フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月13日 (水)

改造カメラ第2弾は、いよいよM101。

改造Canon EOS Kiss Digital X from Mr.MARUKOによる第2弾はM101です。

2月9日から10日にかけて、超然嫁実家近くでの撮影です。

 
このM101はあれですね、あんまり目立ち過ぎると風情がないな、と思っています。
 
改造カメラだけに、ぽつぽつと赤い領域(H II っていうんですかね)も見えてとてもうれしいです。
 
ちなみに最近、ハイパスフィルタを使ったシャープネス処理に凝っていて、
今回も使用しています。
http://www.adobe.com/jp/designcenter/photoshop/articles/phscs2at_advsharpen.html
 
M101all3
 

Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X(改): ISO800 13分×18枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
トリミングしてあります

 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2013年2月12日 (火)

のんたさんからMPCC-MARK3に関する報告「期待通りの性能」。

趣向を変えて…。

本日は「読者投稿」ということで、パイセンの「のんた」さんから、MPCC-MARK3についてご報告です。
 
のんたんさんはR200SSを使っていて、コマコレクターについてあれやこれやと試行錯誤しておられたのですが、
先日ようやくBaader MPCC-MARK3を導入するに至り、Vixen コマコレクター3との比較をして
「MPCC-MARK3の性能はVixen コマコレクター3より数段上」との結果が出たようです。
 
で…。その結果は当ブログへコメントとして報告をいただいていました。
でも…。コメント欄だけではもったいない!
そう思って、ぜひ、ちゃんとした記事で報告を掲載したい、
とお願いしたところ、のんたさんから快諾いただきましたので、
ほぼ、のんたさんからのメールを引用する形で
Baader MPCC-MARK3の感触を以下に掲載いたします。
 
その1「60mmアダプターリング」
--------------------------------------------------------------------------------------------------
MPCC-MARK3は、2インチスリーブに差し込みするタイプなので、
スケアリングが不安定(片ぼけ)の心配があること、
イメージサークルが小さい(42mm以下)となり、
フルサイズ(イメージサークル43mm)だと画面角にケラレが出ることから、
MPCCのレンズ径の48mmを目一杯使えるように、望遠鏡側は60mmのねじ込み式で、
カメラ側は54mmの口径の大きなリングをほしぞら工房さんにお願いして作って貰いました。
 
フランジバックもそれように合わせてあります。
理想的なものに仕上がり大変満足しています。
 
↓ 出来上がった60mmアダプターリングにMPCCを取り付けたところ。
  望遠鏡取り付け側。
Img_1037
 
↓ カメラ側。開口径が大きくなっています。
Img_1038
 
 
その2「テスト結果」
--------------------------------------------------------------------------------------------------
1)後ピンになると恒星に滲みがでる。前ピンからジャスピンまでは滲みは出ない。
2)前ピンでも後ピンでも輝星の周囲にゴーストが現れる。ジャスピンでは出ない。
3)フルサイズ最辺縁部の星像は前ピンは横に、後ピンはコマ状に。ジャスピンではかなり良像。
まとめ
MPCCの性能はかなり高い。コマコレクター3より数段上。
ピント合わせの注意点として、ジャスピンを目指すが、
像の悪化が著しい後ピンにはしない。
 
Mpcc
 
Mpcc1
 
 
Mpcc
 
Mpcc1
 
Mpcc_2
 
以上です。
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2013年2月10日 (日)

改造カメラ第3弾は、なぜか球状星団M13。

この前の馬頭星雲が改造Canon EOS Kiss Digital X from Mr.Marukoの第1弾とすれば、
第3弾は球状星団M13と仲間たち、になります。
第2弾はM101ですが、撮影は済んでいるものの未処理です。

これを撮影した2/9夜は曇りの予報で、たしかに薄く雲がかかっていました。
のんたさんたちと遠征する予定だったのですが、
天気が悪いので会合は中止に。
 
しかし、改造カメラがやってきて初めての新月期ですから、
晴れるのを期待して嫁実家近くに出かけました。
するとどうでしょう、午後11時くらいからなんとか晴れてきました。
 
予定していたM101の長時間撮影が終わり、
天文薄明までまだ2時間ほどありましたので、M13に挑戦。
 
M13_s

Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1

Canon EOS Kiss Digital X(改): ISO800 10分×6枚 & 1分×5枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
トリミングしてあります
 
お、おもしろい…。銀河もいいね!
 
ちなみに、10分6枚のものだけで処理してみたところ、
「これだけでいけるんじゃないの?」って思いましたが、
せっかく1分5枚も撮ってあるので、試しに加算してみたところ、
なんだかもっとよくなりました!
パイセンの言う通り!
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2013年2月 4日 (月)

初めて改造カメラで撮ったけど、随分ヘマをしたので反省。

あーあ、もったいない。
2/2(土)に、月が出てくるまで、と思い天体撮影遠征へ。
お待ちかね、改造EOS Kiss Digital X from Mr.MARUKOの出番!

短時間の軽い遠征なので、超然嫁の実家近くにさっさと出かけましたが、濃霧。
雨上がりで、なんだか暖かい日だったからなんでしょうか。
ついでに言うと、いつもの活動地の横は大きな川が流れています。
 
そんなわけで急遽さらに車で40分の大山白山神社へ。
天気悪い…。ここへ来るといつも天気が悪い。
が、これは予報通り。月が出てから晴れるという予報だったんですが、
結果的にその通りになりまして、ろくなもんじゃなかったです。
途中で雨まで降ったし!
それでも月が出る前に1時間ちょっと晴れましたかね。
4枚しか撮れませんでしたが、記念の馬頭星雲です。
 
04

Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X(改): ISO800 10分×4
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding

いやー、おもしろい! 現場で「いや〜ん、写ってる〜」と感動。
ノーマルとの違いを見せつけられました。はい。
「自動導入」に続いて「まあ、別に、まだいいか」なんて言っておきながら、
実際に使ってみると感動するという、よくあるパターンでした(笑)。
重ねて、まるこうさん、ありがとうございます!
 
で、今回は大きなヘマをやらかしました。
先日ついにディープサイクルバッテリーを購入しました。
おかげでEM200の借金を返すのが2ヶ月くらい先延ばしになっちゃうのですが、
まあ、そんなことはどうでもよくて、今回電源環境も改善されたわけです。
安心だ〜安心だ〜、と油断していたら、
パソコンの電源ケーブルを本体に差し込むのを忘れていました。
哀れなパソコンは、バッテリで駆動していて、いつの間にやら息絶えてしまいました。
おかげでオートガイドが機能していなくて、4枚ほど没に…。
 
この4枚があれば、もうちっとましなコンポジットができたのに…。
気づいた時には月が空を明るく照らしていました。
前述の通り、天気はさらに良くなったので(笑)、未練がましく撮影してみましたが、
まるで自宅で撮っているような写りで、あきらめました。
今度こそ、いっぱい撮ってやる!
 
そういえば、「写ってはいけないもの」が写っています。
ドーナツ状のゴースト。まあ、よくある話ですね。
あと、謎の光条も出ました。消しましたが…。
これについても、原因はなんとなく想像つきます。
これを撮る時、カメラを鏡筒に対して垂直方向に回転させました。
カメラのセンサーの長辺が、斜鏡の短辺に対応する位置です。
で、どうやらこの位置関係だと謎の光条が出るみたいなんです。
斜鏡短辺方向の調整(回転かな?)がシビアに影響するのかな、なんて思ってます。
 
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »