フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 志摩でみた天の川。 | トップページ | 天体写真の「見せ方」に関する、まったく新しい発明! »

2012年8月30日 (木)

多治見市の住宅街から、NGC281をノーマルカメラで撮ってみた。

"ロシアン餃子は、最高のリア充フード"
              ──── 高橋芳朗

が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。

わたくしの住んでいる多治見市の住宅街で気軽に直焦点などをやると、
だいたい下のような写真になります。

6910
SE200N/EOS Kiss Digital X/ISO200 5min×8

写真の右側が北で、明るい星が「はくちょう座」のγ星で、
右の方にある星のカタマリがNGC6910です。
このあたりは赤い星雲が広がっているようで、
ベテランのみなさんは改造カメラなどというものを使用して神秘的な宇宙を写しています。

残念なことに、わたくしが使っているのはノーマルのデジタル一眼なので、
このあたりの星雲はさっぱり写っていませんでした。

そんなわけで、ノーマルカメラでNGC281がどれくらい写るんだろう、
と思い立ち、かなり気合いを入れた作業をしてみました。しかも自宅庭で!

Ngc281
SE200N/EOS Kiss Digital X/ISO800 10min×20

一晩じゅう撮影してみまして、使えそうな20枚をコンポジットしました。
16枚はトーナメント方式の加算平均。残りの4枚は加算平均したあと、
先の16枚コンポジットのものに加算でコンポジットしました。
なんか根本的に間違ってるかもしれません。「加算」にしたせいで、ノイズが復活してるかもです。

ダーク画像は翌日夜撮影(24枚)。
フラット(200枚くらい)とフラットのダーク(24枚)は翌々日朝撮影しました。

全体にわたって、黒い点々がたくさんあるのですが、これはダークが合ってないからなのかな。
背景部分はなんとかなりましたが、
星雲にかかってる部分はぼかしてもいい塩梅にはできませんでした。

撮影に関しては、途中で鏡筒を反転させる必要がありました。
そのせいかコンポジットでうまく位置合わせができませんでした。
そんなわけで、豪快にトリミングしてあります。
────────────────────────────────────────
出来は悪いですが、これは、楽しいですね。修行にもなります(笑)。
楽しいんじゃ、修行じゃないか?

処理に関しては、諸先輩が残している2008年ころのYahoo!ブログの数々を参考にしました。
当時、画像処理に関して研究しておられた人々はすごいです。
自分は、2012年の今、やっとその入り口に立ったような気がしています。

ちなみに、このNGC281では、星雲マスクが上手に作れなかったことが課題です。
ところで、コマコレクターって色収差あるんでしょうか?

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 志摩でみた天の川。 | トップページ | 天体写真の「見せ方」に関する、まったく新しい発明! »

天文」カテゴリの記事

コメント

しかしまあ、フラットもダークも、更にフラットダークまで半端ない枚数ですね。
ライト画像も一晩中ですか!
これは修行でしょう。
画像処理も私なら一晩中かかりそうです。
出来上がったパックマンも素晴らしいです。これが改造カメラだったら、
、なんて野暮なことは考えないでおきましょう。

こんにちは。
スパイダーの十字が星の中心にきているので、光軸も合ってるように見えますよ。
10分を×20枚! コンポジットについては私もイマイチよく解っていないので別の方にお任せします(^^;)   フラットも200枚なんてお疲れさまでございます。

ノーマルデジでパックマンはきっしーさんが以前すんごいの撮ってきてましたよ。
http://kisshi.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/ngc281-5cda.html

コマコレ使っても色々収差は残るでしょうねぇ。。。

 すごい力の入れようですね。自分の撮影がお気楽すぎて、恥かしくなってしまいます。
 かなりパックマンが浮き出てますね。
 逆に、改造デジで同じだけ力を入れたらどうなるんだろう、と思います。天文ガイド入賞クラスの写真が撮れそうですね。
 ちなみに、スターショップで改造デジの大量放出やってます(笑。

■まるこうさん
自宅撮影を満足いくものにするには?と考えて実行してみました。
遠征ばかりでは稼働率が低くなっちゃいますから。楽しい事はいっぱいやりたいですし!
ライトフレームは一晩中撮って、32枚コンポジットを目指していたんですが、使えるのが結局20枚でした。

■かたくちいわしさん
まあ、フラットは枚数多いけど、明るい時に短い露出時間でさっさと撮ってますんで、時間的にはたいしたことないです。そんなフラットフレームでも「やらないものと比べれば、ちゃんと補正できてる」感じです。
自分で処理する前に、あんまり先達の写真を見ないようにしてました。きっと「こんなんかよーーー」って嫌になっちゃうから。今になってきっしーさんのを見てみると、やっぱり先達はすごいぜ!と思うのであります。星もきれいだしなあ、なんて。
ここのところ星が青くにじんでいる感じがしたんで、ひょっとしてコマコレの色収差かな、なんて考えたんですが、そうですか、収差あるかもしれませんか。やっぱり評判のよいバーダーのMPCCにした方がいいのかしらん。

■阪神ファンいっこうさん
「スターショップ」の話しが出ると思ってました! 大正解!
改造デジですかあ。「どうせなら冷却」と思っているので、1年くらいお小遣い貯めてしまおうかな、と悩んでいる夏。その前にちゃんとした赤道儀かなあ、なんて事も…。
力を入れた割には「すげー」とはなりませんでしたが、ひとつのネタで長い事お楽しみできたので、こういうのも良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/55537458

この記事へのトラックバック一覧です: 多治見市の住宅街から、NGC281をノーマルカメラで撮ってみた。:

« 志摩でみた天の川。 | トップページ | 天体写真の「見せ方」に関する、まったく新しい発明! »