フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月21日 (土)

こんな写真を撮るようになるまで、いったいいくらかかったのか。

望遠鏡を買って、1年と4ヶ月経つ。

小学5年から中学1年までの間は天文少年だったものの、
中学2年くらいからは視力の低下とともに、天文をやめました。
それが、たまたま子どもを撮るために買ったCanonのEOS Kiss Digital Xで
意外に夜空の写真が撮れる事を尻、じゃなかった知り、またまた天文熱が上がってきた30代後半。

まったく望遠鏡に関する知識がなくて、
ってゆーか、かつて天文ガイドとかで「へぇ〜、ペンタックスの屈折って高いんだなあ」
くらいしかおぼえていなかったわたくし。
ともかくでっかい望遠鏡が欲しかった。それと、赤道儀ってやつも。

かつて経緯台しか買えなかった少年だったころから、赤道儀に対するルサンチマンのようなものを
長らく引きずっていたというわけ。

そんなわけで、いろいろ情報収集したものの、バカみたいに(いや、ホントにバカみたいに)
高額(!)ということを知ることになり、
ああ、やはり光学製品だけに高額か、などとざぶとんが3枚くらいはもらえるのではないか、
という妄想にふけりつつも、小遣いを貯めようと決心したのが、38歳のあの冬でした。

というような前置きが、だんだん面倒になってきたので、
今、自分がどのような機材をどれくらいの値段で買い、
どの程度の写真を撮れているのか、を掲載しておこうと思います。

L

少なくとも、上に掲げたような写真を撮る事を、かつての自分は望んでおり、
実際、撮影できたときはうれしくてうれしくて! ということは明記しておきます。

さて、このような写真を撮っている今の機材について、その価格などを書いておきます。
ちょっと見づらいかもしれませんが、これから「うーん、やりたいなあ」と思う人の参考になれば、
と思います。だって、自分だって、こういうの、すごい参考になったもん。
ただ、値段については、だいたいの記憶です。

鏡筒:Kenko SE200N CR:25,000円くらい
赤道儀と三脚と追加のウェイト5kg:Vixen GPD2、HAL130:90,000円くらい
2軸モータードライブ&コントローラー:
   Vixen MT-1WT(モーター)2個とDD-3(コントローラー)のセット:35,000円
オフアキシスガイド:TS OAG9:225ユーロ
オートガイダー:Starlight Xpress Lodestar:418ユーロ
オフアキとLodeStarとくっつけるアダプタ:20ユーロ
コマコレクター:TS Coma Correktor:100ユーロ
ポータブル電源:メルテック SG-3000DX:10,000円
ノートパソコン:ASUS 1001PX:17,000円
(カメラの)タイマーリモートコントローラー:2,000円だったかな。
(カメラの)ACアダプター:1,000円(オークションで新品を!)
天体写真画像処理ソフト:ステライメージ6:24,000円

というのが、ここ1年4ヶ月の間に買ったものの代表的なものです。
いろんなチャンスがあったので、安く買えたものもありますが、余裕で20万円超ですね。
でも、タカハシのEM200なんか、この合計の2つか3つ分くらいしますから、
ずいぶん安く済んでいると、思っています。
(もちろん性能も桁違いに違うんでしょうけど!)

ところで、わたくしはもともとカメラを持っていたので、
カメラもない人はその分を足してくださいね。
それと、望遠鏡の状態を維持する様々な道具は上記に含まれていませんが、いろいろ必要になります。
レーザーコリメーターだの、フードだの、マジックテープ(笑)だの、結露防止ヒーターだの…。
もちろん自作すれば、ずいぶん安く済むようですが、
望遠鏡は買ったままでは、なかなか使いこなせないのだなあ、と実感しています。

ちなみに、SE200NをGPD2に載っけて撮影なんて難しいな、と感じているこのごろです。
だから真似していいとはとても言えませんが、
もっと軽い鏡筒なら、えー感じでいけるんじゃないでしょうかね。

とはいえ、このようなセットでも楽しくやってますから、入り口としてはよかったと思っています。
なんだかんだと考えながら、改善しようといろいろやって、少しずつ良くなっている気がするし、
「今度はどこを●●したいなー」ってのもわかるようになってきました。
「●●したいなー」ってのに、金がかかるのなら、それに向かってお小遣いを貯めるだけです。
もちろん画像処理とかの試行錯誤は、ずーっと続くんでしょうけどね!

