フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 娘と、結婚式で花束を贈ったり手紙を読んだりするのはやめよう、と約束した。 | トップページ | 小学校から通達「金環日食、ピークの7時30分頃は登校中なので交通事故の危険」。 »

2012年4月30日 (月)

小学5年の息子と天体観望。「怖いぞぉ」と脅したけどついて来た。

4月29日午後8時ころ。
天気が良いし、次の日はお休み! 絶好の天体観望日和、ということで、
「お父ちゃんは星を見にいってきます」と出かけようとすると、小学5年の息子が
「一緒に行く!」と言うではありませんか。
わたくしは朝まで頑張るつもりだったので、大丈夫かなあと思い
「退屈だし、暗いし、怖いよぉ。かえりたいって言っても絶対かえらないからな」
と脅してみたのですが、それでも行きたいらしいので、一緒に行きました。

この日はいつもいく場所のうち、どこか、と思っていたのですが、
南方の条件のよい所を探したかったので、少し遠いところまで行ってみよう、ということになりました。
我が家から1時間ほどの「根の上高原」というところまで遠征しました。

現場につきましたが、やはりなんだかかんだと良い場所を探しているうちに、
保古山の頂上らしいところについてしまいました。
標高900m以上あって、条件はよさそうなのですが、意外に下にある町の灯りが強いと感じました。
特に北から西にかけては明るかったと思います。(月が沈んでからも明るかった)。
おまけに、アンテナのような建造物が大量にありまして、空の見える範囲がものすごく狭いという。
見る対象や、撮る対象を絞り、時間なども計画する必要があると感じました。

そんな現場で、木と、アンテナと、建屋の合間を縫うように撮った数枚の写真はこちら。

M8

まずはM8。SE200Nの直焦点で、5分露光を4枚しか撮れませんでした(泣)。
ノーマルのEOS Kiss Digital Xでこんな風に写るんですね。
そしてお次はM16。

M16_2

こちらは5分露光を7枚です。

「こんなに南天がきれいに見えるなんて幸せ!」とか思っていましたが、
5分露光すると結構真っ白になっちゃいました。まだまだ暗い空じゃないと厳しいんですかね。
そして、いずれも処理が難しいですね。光学系の調整も不十分だなあと感じます。
(でも、いったい何をやったらいいのかさえ、わからにゃーい)
「これじゃあだめだなあ」って感じになってますので、また今度、しっかりとやってみたいと思います。

さて、息子ですが、いったいどうなったのでしょう?
現場についてからは、しし座の銀河とか、M51とかM92とかを一緒に見ていたのですが
午後11時頃には車中で寝てしまいました。しかし、なんと午前2時には起きてきたのです!
夏の天の川がちょいど良い具合に見えて、感動してました。
そんなわけで、テンション上がり気味の息子のため(?)に、もうちょっと天の川が見やすい場所を探す事にしました。
機材を片付け、上ってきた道を下っていくと、な! なんと、巨大駐車場が!
そして! 全天がよーく見えるでないの! なにぃーー、さっきはこんな駐車場なかったぞ!
(そんなわけない)

あー、もう朝になっちゃう。午前4時前。

Ite_a

それでもやっぱり下の方は明るいですが、
アンテナに隠れるから4枚しか写せないとか、そんなことにはならなさそうな良い場所(笑)。
あーあー、先に気づいてればなああ。

で、息子と駐車場に寝転んで空を見上げるのでした。
息子は「今度徹夜するとき、また来る!」と言ってました。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 娘と、結婚式で花束を贈ったり手紙を読んだりするのはやめよう、と約束した。 | トップページ | 小学校から通達「金環日食、ピークの7時30分頃は登校中なので交通事故の危険」。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

なんか、すべてがうらやましい。。
この絵に描いたような親子のふれあいはなんなんでしょうか。かっこよすぎでしょう。

そして、撮影した写真はうっとりするくらい素晴らしい!!
たしか前回オートガイドを始めたばかりではなかったですか??。
ミッチーさん只者ではありませんね?
ホントにノーマルの キスデジ X?

圧巻は最後の天の川。最後まで圧倒されまくりの記事でした。。。

 天の川、圧巻です。
 ミッチーさんといい、まるこう氏といい、男の子のお父さんとして裏山杉です。
 ぜったいに尊敬されてます。『おとーさん、すげ~~』
 しかも、すばらしい撮影場所まで見つけちゃって。今回もこんなに素晴らしいのに、次回はさらに期待ですね。
 ノーマルでこんなに……。

こんばんは。
う~ん、とてもいいですね~。
実にノーマルデジらしい透明感のある写りです。
M16の創造の柱付近の諧調もよく抑えてあって素晴らしいです。
枚数撮れたらホントによかったですね。
4枚ではさすがに厳しかったですね。
これを見て私もノーマルで撮りたくなったじゃないですか。

お父さん一緒ならどこでも怖くないでしょう。 お父さんが怖がらない限り(^^)

おはようございます。
保古山を思わず地図で探してしまいました、恵那山の近くなんですね。
山頂近くてまで車で行けて高原状で撮影には良さそうな場所ですが、地平近くはアンテナ群ですか。でも天頂付近は素晴らしい予感がします。

次の撮影結果、楽しみにしてますね。

■まるこうさん
いて座の周辺に明るい領域があったので、ファインダーを覗きながら流していたら、星雲状のものがはっきり見えたので写してみたんです。眼視で見えるってことは、写るってことだ! と思ったのです。
こういう対象は半ばあきらめていたのですが、おもしろいもんだなあという感じですねー。
しかし息子を連れて行くと、双眼鏡でもいいから、息子が自分で楽しめるようにしてやりたくなりますね。まるこうさんとこみたいに、もう1セットあって息子さんが使えるというのは、結構重要なことかもしれませんね。

■阪神ファンいっこうさん
自分が子どものころ、父親によく釣りに連れて行ってもらった、あの時の感じを息子も味わっているのでしょうか。あと、夜遊びできるってのは、めちゃくちゃ楽しいもんですからね。変な話ですが、息子の視力が落ちないことを祈っています。
少年時代、僕は視力が急激に落ちたので、一度天文少年をやめたことがあるのです。

■かたくちいわしさん
はからずも、かたくちいわしさんと同じ対象を撮ってしまって、身近に比較対象があるのでショックを受けています(笑)。なるほど「透明感」ですか。言葉にしていただくと「そうかも」なんて思っちゃいます。もっと枚数とってなめらかーに仕上げたら、そりゃもう美しいもんなんでしょう。
ちなみに、暗い中では「音」が怖いですね。動物の音とか。時折サイレンのようなものがなったりとか!

■さとうさん
おはようございます。保古山てっぺんは、気づいたら着いてた、って感じなので行きやすいのですが、あまりに建造物が多くてなかなか不便でした。ちょっと下った湖周辺の方が開けていておすすめですね。でも、夏になると夜中に「無軌道な若者」(by 法政天文研究部)が出現しそうなのが懸念材料ですが。
もう、早く行きたくてしょうがないですよ。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/54598246

この記事へのトラックバック一覧です: 小学5年の息子と天体観望。「怖いぞぉ」と脅したけどついて来た。:

« 娘と、結婚式で花束を贈ったり手紙を読んだりするのはやめよう、と約束した。 | トップページ | 小学校から通達「金環日食、ピークの7時30分頃は登校中なので交通事故の危険」。 »