フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 13分×16枚(ときどき15枚)シリーズ。M81とM82。 | トップページ | 「淡い」とはこのことか…。NGC3817。 »

2013年1月20日 (日)

いかにして、SE200Nの「謎の光条」を消したか。

1hon
1年とちょっと前、SE200N CRで直焦点をするようになって、
明るい星を撮った時に光条が余分に1本、斜めに(!)出ていることに気づきました。
これを「謎の光条」と呼び大騒ぎしていたら、
当ブログにいろいろな人がかけつけてくれました。
みなさんのアドバイスをもとに、いろんな事をしてみましたが、
決定的に直る様子はありませんでした。
 
で、先日、ついにこの「謎の光条」が消えたわけですが、
そのことはご報告しました。
さて、結論としては「ただ斜鏡がどっか変な方に向いてただけじゃん」
だと思うのですが(笑)、なぜ今回、斜鏡がうまく調整できたのか?
今までと何が違うのか?
 
今まで自分としてはちゃんと合ってるつもりでした。
だって、接眼部から見て、同心円(っぽく)見えてたんだもん。
が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。
 
今回、斜鏡の調整のために、補助的な目安を設けました。
それは次のようなもの。
 
Syakyo
 
これはSE200Nの斜鏡外周から、等間隔の円をいくつか描いたもの。
これを透明のOHPシートみたいなもんにプリントアウトして切り取り、
斜鏡に輪ゴムでとめました。
 
(ちなみに、正しい角度で斜鏡が取り付けられている場合、
接眼部から見ると、このだ円は正円になるのではないかと思うのですが、
どうでしょう?)
 
接眼部には十字線入りの光軸調整用アイピースをつけました。
 
このシートをつけていると、
斜鏡に写ったスパイダーと、水平垂直線との位置関係から、
斜鏡の回転・傾きなどが分かるのではと思います。
(ただ、主鏡に写ったスパイダーが斜鏡に写っているわけなので、
主鏡がどしゃめしゃだとこれも基準にならないのかなあ?)
 
斜鏡を回転させると、
スパイダーが斜めに傾いていったりするのが
手に取るようにわかりました。
(斜鏡の傾きは分かりづらいような気がします…)
今回、十字線入りアイピースのセンターと、
この同心円のセンターは正確に合わせませんでした。
だいたいのところで妥協しました。
(すべてをばっちりにするのが難しかったのです)
 
そんなこんなで、なんとなくあわせてみたら、
あっという間に「謎の光条」は消えたわけです。
そうそう、大事なのは、SE200Nは赤道儀につけて調整すること。
机に寝かせてやると、笑っちゃうぐらい結果が異なります。
机の上での光軸調整はまさしく「机上の空論」です。
 
本当は、接眼部にカメラでも取り付けて、動画撮影し
それをパソコンで見ながらやりたいのですが、
そういう装置(?)を持っていないので…。
パソコン画面にリアルタイムで写して、
さらに画面には正円の同心円状シートを重ねるか、
データにしてオーバーレイするなどすれば、
正確に素早くできるのではないでしょうか。
(動画撮影機器の光学系の収差が影響して正しくできないかもしれませんが)
 
今回の調整でも「傾き」はどうなんだろう? などと不安は残ります。
まあ、鏡筒ふにゃふにゃ接眼部ゆるゆるのSE200Nでは
ちゃんとした「基準」がつくりにくいので、
これでも調整の第一歩にはなるのかな、と思います。
 
それにしても、こういう目印をつけて初めて、
斜鏡の回転などによるスパイダーへの影響がわかりました。
わたくしには目印なしでは、斜鏡の調整なんてできません。
今まではまったくダメだったんだぁ〜、と分かりました。
 
ちなみに、今考えているのは「斜鏡オフセット」のことです。
今回作ったものに、オフセット時のセンターマークを追加し、
それで調整してみたらどうなるのかなあ?
オフセット時のセンターマークと、十字線入りアイピースの
ど真ん中を合わせればいいんですよね?
 
というわけで、今回作ってみたものをアップロードします。
よかったら使ってやってください。
で、オフセット3.6mmのバージョンも入れたので、
間違ってたらご指摘を!
上記PDFを実寸で透明フィルムなどにプリントアウトして使ってください。
 
Syakyo4
上・左:今回、わたくしが使用したもの
上・右:ど真ん中に黒丸
下・左:同心円少なめ、3.6mmオフセットのセンターマーク
下・右:同心円多め、3.6mmオフセットのセンターマーク
 
以上!
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 13分×16枚(ときどき15枚)シリーズ。M81とM82。 | トップページ | 「淡い」とはこのことか…。NGC3817。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

これは保存版。
型紙までありがとうございます。
ミッチーさんのクオリティに一歩でも近づくために、斜鏡調整をやってみたいと思います。

オフセット3.6mmという数値はどこから?

■まるこうさん
お世話になっております。
オフセット値の出典はコティラです。
http://homepage1.nifty.com/BACK_YARD/telesco/DATA.htm

SE200Nですと、
斜鏡短径÷(4×F)ということなので、
50÷20=2.5
斜鏡中心からは2.5×1.4142=3.6mm
なんですよね?

って、こういうのって、ケンコーに聞けばわかるのかなあ?

それよりも、SE200Nユーザー同士、情報を共有するのって楽しいですね。
「おまえ間違ってるぞ」とか誰か言ってくれないかなあ。
そしたらみんなで腕を上げられるのに。

こんばんは。

屈折しか持たない者がお願いに参りました。
自サイトからミッチーさんのブログにリンクをはらせていただきたいのですがよろしいでしょうか?
それと、その紹介イメージに「こんな写真を撮るようになるまで、いったいいくらかかったのか。」の
4枚セット写真を使わせてもらいたいのですがよろしいでしょうか?

■山口のじぃさん
ホームページ開設されたんですよね!
屈折しか持っていなくても、性格が屈折していても大歓迎です。リンクリンク!
「こんな写真を撮るようになるまで、いったいいくらかかったのか。」の写真も使ってくだせえ。
半年前なのに、なんだかなつかしいなあ〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/56585369

この記事へのトラックバック一覧です: いかにして、SE200Nの「謎の光条」を消したか。:

« 13分×16枚(ときどき15枚)シリーズ。M81とM82。 | トップページ | 「淡い」とはこのことか…。NGC3817。 »