フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« M101。これも念願の銀河です。 | トップページ | 読書記録。「だけど、誰がディジーのトランペットをひん曲げたんだ?」。 »

2012年2月23日 (木)

SE200NとGPD2のノータッチガイドで2分成功! M109。

2月19日、嫁の実家近くまで行って撮った天体写真。
SE200NをGPD2に載せてノータッチガイドで撮っていますが、
どういうわけかこのM109の時だけ、2分追尾に成功しました。
とはいえ、すべてが成功したわけでないですけどね。

天の北極に近いから? なんて思っていますが、理屈としてはどうなんでしょうか。
この直後、ちかくのM101を撮りましたが、どうしても2分は無理でした。

109a

ISO1600で、70秒のものと2分のものをあわせて25枚くらいをDeepSkyStackerで処理したものです。

はじめは70秒で撮影していましたが、結構うまくいったので、2分まで延ばしてみたのです。
それにしても2分露光すると、写るものが違いますね。びっくりしました。
さらにオートガイドへの渇望が…。

なんか左下に光が入ってしまいまして、ちまちまと直してみました。
光源があったようには見受けられなかったので、気になるところです。

« M101。これも念願の銀河です。 | トップページ | 読書記録。「だけど、誰がディジーのトランペットをひん曲げたんだ?」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
拡大して見ると、きっちり渦巻きが写ってますね。
M101とM109では、それほど位置に極端な違いがないので、2分成功の理由は謎ですねえ…。

 すごい。全然流れていないじゃないですか。( Д) ゚ ゚ 
 相変わらずオートガイドで苦戦している人のうらやましがる声が、千葉・ゆうゆう公園方面から聞こえてきます。
 渦巻きもきちんと見えるし、画像処理もばっちりですね。
 私は一応オートガイドの機材はそろえたのですが、試し撮りどまりです。本格的に稼働するには、自宅近辺は明るすぎます。遠征に行ったとき使いたいですね。
 オートガイド導入となると、重量問題で悩みそうですね。でも、悩むのも楽しいですよね。

■さとうさん
こんばんわ。そうなんです、わたくしの大好きな渦が見えるんです。
でも今日、会社のパソコンで自分のブログのこの写真を見てみたら、
あんまり見栄えがしないという事に気づきました。
うちで使ってるiMacでは、えー感じに見えるのに! と少々不満でした。
そうですか、2分成功の理由は謎ですか。
なんかこう、バランスも含めいろいろな条件がシビアにからんでるのかなあ、とも思います。

■阪神ファンいっこうさん
とはいえ、「流れてる流れてない」の判定は、あまーく、やってます。
それでも半分以上はゴミ箱にポイしてると思います。それだけしつこくたくさん撮ってます(笑)
おかげさまで「いっこう式フラット補正」が役立っています。
生意気なことに、これに加えて、Photoshopで調整レイヤーをかましてます。
あ、そういえば他のフラット補正のやり方も紹介してくださいましたね。
みなさんいろんなやり方を開発していてすごいと思います。

う、うわー!!
ノータッチ恐るべし!!! くやしー!!
渦もバッチリ写って、これは素晴らしい写真ですね。

■まるこうさん
2分で撮ったあと、カメラの液晶画面で確認した時、写っているものの素晴らしさに息をのみました。
それはそうと、オートガイドシステムは、まるこうさんを参考にさせていただきます!
オフアキなんて絶対無理だと思っていたけど、自分もやってみようか、って
思っちゃったんだから、責任とってください(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/54056973

この記事へのトラックバック一覧です: SE200NとGPD2のノータッチガイドで2分成功! M109。:

« M101。これも念願の銀河です。 | トップページ | 読書記録。「だけど、誰がディジーのトランペットをひん曲げたんだ?」。 »