まあ、赤道儀がどうとか、という問題を置いておくとしたら、
似たような機材でめっちゃすごい写真を撮っている先達がいるので、
くやしくてしょうがないんですけどね(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2012年7月18日 (水)

庭のアジサイにつく、毛のはえた変な虫。

みなさんは、Googleってゆー便利なサイトをご存知ですか!
「検索エンジン」ってゆーものらしいのですが、
言葉の意味を調べたり、なにかの写真を調べたりするのにとても便利なものなのです!

分からない事があったら、Googleをひらいて、
文字を入れる四角いところに、調べたいことを入力すると、あっという間にいろんなものが出て来ます!

そういうわけで、庭で変な虫を見つけたので検索してみました。
「アジサイにつく、毛のはえた虫」で!

と、答えの前に、我が家の庭にあるアジサイについていたその虫の写真です。

Img_3938

植物の種でもくっついたのかな、と思って「ふぅ〜」と息を吹きかけてみたら、
なんと、こいつらがもぞもぞと歩きだしたのです(笑)。
ぎゃー、虫だ! と思って早速撮ってみたのです。

こんな虫見た事ないしー、毛がリオのカーニバルみたいだしー、と思って検索したその答えは?

「アミガサハゴロモ」

さあ、「アミガサハゴロモ」で検索してみてください。もちろんGoogleで!

もっと滑稽な写真が出て来て面白いですよぉ。

2012年7月15日 (日)

木星食、出現。

直前の記事「木星食、潜入。」の写真ですが、
時間を書き忘れていました。
使っているカメラによれば13時5分40秒とのこと。

ちなみにSE200N CRによるEOS Kiss Digital X直焦点撮影です。

さて、潜入の撮影を無事に終え、昼ご飯を食べた後、今度は出現!
ああ、また雲じゃん。
おまけに追尾していた赤道儀のスイッチを切っていたので、またまた「月はどっちに出ている?」

出現時刻が迫る中、やっとうすい雲の向こうに月が!
なんとか写野に入れたものの、次から次へ雲が!
えーい、とにかく撮りまくれ!

で、14時2分9秒(もちろん、カメラいわく)

M3864

よーく見ると、出てきているのは分かるんですが、どうでしょう、皆様にも見えますでしょうか。
これより前の写真にも、なんなとく木星が写っているような気がしました。
確実に「木星だね」と思えるのはこのあたりからでした。

さて、あんまり「心眼」っぽいことを書いていると電波系だと思われるといけないので、
次はもうちょっと出てきた32秒後のものです。

M3868


なんつーか、「やっぱ見えないだろ!」って怒られそうなんですけどね。
いやあ、ともかく暑かったし、ぎりぎりまで見えないしで、大変でした。
月を探すために何時間も空をみたことなんて初めてです。
おかげで鼻の頭が真っ赤になったです。

昼に星を見たのも初めてでしたが、こんなにはっきり見えるなんて、とびっくりしました。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

木星食、潜入。

いやーまいったまいった。
月を探しあてるのに1時間以上ねばった。
ずーっと雲が出ていて、まったく検討もつかない。

でも、奇跡的に直前になって発見!
まあ、セッティングしてあった望遠鏡の位置がまずくて大慌てで移動したりしたんだけど
なんとか潜入の様子をみることができました。

Img_3793

望遠鏡でも、ちゃんと「昼間の星」を見る事が出来たのはよかった。
さて、出現はどうなるかなー。

2012年7月11日 (水)

ナナフシ。5月4日。

おとなになって多治見市に引っ越してきて驚いたのは
「ナナフシ」の死骸が庭に落っこちていたことだ。
それまでナナフシなんて見た事がなかった。

その後、超然嫁の実家を訪れた際、道路を歩いているナナフシを見たときは、
「なるほど、こういうところではナナフシは歩道を歩くのか」などと感心したものだ。

現在でもナナフシは「レア物」として少年の心をくすぐる存在であり、
小学5年生になる息子も、通学途中で学友が見つけたナナフシを譲り受けるなどして
喜んでいた、というエピソードもある。

