フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年5月21日の金環日食動画。「ちゃんとした版」 | トップページ | 天体撮影していて、思わず言ってしまう独り言は? »

2012年5月29日 (火)

ついに白山大山神社に遠征。

世の中、どこもかしこもAKBだAKBだ48だということになっていて、
あらゆる媒体にAKBが進出、まさに席巻している状態だが、我が天文業界には未だ進出していない様子。
と思っていたら、先日の金環日食の際、「太陽の前を金星が横切る」みたいなコメントをしたメンバーがいたとかで、あやうく天文業界にもAKBが!
だがしかし、天文業界の地盤は強かった。
わたくしが、そのメンバーの名前すら知らないことからも明らかなように、
天文業界とAKBは、すれ違いだったようだ。
なんといっても、天文には篠原ともえさんがいるので、今更AKBが入り込む隙間はないということだろうか。クルクル!
が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。

5月26日から27日にかけて、念願の岐阜県加茂郡白川町「白山大山神社」に行ってまいりました。
我が家から約80分。東海地方の天体観望スポットとして有名なところです。
なんだか行くのが大変そうな印象を持っていたのですが、いやいや、ここ、いいです(笑)。
遠征は毎回「白山大山神社」にしちゃおっかなーなんて思ってます。
あ、でも冬は危険な感じ。
というわけで、記念のM106と仲間たち。

106

Kenko SE200N + IDAS LPS-P1 + TSコマコレクター
Vixen GPD2 + DD-3
Starlight Xpress Lodestar + OAG9 + PHDGuiding
Canon EOS Kiss Digital X

横っちょにいる真ん中に黒い線が入った銀河ちゃんがかっこよくて、
M106と一緒に! と、最近執着していたので、もっと美しくしてみたいです。

ここのところ処理にものすごく手間がかかるようになっていて、いったいなんだろう、と悩み中。
「すげーノイズだ!」とがっくりすることが多いです。
ノータッチガイドの時は、アホみたいな枚数をコンポジットしていたのでよかったのかなあ。

で、この写真はかたくちいわしさんのアドバイスでISO800で撮ってみました。
15分×6枚です。もっともっと枚数が必要だと思いますが。
まあ、M106はすぐ沈んじゃうし、今シーズンは、すぱっとあきらめますか。

「ISO800で長時間たくさん」の効果を確かめるため、ISO1600のものも撮ってみて、比べてみました。
素人なもんで、印象批評しかできないのですが、
「ISO800の方が、コントラストがよいんでないのか?」という結果(かな?)
ISO800とISO1600の比較については、いろいろな人がその意義について検証しているようですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 2012年5月21日の金環日食動画。「ちゃんとした版」 | トップページ | 天体撮影していて、思わず言ってしまう独り言は? »

天文」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
細いエッジオンの銀河、確かに格好良いですねえ(^^)、良いアクセントになってます。

それにしても80分というと、けっこう近いですね。
うちから段戸山牧場までの時間と、それほど違いがありません。天狗棚まで行こうとすると更に20分くらいかかるので、状態の良い空が近くにあるのは羨ましいです。

 構図もばっちり、処理もばっちり、コマコレもばっちり。見てて気持ちがいいですね。
 それにしても80分というとけっこう近いですね(あっ、さとうさんと文章がかぶった!)。
 一度こんなところを体験してしまうと、もう光害地には戻れませんね。
 うらやましい限りです。

こんにちは

金環日食の際の「金星が地球と太陽の間にあるんだと思うととっても不思議な感じです。」っていう衝撃発言ですね。
6/6なら強ち間違ってはいないのですが。   あの子は頭が良いらしいので、「ワザとではないか?」という憶測が飛び交っていました。

M106って他の銀河とちょっと違っててカッコイイですよね。
銀河内の点々に見える暗黒帯もよく写ってますね。 もしかすると南北が。。。

やまねももんがさんの実験で高感度短時間<低感度長時間が証明されたので(ノイズの面では)間違いはないと思います。
でも露出が長くなると、ガイドエラーや薄雲の通過などの不確定要素が大きくなってしまいます。
落としどころが肝心なんでしょうねぇ。

■さとうさん
こんばんわんお。段戸山や天狗棚に行くのにどれくらいかかるかなあ、と調べてみたら2時間以上かかることが判明しまして、白山大山神社へ行ってみっぺ、となりました。
80分なら許容範囲ですよね。でもまあ、行き続けていると飽きて来て「もっとよい空を!」ってなりそうです。

■阪神ファンいっこうさん
おかげさまで、最近では自宅観望は、ちんせいなどの惑星ばかりです。
冷却の人は、光害地でも工夫して腕を磨いておられるようですが、わたくしは足で稼ぐしかないですぅ。
いや、金を稼いで冷却を買うとかじゃなくて!

■かたくちいわしさん
おぉ、正確な引用ありがとうございます。よく読むと、金環日食という事象と
「金星は地球と太陽の間にある」という発言を分離すれば、間違いでないような気が…。
金星の日面通過のことを先取りしているとすれば、篠原さんの立場も危ういですね。
事前にやまねももんがさんの検証は読んでおりました。心強い結果でしたね。
今回の撮影は、先人の経験から導き出されている事を自分で後追いしている、って感じですかね。
南北逆ですか。あはー、そういうの、気にしてなかったですぅ。
来シーズンはもっとちゃんとします。はい。

さすが銀河ヲタク、かっこいいなぁ。。ミッチーさんの写真はいつも銀河がくっきり写っていて気持ちがいいです。
うむうむ。やっぱり、ISO800に回帰ですね。次回は800でじっくり撮影してみようっと。

この趣味はおじさん達の憩いとしてそっとしておいて欲しいですね。
しかし、天文趣味が大勢の人に広まれば、バカ高い撮影機材などもコストが下がるんでしょうねぇ・・。

■まるこうさん
ありがとうございます。
ぬは。「銀河ヲタク」とゆーのが若干うれしいという!
AKB仕様のタカハシ鏡筒とか出たら、逆に値段高くなりそうですね!
ISO800って、やっぱり皆さん考えるようですね。というか答えは出てると解釈してよろしいんですよね。
まあ、試行錯誤して、お空を含めた環境に適したものが見極められるようになりたいもんですぅ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/54824166

この記事へのトラックバック一覧です: ついに白山大山神社に遠征。:

« 2012年5月21日の金環日食動画。「ちゃんとした版」 | トップページ | 天体撮影していて、思わず言ってしまう独り言は? »