フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« M81とM82。 | トップページ | 小学生になる娘と金星をみた、という話。 »

2012年3月21日 (水)

これがNGC4236だ! ピンぼけだけど。

まったく、これだからシロウトはいやだ! というのは自分に対するツッコミである。

Ngc4236

先日、3月14日、ガラッド彗星とNGC4236の接近。が、しかし。 という記事では、
彗星と銀河の接近写真が撮れなかった顛末を書きました。

で、3月20日、単独でNGC4236を撮影してみました。それが上の写真です。
SE200N + Canon EOS Kiss Digital X + GPD2ノータッチガイド110秒
20枚くらいをDeepSkyStackerでコンポジット。そして、ピントはあっていない!

バーティノフマスクでチェックしてるんですが、どうやらその後何かがあったようです(笑)。
鏡筒にフードを付ける時に何かが動いたのではないでしょうか。
思うに、スパイダーを支えるネジが回ったとか。

今度、フードをつけたままバーティノフマスクでピント合わせしても差し支えないか調べてみようかと思います。

この日は明け方までがんばったんですけどね。
ちょっと前とくらべると寒さもやわらいだので、車に退避することもなく、
長い時間空を眺めていました。流れ星がたくさん見えました。くしゃみもたくさんしました。

そういうわけで、「家に帰って見たら、ピントがあっていなかった」というよくある話でした。
まあ、記念なんで他の写真も自慢気に載せておこうかな。

ガラッド彗星です。彗星基準のコンポジットがうまくいきました。
尾が見えるかな、と思ったんですが、フラット処理のムラなのか尾なのか判別不能ですがな(笑)
Garad2

M97とM108。ピントのズレはもちろん、コマ収差がかなり気になっちゃいますねぇ。
M97_m108_2


そしてM106。これはかっこええ銀河です。悪そうな人相です。
今度こそ、ピントばっちりで撮ってやるう。
M106_2


« M81とM82。 | トップページ | 小学生になる娘と金星をみた、という話。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

おお!!
大量大量! しかもどれもすごい写真ばかり・・・。
私なら、小出しにしてブログネタを貯めておきますよ。
彗星基準のコンポジットはどーやったんですか? Σ(゚Д゚)スゲェ!!

 見ごたえありますねぇ。それもこんなに大量に!
 構図も画像処理もばっちりですね。ふくろう星雲の色もすばらしいです。
 おみごとです。
 

■まるこうさん
立派なものなら小出しにしたいところなのですが。
まあ、自分としては銀河が写ってる!って喜んでるので、記念です。
彗星基準は、おなじみDeepSkyStackerちゃんです。
ライトフレームを選択すると、4つくらいアイコンがあるツールバーのようなものが現れるので、
そのなかの彗星アイコンをクリックして、画像の中から彗星をクリックします。
そうすると、「これが彗星」ってことになり、それをすべてのライトフレームで繰り返します。
その後いつも通り進むと、コメットモード(?)みたいなのになって、
(彗星基準とか、彗星も恒星もあわせるだとか)どういうコンポジットをするのか選べるはずです。
いつもいきあたりばったりなんで、こんな説明しかできなくすみません。

■阪神ファンいっこうさん
ダチョウ倶楽部風にいえば
 あますぎず、からすぎず、美味すぎず
という感じでしょうか。
ピントのことは非常に悔やまれますが、いろんな銀河の姿を自分で撮ることができるのはとても楽しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/54277388

この記事へのトラックバック一覧です: これがNGC4236だ! ピンぼけだけど。:

« M81とM82。 | トップページ | 小学生になる娘と金星をみた、という話。 »