フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 金星日面通過を見て思う。 | トップページ | 多治見市自宅近所でホタルが見えたよ。1匹だけど。 »

2012年6月15日 (金)

球状星団M5とステライメージとフラット300枚撮影(笑)。

あー、それにしても大変だった。ちかれたなあ。
めでたくステライメージが届いたので、あーでもないこーでもないといろいろやっておりました。

ところで、複数のダーク画像やフラット画像をコンポジットする時に、
「範囲外の値を除外」にチェックを入れると(そのように推奨されている)、
アホみたいに時間がかかるんですけど!
8枚くらいのダーク画像をコンポジットするのにも、耐えられないくらいの時間がかかって、
昼間っから椅子を2つつなげて寝転がってしまったではないか!

だから、それ以来、そのチェックははずすことにしました。

というわけで、撮影から処理までの手順を、まじめにやってみました。
6月9日、夕方から多治見市の自宅庭に自慢の鏡筒Kenko SE200Nをセッティング。
今回は、明るいうちにフラット画像を300枚ほど撮りまして、効果を期待。
もちろんフラットのダークも撮りました。

あ、SE200Nは、向ける方向を変えるだけで光軸が狂う、と言われていますが、
この日、それを自分の目で確かめました。
うむ、たしかに、ぐるりと方向を変えると、主鏡のセンターマークが動きますなあ(笑)。
これは冗談抜きでみなさん補強されている意味がわかりました。ああぁ。

さて、住宅街なので、そんなに長時間露光できないんだろうな、と思い、
球状星団M5をISO800で2分をたくさん撮って、イケてる16枚を
おぼえたての(笑)「トーナメント方式」でコンポジットしてみました。
少しトリミングしてあります。

M5

結果的に、アホみたいな数のフラットはとても役に立ってくれたと思います。
今まで「フラットの処理ができた!」と思ったのは今回をのぞいて1回だけで、
その時も100枚ちかくコンポジットしたんです。
でも、こんなに枚数撮ってる人の話って、聞いたことないんだけど…。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 金星日面通過を見て思う。 | トップページ | 多治見市自宅近所でホタルが見えたよ。1匹だけど。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ステライメージの購入、おめでとうございます。今購入すると、既にVer6.5になっているんでしょうか? 元のVer6と比べると6.5の方が高速化されている気がしますので、まだでしたら無料バージョンアップをお勧めします。

それにしても100枚という枚数を見ただけで脱帽です。

ちなみにフラット処理はしたことがありません(^^;)
かなりインチキして(笑)、ステライメージのツールにある「周辺減光/カブリ補正」で済ましてます。

おおお!
すごい! 素晴らしい球状星団です。
フラット処理は完璧ですね。これはフラットエイド使ってないんですよね? すげー!
私もアホみたいにフラット画像撮影しようかなぁ・・。
そのへん詳しく教えて下さい。

こんにちは。
最近更新がないので「もしかして日面通過の太陽熱で燃え尽きた」のかと思いましたよ。
ステライメージいいなぁ。いいなぁ。いいなぁ。いいなぁ。いいなぁ。いいなぁ。いいんぁ、・・・

素晴らしいM5じゃないですか。 やっぱりミッチーさんはこの路線ですね。 私の手抜き撮影とは大違い。
で、フラットは300枚撮影して全部コンポしたのですか?  あな恐ろしや。
トーナメント方式も32枚位になってくると、ほとんど差が分からなくなってくるようですね。

■さとうさん
おはようございます! めっちゃ朝早いですね。
金曜日朝、ご飯を食べていたら「ぴろーん」とコメントが入ったメールが来て驚愕しました!
ステライメージは6でしたが、早速6.5にしました。
「周辺減光/カブリ補正」は、過去の残っているデータで試してみました。かなり強力ですねー。
自分としては、教科書通りの手順だとどうなるのか、やってみたかったのですが、
良質なフラット画像が得られれば、「下ごしらえ」段階でフラット処理などができるのは
後々乱暴なことができる(笑)と分かってよかったです。
まだまだ手探りで、やっとここまで来た! って感じなので、ステライメージ使いのさとうさんから、
いろいろワザを盗みます。

■まるこうさん
ありがとうございます。フラットエイドは使ってませんし、今回はステライメージで完結してみました。
でも、この後、Photoshopでお好みに仕上げる、っていうのもなんとなく、わかりました。
フラット画像は、トレーシングペーパーでフタをした鏡筒を青空に向けて、
1/3200とかで大量に撮っただけです。
よく見る「フラット画像」らしいものを目指してみました。
ある人は「64枚くらいは必要なのではないか」と言っているようなので、
この300枚というのは無駄もいいところなのかもしれませんけど。
ほんでも、数十枚のフラット画像で成功したことがないので、やってみる価値はあるのかな、なんて思いました。
いつも均一なフラット画像が得られるような設備もありませんしね!
お金をかけずにやるには、こういう方法がいいのかな、ってことです。

■かたくちいわしさん
いやあ、どうもどうもです。
燃え尽きた、ってゆーことはありません!
何にせよ、フィールドワークですよ!
ステライメージを使えば、自分の目指すところに向かって行けるのでは?
という期待ができるなあ、と感じています。
細部のコントロールができるというか。ま、その点ではPhotoshopが優れているのでしょうけど。
300枚は、マジでコンポジットしましたよ。うあはっはあ。
こういう地味な処理の間はシャワーとか浴びてますけどね。

 ついにやりましたね。ステライメージでの処理。
 ブログ村に集う人々の中で、普段仕事につかっていることもあって、Photoshop職人としてのミッチーさんはピカイチだと思っております(私もかなりのPhotoshop職人だと思っておりますが(笑)。先日のノーマルカメラでのわし星雲、あれは普、Photoshopを使っている人間でないと、作りこめない作品で、天体改造カメラの存在意義すら疑念を抱かせるほどすごい作品でした。
 それに比べでステライメージ。なんですか、この素晴らしい写真。それもお気楽モードで!
 大変です! 鬼に金棒を渡しちゃいました、って感じですね。
 これからが楽しみです。

■阪神ファンいっこうさん
芸は身を助く、編集長は渡辺祐。
そんなことはともかく、お褒めいただいて光栄です。
とはいえ、仕事では、箸にも棒にもかからないような画像データを、
ちっとはましに、という要望ばかりですので、やってることは乱暴なんですけどねー。
「こ、こいつのヒストグラムはすげえ!」って感心されるくらいになりたいもんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/54962674

この記事へのトラックバック一覧です: 球状星団M5とステライメージとフラット300枚撮影(笑)。:

« 金星日面通過を見て思う。 | トップページ | 多治見市自宅近所でホタルが見えたよ。1匹だけど。 »