フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フラットフレーム撮影のおかげで、こんな感じに。 | トップページ | 3月14日、ガラッド彗星とNGC4236の接近。が、しかし。 »

2012年3月11日 (日)

増田俊也さん「恋のブランド」を読んで。

増田俊也さんの「恋のブランド」。
「『このミステリーがすごい!』大賞10周年記念 10分間ミステリー」(宝島SUGOI文庫)という文庫に入っている短編で、増田俊也さんの「動物モノ」2作目。
増田俊也さんの小説を待っていたわたくしとしてはうれしいかぎり。
最近では、「NOVA 7」(河出文庫)に「土星人襲来」が収録されているので、ちょっとうれしい。

さて、ちょいと前に、パンダみたいな模様のウシができたとかで話題になっていたけど、
この「恋のブランド」はそれの「鯉」版か。
"Love is blind" ではなくて、"brand"なわけだけど、
なんだか「人を食ったようなお話だなあ」という読後感。
ここでいう「人を食ったような」ということばの意味は、
かるーくからかわれているような、いたずらっぽい感じ、ということ。
(正しい使い方かどうかは知らんけど)

ちなみに、この小説を読んで、筒井康隆さんの「亭主調理法」を思い出した。
「亭主調理法」は文字通り「人を食ったような」小説だったけど、
作家にかるーくからかわれている感じは似ていると思った。
「亭主調理法」の最後で、「印刷屋のミスで…」なんていうところは、
読者としてはニヤニヤしながら「バカにしやがって!」と喜んじゃうのだけど、
「恋のブランド」でも「お、おい! このオチか!」というニヤニヤ感がある。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« フラットフレーム撮影のおかげで、こんな感じに。 | トップページ | 3月14日、ガラッド彗星とNGC4236の接近。が、しかし。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ちょっと人を食ったような話(笑)

いいですね、なんかキライじゃないです。ミステリアスな感じで(笑)。
「亭主調理法」も興味出てきました。図書館行ってこようかと・・・。

最近のお気に入りは友井羊さんの作品、
『僕はお父さんを訴えます』です。こちらも結構面白い!。
これは今後期待できる、と思ってネットを見てたら
http://www.birthday-energy.co.jp
というサイトで、
今年はチャンスの年、いっそのこと生地から離れれば
もっと吹っ切れるのに
とのきびしいことを書かれたりしてますね。

でも、チャンスなら生かさない手はないですし、
いろんな意味でたのしみな作家さんです。

■さつきさん
コメントありがとうございます。
友井さんの「柿」というのが「『このミステリーがすごい!』大賞10周年記念 10分間ミステリー」に入っていたんですね。哀しげなお話だったと記憶しています。ちょっと心にひっかかるようなものがありました。
紹介してくださったサイトを見てみました。不思議なサイトですね。「著名人を褒めたり貶したり」というのが潔くて面白い!

初めまして。
いきなりコメント、すいません。

私も10分間ミステリーを読んだのですが、どうしても「恋のブランド」だけ、謎が解けません。

差し支えなければ、教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

■かなえさん
どうもありがとうございます、じゃんじゃんコメント書いてください。

ただ…。
「謎」とかあるんでしょうか。この小説に。
わたくしには増田さんの「へへーん」っていう悪ふざけモードの小説としか思えないんです。
ひょっとしてブランド物にくわしいと何かがあったりすんのか? と思ったんですが、わかりません。

「シャトゥーン ヒグマの森」を読むと感じる、増田さんの「動物」に対する「愛」が、
この小説で、変な形で出てるんじゃないかなあと(笑)。

かなえさんが何を「謎」と思ったのか知りたいです。よかったら教えてくださいね。

お返事ありがとうございます!

私が謎というか、わからなかったのはオチです。
私なりにプラダのマークを調べたりしたのですが、解らなくて…

■かなえさん
タイムリーなことについ先日、この作品について増田さん本人がTwitterでつぶやいてました。

“最近、ネット上のショップで、よく錦鯉を見ている。水槽で小さなものなら飼えるのだろうか。
 そういえば錦鯉の短編小説を書いたことがあったような。あの本、売れたのだろうか。
 30人でアンソロジーを編んだのだけれど印税も30分の1なのでいくら入ったのかさえわからない(笑)”

とのことです…。
「そういえば…あったような」なんていうとぼけたところがいいですよね!

そうですね、マークなんかを見ると「あ!」っていうのがあったりして、なんて期待もあります。

お返事遅くなり、すみません(>_<)

凄い偶然ですね(笑)
わかります!
あったようなっていうのが、いいですよね

ちょっと調べてみることにします
ありがとうございました!

■かなえさん
いやいやどうもありがとうございます。おもしろいことに、この小説について言及しているブログなどが見当たりませんね。どうやら、ここだけで盛り上がってるいたいですね。書いた本人のすっとぼけ感もこれまた絶妙で、読者が考えれば考えるほど、泥沼にはまっていくような感じがします。

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/54193919

この記事へのトラックバック一覧です: 増田俊也さん「恋のブランド」を読んで。:

« フラットフレーム撮影のおかげで、こんな感じに。 | トップページ | 3月14日、ガラッド彗星とNGC4236の接近。が、しかし。 »