フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 記念のM51。 | トップページ | SE200NとGPD2で、ノータッチガイド万歳! しし座の3つ子銀河! »

2012年2月19日 (日)

読書感想文。佐藤嘉尚さん編「面白半分BEST随舌選」。

佐藤嘉尚さん編「面白半分BEST随舌選」(文藝春秋)。

「面白半分」という雑誌をリアルタイムで読んでいたのは、わたくしの親の世代あたりなんでしょうか。
1972年から1980年にかけて刊行されていたものですが、
わたくしはこれを筒井康隆氏を通じて知りました。
まあ、中学時代からツツイストなわけで、周辺の本を読んでいると、何かと出てくるわけです。

筒井さんが編集長をしていた時代の「面白半分」は、古書店でまとめて売っていたのを入手しました。
まったく面白い雑誌で、特に半村良氏の「南千家流礼法」というのがふざけていて気に入っていました。

この「面白半分BEST随舌選」というのは、
「面白半分」に掲載されていた「随舌」という企画をまとめたものです。
編者である佐藤さんは、「面白半分」の発行人で、昨年亡くなっています。

当然というか、この「随舌」に出てくる人も相当亡くなっているわけです。
奥付を見ると2007年8月に発行されているこの本ですが、
発行当時は存命でも、その後亡くなった人もいます。
そんな感想しかないのか、という感じですが、まあ、時の流れ、時代の移り変わりを感じさせる本です。

それにしても、当時の人たちは、なんて乱暴なんでしょうね。
その乱暴さが、なんともいえず、かっこえーのです。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 記念のM51。 | トップページ | SE200NとGPD2で、ノータッチガイド万歳! しし座の3つ子銀河! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

あ~この本読みてえ!
ホントあの乱暴さには憧れるな~

■丸市さん
とくに当時の男から見た女性観というのが、ぶっとびまくっていてすごいです。
けっこう、緩い時代だった、とも言えるのでしょうね。
佐藤嘉尚さんの「面白半分」本は集英社新書とかから出ているようなので、
手に入りやすいかと思います。
ちなみに、この「随舌選」は多治見市の図書館で借りましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/54020990

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文。佐藤嘉尚さん編「面白半分BEST随舌選」。:

« 記念のM51。 | トップページ | SE200NとGPD2で、ノータッチガイド万歳! しし座の3つ子銀河! »