そんなわけで、5月4日、いくぶん過去の話ではあるが、
岐阜県関市において、卵からかえったばかりと思われるナナフシを見つけたので写真に撮ってみた。

Img_0025

ナナフシの顔にピントがあっていないのは残念であるが、
こういもんは見た事がなかったので、ちょっとうれしい。

成虫がいるということは、それに至らない幼虫だのなんだのがいるというのは当然で、
いつでも会えると思いがちだが、案外、見られないものなのかもしれない。

だって、ウナギだって、どこで産まれるのか分からないっていうし。

2012年7月10日 (火)

再処理って面白いですね。干潟星雲。

"Captain Morgan Spiced Rum"とゆー酒をご存知でしょうか?
なんやかやとごちゃごちゃ入っている系のラムなので、(とはいえ、今やそういうのは当たり前か?)
一部の「お嘆きの貴兄」には敬遠されるのでは? と無駄な忖度もしそうな類いのラムなのですが、
これがまた、うまいんですよ!

わたくしは、夏になると、これを買います。
どのご家庭でも、勝手にミントが生えてきますよね。
えー気分でミントを引っこ抜いて、この"Captain Morgan"にぶっ込む!

が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。

4月下旬に根の上高原近くの保古山頂上で撮った干潟星雲を
天下のステライメージ6.5で再処理してみました。奇跡的にRAWデータが残っていたのです。

以前はDeep Sky Stackerで処理して、このブログでも自慢げに紹介していたのですが、
いやもう、ステライメージのすげー事!

並べます。
上は、DSSのもの、下はステライメージによるものです。
以前は周囲をトリミングしたんで、大きさがちょっと違いますが、そこはご愛嬌!

M8_2


Hg

みなさんのブラウザ上でどう見えているか、よくわからないんですけど、
わたくしには、前者の写真が嘘くさくてノイズだらけで、アホみたいだ、と思っています。
まあ、ガイドがどーとかは置いといてくださいね。

ステライメージではどうなるのかな、と基本的な処理を教科書通りにおこなっただけですので、
今後、もっと使いこなしたら、もっと満足できるようになるかなあ。
マスク処理だとかもやってみたいです。
普段、Photoshopを使っていると、ステライメージで使うマスクは、やりにくくてしょうがなくて、
なかなか身に付きませんが、夢は「ステライメージで全部完結!」です。

とはいえ、DSS達人の方から見たら「何! それはお前が、DSSを使いこなしてないからじゃ! どーん!』
なんて言われたら、「乾杯」ですけどね!


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2012年7月 8日 (日)

サソリ座の女の息子がサソリ座をスケッチ!

ひさびさの天文モード!

うちの超然嫁はサソリ座のうまれで、そのせいかどうかは知らないが、
小学5年生になる息子は夜空を見て、サソリ座くらいは分かるらしい。
ま、たまに北天を指差しては「おとうちゃん! サソリ座だよ!」とか言っているのだけど…。

7月7日、その日の昼間は天気がよかった。
月が出ようとかまうものか、遠征だ! 小学5年の息子を連れて大山白山神社まで。

現場にたどり着くすこし手前、見晴らしのいい場所があるのでそこで一旦様子見。
天頂から南にかけては晴れていて、所々雲があるものの、いい感じ。
ベガとアルタイルもよく見えた。
そこでやおら息子がノートを取り出し星座のスケッチをはじめた。

そういえば自分が天文少年だったころ、毎日のように夜空を眺めては、
紙にその日見える星を書き込んでいたっけ。
オリオン座はいいけど、なんだかエリダヌス座にはうんざりしていた記憶がある。

当時は毎年、「切り抜く星座早見」みたいなのを売っていて重宝してた。
けど、それに載っているような星座の形には、なかなか書けなかったものだ。

さて、その場所では機材を出さず、最終目的地の大山白山神社まで急いだ。

Sasori

なんか現場につくと雲が多くなってきた。
せめて息子がスケッチしたサソリ座だけでも、と思い撮影したのがこの1枚。
まあ、息子のスケッチと比べてみてくださいな。
なんで、そっちに曲がってるの?

