フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NGC2903を岐阜県山岡町で。 | トップページ | いかにして、SE200Nの「謎の光条」を消したか。 »

2013年1月19日 (土)

13分×16枚(ときどき15枚)シリーズ。M81とM82。

1月18日(金)。
超然嫁が酒場から帰るのを待って天体撮影の遠征へ。
この日は県内の嫁の実家近くで北天狙い。

やるのは決まっている。M81とM82。
つい先日も多治見の自宅で撮ったものだが、
暗いところで長時間やってみたかった。

鏡筒を反転させてみることにも挑戦。

All3_2

Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X: ISO800 780秒×15枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding

やっぱり、鏡筒を反転させるとなかなか上手に合いません。
もともと、星像が周縁部でいびつだったので、どうしても反転しても合いませんよね。

画像全面で星像がきれいになるようにSE200Nを調整する自信はありませんので、
鏡筒反転させる場合は縁っこを使わないようにするという運用をしなければならないかな。

ところで、タイトルに示した「13分×16枚」は「シリーズ」とか言ってますが、
別にシリーズ化するつもりはありません(笑)。

M81だけ。

81_3

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« NGC2903を岐阜県山岡町で。 | トップページ | いかにして、SE200Nの「謎の光条」を消したか。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

 こんなん撮れたら楽しくってしょうがないですよね。
 これで改造カメラを手に入れるとなると……。
 私、きっと自慢しまくります。
 「俺、天体写真家のミッチーさんの知り合いなんだぜ!」

凄く解像度の高いM81,82ですね。すばらしい。
これならどこに出しても恥ずかしくない写真だと思います。
のんたも阪神ファンいっこうさんと同じく『俺も天体写真家のミッチーさんと顔見知りなんだぜ!』と自慢できます。

こんにちは。

いっこうさんと同じ感想です。
楽しくやるのが一番だと思います。
それすれば、結果は付いてきます。
ミッチーさん、どんどん突っ走って下さい。
その後ろにいっこうさんが付いていくはずです。
さらにその後方の休憩所で、私はエネルギーを蓄えます。

■阪神ファンいっこうさん
ますます、楽しくなってきました。思うに、大好きな銀河の季節がやってきたからでしょうか。
そうなんです、ご存知とは思いますが、まるこうさんから貸していただきました! やったぁ〜。
やばいです、かなりやばいです! 新しいおもちゃを手に入れたみたい!
「天体写真家」とか言われて増長すると某巨大掲示板で話題になりそうで…。
まだまだです!

■のんたさん
やっぱりでっかい銀河はいいですね。またM33の季節こないかなかなぁ(笑)。
かなり長時間の露光を目指してみましたが、やっぱりいいです!
撮ってるときから「おぉ、これは!」って思いました。感動感動です。
今後はこの路線で行こうかなあ。

■やまねももんがさん
こんにちは。突っ走ります。
今回、じゃんじゃん雲が流れてくる状態でしたので、
寝ずに(笑)空を見上げながら結構忙しい撮影となりました。
「絶対無駄に終わらせないぜ」と思って、いい素材をたくさん得るためにがんばりました。
おかげでいままでとはひと味違うものになって、とっても喜んでいます。
大変だったし、ドキドキしたけど、楽しかったです。
やまねももんがさんは新たな挑戦があるじゃないですか!
エネルギーを蓄えるのはそのためなんでしょうか?

これはすごい!!
ノーマルデジカメの作品から突き抜けた感があります。

これは試しに雑誌に投稿したらどうでしょうかね?
「俺、この今月のミッチーさんは知り合いなんだぜ!!」
と自慢できます。

■まるこうさん
いつかはまともに長時間やってみたい、と思っていて、やってみたらなかなかのもんでした。
いつぞやの天文ガイドに「冷却ユーザーは長時間化の傾向があるのに、デジ一ユーザーはあっさりめ」
って書いてあったので、「なにぃ!」って思ったのもあります。
「通販生活」とかに投稿してみましょうかね(笑)。
あ、プリントアウトってのもしてみたい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/56578037

この記事へのトラックバック一覧です: 13分×16枚(ときどき15枚)シリーズ。M81とM82。:

« NGC2903を岐阜県山岡町で。 | トップページ | いかにして、SE200Nの「謎の光条」を消したか。 »