フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 津の「アイベル」に行った話。 | トップページ | 真藤順丈さん「畦と銃」、道尾秀介さん「片眼の猿」。 »

2012年1月 4日 (水)

SE200Nで楽しくやってます。M1とNGC2024。

ここのところSE200Nの変な光条問題で調整とテストなどを繰り返していたので、
本来のお楽しみである、望遠鏡をのぞいたり、星雲のようなものを撮影したりということをしていませんでした。
というわけで、光条問題は先送りして、久々に楽しいことばかりしてみました。

昨年12月30日、ついに年末年始のお休みに入り、うはうは状態で庭に望遠鏡を設置し、
M42などをみて感激し、(この日のM42は、格別きれいだった!)
いろいろ写真などを撮ってみました。

じゃーん。
M1

おうし座にあるM1(かに星雲)です。
これは25ミリのアイピースをつけて40倍で見ると、うっすらぼんやり、という感じでした。
いつも思うのですが、これのどこがカニなんでしょうかね。
カニみそならわかるけど。

それからもうひとつ。
じゃーん。
2024

ものすごい光っている星のとなりにある、なんだか不吉な形をしたNGC2024。
オリオン座にあります。
そのちょっと下、星のまわりがぼんやりしていますが、これがNGC2023なのだそうです。
無改造のEOS Kiss Digtal Xですので、馬頭星雲はうすぼんやりと写っていますが、
見えるのはわたくしだけでしょうか?
ちょっと途切れていますが、馬の頭は見えてると思うんですけど。
ちなみに、なぞの光条が出ていないんですが、これはやはり、写野の右側だからだと考えています。
この日、M45も撮ったのですが、左側にあるお星には出てましたから。

さて、久々にこーゆーお楽しみをして、非常に充実した日でした。
光条問題は、まあ、今年いっぱいを目標に、解決していきます(笑)。
あと、フラット処理とゆーのも、挑戦してみましょう。
ところで、「ステライメージ」は?

« 津の「アイベル」に行った話。 | トップページ | 真藤順丈さん「畦と銃」、道尾秀介さん「片眼の猿」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
M1のカニは不思議なカニですよね、どう見てもカニに見えないんですから(笑)、でも色は蟹味噌風です。
馬頭星雲の頭の部分は見えているようです。

ステライメージ待ち遠しいですね。強調する機能があるので、この淡く写っている馬頭星雲も、もう少しハッキリ分かる様になると思いますよ。

さとうさん、ありがとうございます。
あ、馬頭星雲見えますか! もっと見えるようになるといいです。
今回はPhotoshop CSでいろいろと調整レイヤーを駆使してマスクつくって、と工夫してみましたが、
そもそも写りが悪いので、あんまり根気よくできませんでした。
やはりここは、天下のステライメージなんでしょうね!

こんばんは。
どんどん新機能が増えてますし、フォトショップの方が小細工が効くみたいですね。レイヤーの概念がステライメージはないので、ステライメージの方が小細工しようとすると手順が増えて大変です。
うちのパソコンは非力なので、ステライメージの方が処理が軽いので、それは助かってます。画像処理に特化している分、軽いのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/53652839

この記事へのトラックバック一覧です: SE200Nで楽しくやってます。M1とNGC2024。:

« 津の「アイベル」に行った話。 | トップページ | 真藤順丈さん「畦と銃」、道尾秀介さん「片眼の猿」。 »