フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 困った鏡筒、SE200N。だけど、できることはやります。 | トップページ | NGC2903を岐阜県山岡町で。 »

2013年1月14日 (月)

SE200N謎の光条が消えたことと、最近の天文活動。

今年も残すところ350日となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、核燃サイクルのごとく「いつ実現するのか? もうやめたら?」という感じだった
SE200N CRの「謎の光条」ですが、どうやら今度こそホントに解決したようです。
 
この「謎の光条」について、大騒ぎしていたのは約1年前です。
その後さまざまな対策をとり、「消えた!」と喜んだ場面もあったのですが、
実は全面解決ではなく、写野のある部分だけ消えただけだということがわかっていました。
それは、M45を撮ればわかること。
たとえば中央では綺麗でも、他の部分では「謎の光条」が出てしまうのです。
年始にいろいろ工作をしてみたものの、やはり「謎の光条」は出てしましました。
で、その後、なぜ消えたのか? その答えは。
「斜鏡」でした。
今回は、透明フィルムに斜鏡の同心円(?)とか、水平線・垂直線をプリントしたものを用意。
それを斜鏡に輪ゴムでくくりつけて、調整をしてみました。
 
スパイダーと十字線入りアイピースを基準に、なんとかがんばってみたところ
「なんとなく」なんですが「オフセット斜鏡の場合、接眼部からの見え方」って感じに近づきました!
正しいのでしょうか? 正しいと思いたい。
きっと、今までまともに斜鏡調整ができていなかったということなんでしょうね。
2359_2
2013/01/12 岐阜県山岡町

Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X: ISO800 480秒×11枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding

NGC2359。以前、まるこうさんのブログで見たものです。
実は若干星像に不安が残っているのですが…。今後もがんばります。

山岡町ではこれを含め、3対象を撮影しました。
画像処理はまだまだですので、後日残る2つの画像を載せていく予定です。
で、ついでなんですが、昨年末から1/12までに撮った
「調整のできていないSE200Nによる天体写真」という画像を
掲載いたしますので、参考にしていただければと思います(笑)。
まず、多治見の自宅から撮ったM81とM82。
これは、わざと斜鏡をめちゃくちゃにして冒険してみたものです。
何かの参考になるかな、と思ったのですが、今となっては…。
 
8182
 
次、ここのところ挑戦しているM78です。
なんと根の上高原遠征2回分(2012/12/23と2013/1/5)の成果なのですが、
2回目に構図を大間違いして主役が端っこにいってしまいました!
おまけに調整が特に悪く、コマ収差が盛大に出まして、
全部コンポジットしたところ右上の星がえらいことになっています。
 
なんか、M78とは相性が悪い。
「これでダメなら、今シーズンはあきらめます!」と宣言したのでありました。
でも、まじめにやればいけそう、という感触もあるようなないような…。
78all
 
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 困った鏡筒、SE200N。だけど、できることはやります。 | トップページ | NGC2903を岐阜県山岡町で。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

山岡での観測会お疲れ様でした。
NGC2359....変な形の星雲ですよね。形がおもしろいので覚えています。確かワシ星雲の近くだったような。
綺麗に撮れていますね。他の写真も楽しみにしています。

斜鏡の光条が直って良かったですね。これで気兼ねなく写真撮れますね。
またご一緒できること楽しみにしています。

つ、ついに!!
ミッチーさんの懸案事項が解決しましたね!

んで、具体的にはどうやったんでしょうか?
これはSE200Nユーザーで共有しましょうよ〜。(・∀・)ニヤニヤ

3枚の写真いずれも素晴らしい!
M81M82の解像感なんかすごいです。冷却CCDで撮影したよう。
機器の調整だけでなく、画像処理講座なども記事にしていただけると幸いです。


しまった・・・。
ミッチーさんとカブッてしまった(-_-;)

M81とM82、ほんと綺麗ですねぇ。
どう処理すれば、そうなるのか不思議ですよ。
NGC2359も先日撮ったのですが、これもしばらく放置しよ~っと(^_^;)
M78は迫力ありますね!! スゴイです。

ほんと、どれも素晴らしいです。
謎の光条も消えたとゆうことで、あとはSC64フィルターをポチるだけですね(*^_^*)(笑)

■のんたさん
先日はありがとうございました。
ついに自分以外の天体写真を撮る人を目の当たりにすることができて、いろいろ思うところが多いこのごろです。
なるほど長年の経験とはこういうものか、と思い知らされたりもしてます。
NGC2359って結構有名なんですね…。
ついこの間、知ったばかりで「へぇ〜、こんな面白いもんがあるんだぁ」と感心していたところでした。
大犬座のアタマの東側ですね。もうちっとアップで撮れたら面白いかも!
のんたさんも長焦点でぜひ!

■まるこうさん
そうですね、斜鏡の件は今度ここに書きます。結局いろんなパイセンの助言は正しかったです!
この問題で悩んでいる人は多いと思いますので、解決の糸口になれば、と願っています。
とはいえ、なんとも根が深い問題なのでは、という感触がありまして、やっぱりこういう鏡筒はいかんのかも、
と、望遠鏡を買って2年も経ってないのに生意気なことを言ったりしてます(笑)。
M81&M82は、ホントに斜鏡をどしゃめしゃにしてみたんですが、ちょっと不思議な感じしませんか?
恒星が左上にボケて伸びてるんですが、これが銀河あたりだとなんだか幻想的で…。
いやいや、そんなことを言ってはいかんのでしょう!
ちなみに、画像処理講座は自信ないです…。よっちゃん氏の動画を参考にされた方がよろしいかと…。

■おりおんさん
かぶりは仕方ないですね〜。ちなみに今週末、晴れたらプチ遠征でM81&M82を本気撮りしてみます。
「ぶしゃっ」と飛び散ってるの、撮りたいですもん。でも、ノーマルKiss Digital Xでも写るのかなあ。
う〜ん、SC64はランクインしてません!(きっぱり)。
まずは、バッテリーなんっすよ。遠征ではもうもたなくて…。
せっかくだから、ちゃんとしたものを買おうかな、って思ってるんですが高いし…。はぁ。

 思えば、ミッチーさんがブログ村に参加したのも、交流が始まったのも、この光条問題がきっかけでしたね。なんだか感慨深いです。
 腕もどんどんあげられて、もはや賞応募レベルですね。
 相変わらずお気軽お手軽ご近所光害地撮影で画像をこねくり回している私。
 光条問題も解決し、暗い撮影地で、しっかりした架台で、きっちりガイドしてすばらしい写真を連発しているミッチーさん。
 ずいぶんと差がついてしまいました(泣。
 

■阪神ファンいっこうさん
そうなんですよね〜、1年ほど前、大騒ぎしていたあの頃!
いっこうさんのおかげでいろんな方々からアドバイスもらいました。
あの時「斜鏡では?」との声が多かったように記憶していますが、やっぱり斜鏡が主たる原因のようでした。
経験者のお話を聞くというのは、ホントに深い意味がありますね。
ちなみに、しばしばの遠征なのに、快く送り出してくれる超然嫁に感謝しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/56542130

この記事へのトラックバック一覧です: SE200N謎の光条が消えたことと、最近の天文活動。:

« 困った鏡筒、SE200N。だけど、できることはやります。 | トップページ | NGC2903を岐阜県山岡町で。 »