さて、その後すっきり晴れることはなく、星空はあんまり堪能できなかったけど、
息子は、たまに飛んでる流星に喜んだり、シカを発見して喜んだり、
まあ、えーんでないの、という結果になりました。

しょうがないので現場にある鳥居を撮ってみました。
赤道儀を止めて、2分露光4枚のコンポジットです。
天体写真を撮っているつもりでステライメージで処理したものです(笑)。
もちろん、ダークも引いたよ♪
真っ暗なのに、こんなふうになるのね。

New5

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2012年7月 4日 (水)

「NOVA7」以来、小川一水さんの本ばかり読んでいます。

ずいぶん前のことですが、大森望さん責任編集の
「NOVA 7 書き下ろし日本SFコレクション』(河出文庫)を、
増田俊也さんの「土星人襲来」目当てで読みました。
面白いお話がたくさんありましたが、中でも小川一水さんの
「コズミックロマンスカルテット with E」が凄すぎて、
それ以来、小川さんの本ばかり読んでいます。

なんか頭が悪くなって、自分が読んだ本すら憶えていられない状態なので、
このブログに感想文のようなものを記録しておこうとか思っていたのですが、
そんな事も面倒なくらい、狂ったように読んでいます。

最初に読んだのは「天冥の標 1 メニー・メニー・シープ」でした。
なんでしょうね、これは、と思わずにはいられない、巨大な感じが…。
好きな事やりまくってるみたいですね。

それはそうと、東日本大震災以来、小説を読んでも、
なにかと今の状況だとか、震災のことと結びつけて考えてしまいます。

豊崎由美さんが震災直後に
コーマック・マッカーシーさんの「ザ・ロード」に(Twitter上で)言及したように、
また、最近ではマーセル・セローさんの「極北」を勧めているように、
それが書かれたのが震災前か後かに関わらず、
ちょっと思い当たる節があると、震災のことを考えてしまいます。

「天冥の標」でいえば、「電気持ってるヤツが支配する」という世界。
「1」は3年くらい前に出ている本ですけど、時代によって、意味が変わってくるんですね。

今日(7月4日)の日本経済新聞夕刊「エンジョイ読書」面の「読書日記」で
佐藤友哉さんという作家が「風化しない現実、SFに見る」として
伊藤計劃さんの「虐殺器官」を紹介しています。
「虐殺器官」は震災前の小説ですが、(それどころか、伊藤さんは2009年に亡くなっている)
 「自分の見たい現実を見るために、他者の現実をつぶす。
  3・11以降、国家も市民もやっているおなじみの光景」
が書かれているので
 「これから読む新規読者は、まったく古さを感じない」
のだ、と佐藤さんは言っています。

こんなような側面を持っている小説というものに、
能天気な希望を見いだしたりすることもあります。

京極夏彦さんの「ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔」の世界では
核廃棄物の処理が解決されています。
登場する人物が、昔は核廃棄物の処理に困ってたみたいだよね、くらいの事を思ったりするだけで、
本題とはあんまり関係ない設定ですが、いずれにせよ、現実が追いつけば、どんなによいでしょうか。

小川さんの小説にも、しばしば軌道エレベーターとか核融合とかが出てきますね。
いったい、どうなっていくのでしょうか。
「極北」みたいに、まさかオレが終末に居合わせるなんてなぁ、なんて事になったりもするのでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

2012年7月 3日 (火)

あちは吉信氏は民主党を離党しなかった。

岐阜県5区から出ている衆議院議員あちは吉信さんが、
今般の消費税増税に賛成したようで、
なるほど、そういうことは憶えておこう、と思うのであった。
約束を破った側だったわけだ。

もうひとつ、憶えておきたいこと。
被災地とつながる絵本『いのり〜ポポからの招待状〜』作・菅原みさお

そういえば、あん時ゃ、みんな普通に過ごせることがどれだけ大事か、って実感したもんだ。
関係ないと思いつつも、電気消したりしてたなあ。それが今ではどうだ?
関係ないから、いいや、じゃない。
あの時、生活そのものを見直す必要があるって考えてなかったっけ?

