フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読書感想文、桜庭一樹さん「ばらばら死体の夜」。 | トップページ | 読書感想文。佐藤嘉尚さん編「面白半分BEST随舌選」。 »

2012年2月15日 (水)

記念のM51。

2月4日と5日は、2日連続で天体観望遠征に出かけ、そりゃもう、うはうはでした。
いろいろ写真を撮ってみたりもしましたが、ついに、あこがれのM51を撮影しました。5日のことです。

が、この日は追尾がどうもうまくいかなくて、30秒でも結構な流れに。
きっとバランスが悪いのだろうな、とか思いつつも、まあ、テキトーな感じで続けていました。
やはりGPD2にSE200Nでは、無理できないのでしょうね。

M51は自慢の鏡筒Kenko SE200Nで見ると、はっきりと銀河の腕が見えるくらいで、
これにはびっくりしました。
浅田英夫さんの名著「星雲星団ベストガイド」によれば
  “見てよかったなと感じさせてくれる銀河の逸品”
とのことですが、まさしくその通り。
M31なんかよりはずっと銀河らしい眺めでした。

そんなわけで、せっかく撮ったM51を記念にのせておきます。

M51a


いつもの通り、30秒露光を繰り返したもので、これは40枚近くをDeepSkyStackerで処理したものです。
ちなみに「いっこう式フラット補正」もしてみましたが、まだ残ってます。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 読書感想文、桜庭一樹さん「ばらばら死体の夜」。 | トップページ | 読書感想文。佐藤嘉尚さん編「面白半分BEST随舌選」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
M51、綺麗に写ってますね、そして左端の輝星の光条もほぼ完璧じゃないですか。

この前調べたんですが、M51って英語のニックネームが「The Whirlpool Galaxy」で訳すと「The 渦巻き銀河」らしいです。だからM31より銀河っぽいという感想は実に正しいかもしれません。

 こんばんは!
 すごくよく写ってますね。M51は、所沢星空フェスティバルで「ビクセン賞」をいただいたときの対象なので、私も思いいれが深い、「The 渦巻き銀河」です。
 R200SSで撮るのが楽しみになってきました。できれば、暗いところに行って撮りたいですね。
 フラット補正、うまくいってますよ。左の輝星の光条、完璧ですね。プリントアウトして、リビングに飾りたくなりますね。

■さとうさん
こんばんは。
短い時間でも思ったより写った、という印象です。だから初心者にやさしい銀河だなあと思います。
眼視でも見やすいのもよいですね。
これは何度でもチャレンジしてどんどん上手に撮りたい対象です。
「The」は、なるほど、ですね。渦があってなんぼですよ!

■阪神ファンいっこうさん
いやー、あんまり褒めんといてください。
ブログの検索ワードのログで「いっこう式フラット補正」というのがあったら、
それはほとんどわたくしです(笑)。挑戦するたびに検索して見直してるんです。
「ビクセン賞」のも探してみましたし、メシエ天体の一覧もいろいろ見てみました。
今度はM101を狙ってまーす。

ガイドなしでこれだけ写るんですね~。すばらしい写真&赤道儀です。
Advanced-GT赤道儀だとたぶん無理かなぁ・・・。1000mm 30秒はキビしい。


■まるこうさん
うまくいくと1分いけたりするんで、「オートガイドいらないじゃーーん」とか調子こいちゃうときもあります。
でも、やっぱり長時間やりたいです。
ちなみに、30秒のを何十枚も撮るのは「忍耐」です。
ともかく処理枚数が多くなるので、めちゃくちゃ時間がかかります。
でも、やっと出来上がったのが画面に現れたときは、すごくうれしいです。
もとの30秒が貧弱に見える分、ギャップに驚きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/53993019

この記事へのトラックバック一覧です: 記念のM51。:

« 読書感想文、桜庭一樹さん「ばらばら死体の夜」。 | トップページ | 読書感想文。佐藤嘉尚さん編「面白半分BEST随舌選」。 »