごいなぁ。

また、この本の目次の感じ。
(見ると、なるほどと思えますが)この感じが、
本の方向を定めているなぁという印象を受けました。

もう一冊。
道尾秀介さん「片眼の猿」(新潮社)。
ああ、また警察に捕まるべき人が逃れてるなあ。
だめじゃないか!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« SE200Nで楽しくやってます。M1とNGC2024。 | トップページ | EOS Kiss Digital X で撮ったおおぐま座のM109周辺。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/53733720

この記事へのトラックバック一覧です: 真藤順丈さん「畦と銃」、道尾秀介さん「片眼の猿」。:

« SE200Nで楽しくやってます。M1とNGC2024。 | トップページ | EOS Kiss Digital X で撮ったおおぐま座のM109周辺。 »