この前、中日劇場でコロッケさんの公演があったんだけど、
観に行った父親が、こんな事を言っていた。

「コロッケは、『普通に暮らせることが一番だ』と言ってた、そこだけは笑わせなかった。」

コロッケさんは東北にちょくちょく行っているそうです。
コロッケさんの公演は、それはものすごく笑わせるものなのだけど、
このお話の時だけは、笑わせなかった、父はそう言ったのです。

ところで、「世論」は誰が作ってるんだろーね。
7月2日付日本経済新聞夕刊中部社会面に大飯原発起動の記事が載ってたんだけど、
見出し(2段)が「大飯原発、起動から一夜 抗議市民の姿なく」ってなってた。
「抗議市民」がへたれみたいじゃないか。なんか悪意を感じるぞ。
見出しをつけた面担は「上司に言われたんです」って言うかもね。

エラい人が大飯の再稼働を決めてから、日経は猛烈にそのエラい人たちの広報みたいな記事を書いてた。
素人のわたくしが見ても露骨で、面白かった。
大飯再稼働方針決定の翌日くらいかな、次は伊方だ泊だと1面アタマに持って来ていた。

そういう事を書く事は、別にいいと思う。
新聞が異常に自己主張したら、その方が面白い。どの新聞も同じじゃあ、信用ならない。
だけど、「社会の木鐸」ヅラするのだけはやめてもらいたい。
「俺はこう考える」という主張をばんばん出して行ってくれるのはいいんだけど、
それを押し付けるために、まったく逆の事を考えている人がいるって事を隠さないでもらいたい。
世の中、新聞に書いてなかったり、テレビでやってなかったりすることは
ほとんど「ないこと」になっているようだけど、それを悪用するのは勘弁してもらいたい。

だけど、あちはさんは、どんどんやりたい事をやっていってもらってかまわないけどね。

この前、宮台真司さんが、東京都の住民投票条例案否決に関係して
「議員の投票をチェックし、反対した議員に対する強力な『落選運動』を次の選挙で繰り広げる」
みたいな事を言っていたけど、こういうのが大事なのだねえー。

元「週刊朝日」編集長山口一臣さんは
「誰(議員)がどういう行動をとったのか、おぼえておいてください」っていうのをすごく言う。

これらの言葉が、どんだけの人に通じているんだろうか、って思うけど、
ここに書いとけば、2人か3人くらいには通じるかもしれんなあ。

2012年7月 1日 (日)

巨大アリの逆襲。

要するに、とても大きな「アリ」を庭で見つけたということなのだけど、
でかいってんで「巨大」をくっつけ、「巨大アリ」にし、
「巨大アリ」とくれば「逆襲」と続けてしまうところが、アホっぽいというか。

これはつまり、日曜日の午後2時くらいから、しょーもない映画を放映していたのを
熱心に観ていたというある世代の哀しい性質なのかもしれない。

自分が子どもの頃に観ていたのは、
大量のミミズが襲ってくるとか、巨大な芋虫に取り囲まれるとか、そんなものばかりだったけど、
今日なんか「ターミネーター」が放映されているみたいだ。

ひょっとすると、自分の子どもたちは「ターミネーター」とかを観て、
さらに知能指数を低下させているのかもしれない(笑)。
お父ちゃんが子どものころ、「ターミネーター」なんかはすっごい人気があって、
みんな真似してたんだけどなあー。

Img_0092

約1ヶ月前に庭で見つけたアリ。
隣に写っているネジのアタマは直径13ミリくらいあります。
このアリを見つけた時は、「ヤバい! これはあってはならないことだ!」って思いましたが、
よく調べればそこらへんによくいるアリちゃんなのかもしれません。
日本に棲息するアリを同定できるサイトを見つけたのですが、
あまりにも難しすぎてさっさとあきらめました。

Img_0094

写真が不鮮明ですが、ある主の好事家の方(最近、はやりの言葉だ!)には喜ばれるのかもしれません。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »