フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月28日、半影月食経過。 | トップページ | お買い物しながらだって、天体撮影できる(笑)。M109。 »

2012年11月30日 (金)

1年2ヶ月前は、こんなんでした。M52。

やれ銀河がちっさいの、やれ苦労した割には写ってないの、

などと宇宙をDISるのはもうやめだ!
 
そんなことはともかく、1年2ヶ月前に自宅の多治見市から撮影したM52はこちら、
 
M52
 
当時はKenko SE200N CRをVixen GPD2に載せて、
20秒のノータッチガイドを十数枚コンポジットするという手法で楽しくやっていたわけですが、
毛が薄くなった今、何かというと「暗い」「小さい」「ノイジー」などと
生意気を言うようになったわたくしがM52を撮ってみました。
これまた多治見市の自宅からです。
 
M52comf
 
Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X: ISO800 6分×14枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress  LodeStar/PHD Guiding
2012/11/18
 
ななななな、右下の赤いのは何だ!? という小芝居はともかく、
撮影中、お布団に入って(笑)、
Newton別冊「夜空に光るM1からM110まで メシエ天体のすべて」(ニュートンプレス)という本でM52のところを見ていたら
すごく近くにバブル星雲があることを知り驚愕しました。
でもまあ、ノーマルデジタル一眼だしな、と軽く流していたのですが、
写真を見てびっくりでした。写ってるんだ。
 
まあ、画像処理に関しては、メインだったM52そっちのけ。
 
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 2012年11月28日、半影月食経過。 | トップページ | お買い物しながらだって、天体撮影できる(笑)。M109。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

 すっげ~~~。
 同じ対象、先に公開してよかったです。これを見たあとだと、はずかしくて公開するのをやめいていましたよ。またお蔵入り写真がふえるところでした。
 バブル星雲、すごくよく写ってます。端にいる主役ですね。
『じゅりあな~~と~きょ~~~』
 あぁ、あの頃が懐かしい。

おはようございます。

まるでビフォーアフターのようですね。
1年ちょっとでこれなら、10年後はどうなっているのでしょう。
ノーマル機でバブル星雲が写っているのは驚きです。
でも撮影中に布団に入っているのはもっと驚きです(笑)。

お~素晴らしい。
まさかノーマルでバブル星雲が写るなんて。
バブル一つ遅れの超氷河期世代です。 
先輩たちだけいい思いして、ブツブツブツブツ・・・

今度はバブル星雲中央で狙ってみたくなりますね。
この泡、はじけないのでしょうかね。

なんということでしょう。(サザエの声)
この青い星団と赤いバブルの対比がタマランです。

ちなみにいっこうさんと私は、バブルの手前世代ですな。
後輩たちだけいい思いして、ブツブツブツブツ・・・

おはようございます。
いつも素晴らしい画像を拝見させていただいてます。

撮影技術もさることながら画像処理のエキスパートがなさったこととはいえ、
ノーマルしか持たない身としては、夢と希望が湧きます。

バブルの絶頂期から終わりまで、あげく田舎まで弾かれた者でございます。(--〆)
もっと後輩たちだけいい思いして、ブツブツブツブツ・・・

おはようございます。
もうちょっと右下!、って叫び声が聞こえたような気がしました。

いや~、バブルはいい時代でしたねえ、何もかも右肩上がりで…

こんにちは。
星団の青と星雲の赤を、綺麗に撮られていますね。
ちょっと前、私も「太陽・月・星のこよみ」(財団法人 国際文化交友会 月光天文台 製)
に載っていたのを見て、試しに撮って見ました。宣伝ではありませんが。

■阪神ファンいっこうさん
「え、こんなところに?」と予期せぬことに喜んだのもいっこうさんと同じでした。
当たり屋みたいで、すみません(笑)
バブル絶好調時代はいっこうさんいくつだったんだろう。
そーゆー感じだったのかなあ。その時の暴れん坊ぶりがたたって、つむじが…。

