フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SE200N主鏡ツメ隠し環の効果。 | トップページ | あちは吉信氏は民主党を離党しなかった。 »

2012年7月 1日 (日)

巨大アリの逆襲。

要するに、とても大きな「アリ」を庭で見つけたということなのだけど、
でかいってんで「巨大」をくっつけ、「巨大アリ」にし、
「巨大アリ」とくれば「逆襲」と続けてしまうところが、アホっぽいというか。

これはつまり、日曜日の午後2時くらいから、しょーもない映画を放映していたのを
熱心に観ていたというある世代の哀しい性質なのかもしれない。

自分が子どもの頃に観ていたのは、
大量のミミズが襲ってくるとか、巨大な芋虫に取り囲まれるとか、そんなものばかりだったけど、
今日なんか「ターミネーター」が放映されているみたいだ。

ひょっとすると、自分の子どもたちは「ターミネーター」とかを観て、
さらに知能指数を低下させているのかもしれない(笑)。
お父ちゃんが子どものころ、「ターミネーター」なんかはすっごい人気があって、
みんな真似してたんだけどなあー。

Img_0092

約1ヶ月前に庭で見つけたアリ。
隣に写っているネジのアタマは直径13ミリくらいあります。
このアリを見つけた時は、「ヤバい! これはあってはならないことだ!」って思いましたが、
よく調べればそこらへんによくいるアリちゃんなのかもしれません。
日本に棲息するアリを同定できるサイトを見つけたのですが、
あまりにも難しすぎてさっさとあきらめました。

Img_0094

写真が不鮮明ですが、ある主の好事家の方(最近、はやりの言葉だ!)には喜ばれるのかもしれません。

« SE200N主鏡ツメ隠し環の効果。 | トップページ | あちは吉信氏は民主党を離党しなかった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

好事家としてはこの巨大アリは萌えー!ですわ。すごいデスね~…。うかつに手を出すととんでもないことになりそうです。
http://www.koheisha.jp/microwidelenz/microwidelenz01.html
こんなレンズで撮影したら、怪獣みたいに映るんだろうな〜。

ムネアカオオアリですかね。
http://tenbin777.blog75.fc2.com/blog-category-18.html
このブログの人、マニアック。。

お久し振りです。巨大アリですかー…私が嫁いできたこの田舎町には普通にいますよ~。今まで見てきたアリが小型で、砂糖なんかに群がるチビアリがミニチュアに感じます(笑)他にも、タランチュラかと思う様な脚高蜘蛛とか…(全長10cm前後) あ、そうそう!嫁いできてスグ自宅の前で山ヒルに噛まれました(泣)ヒルなんて山奥にしかいないと思ってたのに…。それくらい山深い所なんですよ。この町は…とほほ↓

■まるこうさん
わ、ふたつもありがとうございます。
まるこうさん、こういうのお好きでしたか…。なんか興奮が伝わってきます。
昆虫写真用のレンズは、それこそ好事家のみなさんがいろいろ開発されているみたいで、ヤバいですね。
いずれにせよ、目で普通に観られない物が写っちゃう感じが、天文と共通してるかなあなんて思います。
で、「ムネアカオオアリ」多いにありありですね。大きさもだいたいあってるし。
それに、このサイズより、ちょっと小さいのを最近見かけました。普通にいそうですね。
ブログ、軽くみてみましたが「ワーカー」ってのがかっこいい(笑)。いわゆる「働きアリ」ってことですよね。
果たして、うちで見たアリは、その人をうならせることができるのか?!

■さくらママさん
お久しぶりです。お元気でしょうか。
えー、このサイズ、普通ですか! それに山ビルって(笑)。
以前、天の川がきれいに見えると書いていましたが、それどころじゃないですね。
夜、星なんか見ていたら巨大グモに連れて行かれそうです。
この前、うちで「ヘビ騒動」があったんですが、そんなもん日常茶飯事なんでしょうね。

昨年、娘が通学途中に蛇に噛まれ、救急車で病院に搬送されました。幸い大事には至らずホッとしましたが…山奥は危険がいっぱいです。ある意味、毎日がサバイバル(笑)

■さくらママさん
えっ、蛇に噛まれて救急車ですか?
毒蛇だったんですかね。怖いですけど「毎日がサバイバル(笑)」と思えることには、敬服します。
「一歩まちがえれば」と考えてしまいますが、大丈夫なんでしょうか。
なんというか、先日、息子の通学路でナナフシを捕まえたという話があったんですが、
なんとも牧歌的というか、レベルが違いますね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/55094345

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大アリの逆襲。:

« SE200N主鏡ツメ隠し環の効果。 | トップページ | あちは吉信氏は民主党を離党しなかった。 »