フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やっとM104が撮れました。 | トップページ | 記念のM51。 »

2012年2月15日 (水)

読書感想文、桜庭一樹さん「ばらばら死体の夜」。

桜庭一樹さん「ばらばら死体の夜」(集英社)。

うーむ、ちゃんと考えたのか? と言いたくなるような題名だけど。
「私の男」のような湿った、ねっとりとした、いやらしい部分が久々に登場。
荒唐無稽というか、小牧さん曰く「漫画」的なものが続いているなあと思っていたので、
この久々な感覚は「いいじゃない!」。

途中、「これは『サイコ』なのか」と思わせるところがあり、
ひょっとすると、吉野解が語っている部分は全く信用ならない、というタイプの小説か、
と思ったりもしたのだけど、他の登場人物が語る部分と矛盾がないようなので、
「なーんだ、考えすぎか」。

映画「冷たい熱帯魚」にあるような、あの「周到さ」がまったくないバラバラっぷりで、
ずいぶんお気楽なもんだな、と思った。
にもかかわらず、吉野解は捕まらずに終わるので、なんとも不思議な感覚。
「エピローグ」の語り手が、吉野解の娘というのが考えさせられる。
いったい、どういう風に生活を続けているんだろうか、などと妄想が膨らむ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« やっとM104が撮れました。 | トップページ | 記念のM51。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/53992581

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文、桜庭一樹さん「ばらばら死体の夜」。:

« やっとM104が撮れました。 | トップページ | 記念のM51。 »