■やまねももんがさん
ありがとうございます。今後もますます腕をみがきたいところですが、
このペースで上達するのか、あるところでぱったり成長がとまるのか、
または突然死んだりするのか(笑)。
自宅撮影中にお布団で寝ているのは、よっぽど珍しいのか、まるこうさんにも驚かれました。
「絶対、曇らない、雨なんか降らないもんね」と思いながら寝ます。
鏡筒を反転するタイミングで目覚ましをかけたりしてます。

■かたくちいわしさん
周辺の淡く大きく広がっているところはさすがに無理ですが、
自宅でこんだけ写ってたんで、今度は真ん中に持ってきたいものです。
今回はまあ、そこにあること知らなかったので…。
かたくちいわしさんが氷河期時代ですか。
わたくし、高校を卒業して働き出しましたので、なんとなくバブル終焉なのかな、
くらいの感じがしてますが、たぶん、勘違いでしょう(笑)。
先輩たちは「ほんとのバブルはこんなもんでねぇ」と、言うでしょうね。

■まるこうさん
まるこうさんもバブル避けてるんですか。
ってゆーか、みなさんバブル時代がらみの恨みが多いですねー。
でも、いっこうさんはフィーバーしてたみたいですけど…。
この星団、暗い星がいっぱいあっておもしろいですね。見栄えがとてもよいです。
思いがけず星雲まで写っていたので、気合入れて処理してみました。
まだちょっと背景が明るいですかね。

■山口のじぃさん
はじめまして、ありがとうございます。
「罵倒星雲」の方ですね! じゃんじゃん発表してください。
ああいうの、わたくしもたまにやろうかなって重ってます。
ノーマル機撮影のすごいのは、きっしーさんという人がいらっしゃいます。
わたくしが目標にしている人の一人なんです。もっと希望が持てますよ(笑)。

■さとうさん
あ、ついにバブルを謳歌した世代が!
「もうちょっと右下」ですよ、ほんとに。でも、2回目くらいでみなさん飽きてるみたいだったので(笑)。
3回シリーズを予定していましたが、打ち切りとなりました。

■ヤマボウシさん
ありがとうございます。カレンダーですかね。
ヤマボウシさんの写真は広めに撮っているやつですね。
ほんとに、このあたりは星雲星団が多くて、自動導入で次から次へと見るだけでも楽しいですね。
バブル星雲は知らなかったですが(笑)。
赤い星雲がもっと写るようになったら、もっと面白いんだろうなって。


質問です。
下の写真の星をよく見ると上の写真より周辺のコマ収差がかなり改善されていますね。
上の写真は、コマコレクターなしの星像でしょうか? それともTSコマコレクター以外の何か補正レンズ使っていますか?

のんたは、R200SS+コマコレクター1でのコマ収差に悩んでいます。コマコレクター1と3ではあまりコマ補正効果が変わらないと言われており、MPCCを購入予定ですが、最近MPCCとコマコレクター3の比較されたブログを見つけ、双方あまり変わらないようなテスト結果が載っていました。となると、MPCCも大して変わらないのかな?
ミッチーさんのTSコマコレクターは結構綺麗に補正されているように感じます。
SE200Nは同じ20cmでもF5、R200SSはF4と異なるので同じ結果とならないかも知れませんが、このあたりの情報どうでしょう?


◼のんたさん
上のは、コマコレクターなしです。Tリングで接続しただけのものです。
いろんなMPCCの検証記事を参照すると、TSよりはいいのかなと、感じてはいるのですが、
光軸などの調整具合によって、かなり星像が変わるので、
自分のせいで性能が発揮されていないかも、とも思っています。

ここに載せてる画像は、ほとんどトリミングしてますので
そのうち四隅の画像を載せますね。
ちなみにこのM52は、上と左をバッサリやってます。
つまり、この日は右と下は案外きれいだったということです。
ほんとだったら四隅が同じ状態にならないといかんのでしょうが、
これがなかなか(笑)

最近、TSコマコレクターを使っている他の人のブログを発見したので
履歴調べてみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/56224758

この記事へのトラックバック一覧です: 1年2ヶ月前は、こんなんでした。M52。:

« 2012年11月28日、半影月食経過。 | トップページ | お買い物しながらだって、天体撮影できる(笑)。M109。 »