フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 3月14日、ガラッド彗星とNGC4236の接近。が、しかし。 | トップページ | これがNGC4236だ! ピンぼけだけど。 »

2012年3月16日 (金)

M81とM82。

3月14日、嫁の実家近くで撮影した天体写真。
この日は、ガラッド彗星とこれだけ撮りました。
ほんとはもっとやりたかったけど、翌日仕事だし…。
せっかく天気がよかったのに、もったいないなあ。あ、でも月も出て来ちゃうか。

というわけで、M81とM82です。
ガラッド彗星のすぐ近くでしたが、どうやら3月23日には、南東5度のところまで接近するそうですね。

8a

ISO1600/ノータッチガイド110秒をあまーい判定で8枚ほど処理です。
星がゆがんでる! 何かしちゃったかなあ。

それにしても、なにかぶっこわれている感じがするM82。住んでいる人は大丈夫でしょうか。
M81はでっかいですね。こんな立派な渦! これは好きですよ。
オートガイドできるようになったら、ちゃんと撮りたいなあ。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 3月14日、ガラッド彗星とNGC4236の接近。が、しかし。 | トップページ | これがNGC4236だ! ピンぼけだけど。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

さすが死者じゃなかった試写の鬼!
綺麗に二つの銀河がクッキリと写ってますねー!1000mmノータッチで110秒もすごいなあ。
このぶっ壊れ感の銀河、隣の太った銀河と一悶着あったのかも知れませんね。

 葉巻銀河とボーデの銀河ですね。 このところの嫌煙ムードで、「葉巻ってなに?」という子供がふえそうなので、「ぶっこわれ銀河」と命名します。命名者はミッチーさんです(笑。
 先日のガラッドとNGC4236の競演ですが、伏兵やまねももんがさんが撮影に成功していました。
 う~ん、ベテランにはかなわない(笑。
 

こんばんは。
ノータッチガイドで、お見事な画像です。
最近はすっかり自動導入とオートガイドに依存しているので、たぶん手動で導入するにも非常に苦労しそうな塩梅です(^^;)

あと何十億年か後には銀河系とアンドロメダ銀河が衝突するそうなので、その頃に、どっかの銀河の人が「住んでいる人は大丈夫でしょうか」って心配してくれるかもしれません。

■まるこうさん
不思議なことに、北斗七星のすくうところ周辺だと2分とかいけちゃうみたいなんです。
そこからちょっとずれて、持つところ(柄)のあたりだとなかなかうまくいきません。
最近は50秒をデフォルトにしてます。そして何より大事なのが「甘い判定」ですかね(笑)
そういえばこの日は、極軸あわせを途中で見直したりしました。

■阪神ファンいっこうさん
筒井康隆さんの「最後の喫煙者」とゆー小説みたいな世界になりそうです。
ちなみにわたくしは「カセットテープ」を知らない子どもを見て感慨にふけっております。
さて、やまねももんがさんの写真みましたよ! うぅ、かっこええぇ、と思わずうなりました。
異質なものがふたつ入っている天体写真というのは、なんでこんなに神秘的なんでしょう。
撮れなかったのがほんとに悔やまれます。

■さとうさん
どうしても導入できなかったものが、1年後にやっと導入できたりするととてもうれしいです。
かなり効率悪いですけど(笑)。
銀河について考えていると不思議な感覚がします。銀河って、人間なんかなんともないくらいでかいですよね。それなのに人間はこいつを撮影したりして、あーでもないこーでもないと。
あっちの銀河にいるであろう住人のことを考えたとしても、それはもう、向こうでは終わっていることだったり。その逆もそうですし、あー、不思議だなあと思うわけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/54231035

この記事へのトラックバック一覧です: M81とM82。:

« 3月14日、ガラッド彗星とNGC4236の接近。が、しかし。 | トップページ | これがNGC4236だ! ピンぼけだけど。 »