フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 多治見市自宅撮影バラ星雲の残念な結果と山岡町遠征のM83。 | トップページ | えー、テストテスト。 »

2013年3月 4日 (月)

M100と仲間たち。

今日は前置きが長くなりますので、
「そんなものはどうでもよろしい、さっさとM100を見てやろう」という方は
「ここ」をクリックしてください。クリックしても何も起こりませんが。

 
さて、東日本大震災後「ふんばろう東日本支援プロジェクト」などで、
個人個人が物資などを支援する、という形が広まりました。
で、避難生活が長引くと、「生きるため」のものだけではなく、
生活にちょっとした潤いを与えるようなものが必要になるのだ、
ということに周りの人が気づく、なんてこともあったわけです。
「化粧品」があることの大切さを小島慶子さんが教えてくれたり、
「本」を望む声が多い、という話を聞いたりしたこともあります。
 
そういえば、
「子どもが星を見るのが好きなのですが、星の本が全部流されてしまったので
星座の本や、早見盤があったら送ってください」という希望が
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」のサイトに掲載されたこともありました。
たくさんの本が集まったのではないかと思いますが、
ひょっとすると、双眼鏡や望遠鏡を送った天文屋の人もいるかもしれませんね。
 
こんな風に、天文屋がその趣味を生かしてなにかと世間に存在を示すこともあるわけで、
昨年の金環日食や金星日面通過などは、「太陽めがね」の普及にメーカーや市井の天文屋が多いに働いたのだろうと思います。
 
そんなわけで、普段は「ダークフレーム撮影」と称して
カメラにフタなんぞして何やらやっているのを奇異な目で見られ、
カメラを冷やしたいとかおかしな事を言っている我々ですが、
またまたやってまいりました。出番が!
 
今年は2つの彗星が明るくなると期待しているわけですが、
マスコミなどでも取り上げられ、大きな話題になっています。
そんな状況を見ますと、いよいよ天文屋の出番、という様相に!
そんな中、わたくしが今回の彗星に関しておおいに発言していきたいのは、
 
「アイソン彗星」を
「アイソソ彗星」とか
「アイリン彗星」とか
「アインン彗星」とか
「アイリリ彗星」とか(以下略)
と間違わないでね、ということです。
 
せいぜい、80年代に青春を過ごしたおっさんどもが、
その脳に深く刻みこんだ「フラッシュダンス」の記憶にひっぱられ
「アイリン彗星」などとタワけたことを言うくらいかな、
と思うかもしれませんが、
いや、もうすでに恐ろしい事態になっているのですよ。
 
Googleで上記間違いワードを入れると
「もしかして『アイソン彗星』」って出て来るのです!
 
が、まあ、そんなことはどうでもよろしい。
 
2/16日、岐阜県山岡町遠征の際に撮ったM100と仲間たちです。
 
100all
 
Kenko SE200N CR/TS コマコレクター/IDAS LPS-P1
Canon EOS Kiss Digital X(改): ISO800 13分×14枚
タカハシEM-200/OAG9/Starlight Xpress LodeStar/PHD Guiding
 
たくさんの銀河が写っているので、トリミングなしです。
主人公のM100周辺には、NGCナントカという銀河がほどよくあって、
おまけに形がそれぞれ異なるので面白いですね。
この領域、恒星や薄く写っているPGC関係の銀河も含めて「きてるな」と感じます。
 
いつもは結構ばっさりとトリミングしちゃうのですが、
今回のように広めで勝負すると、まだまだすべてに手がまわりません。
もっと素材を大事にできるような精神を持ちたいものです。
ちょっともったいないので、これは今後もいろいろこねくり回すかもしれません。
 
とはいえ、「渦を巻いている中くらいの銀河があって、その周りに小さな銀河がたくさんある」
という、最近のワタクシが探している領域としては最高です。
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« 多治見市自宅撮影バラ星雲の残念な結果と山岡町遠征のM83。 | トップページ | えー、テストテスト。 »

天文」カテゴリの記事

コメント

 これは見ごたえがありますね。「おっ!」としました。
>「渦を巻いている中くらいの銀河があって、その周りに小さな銀河がたくさんある」
いいテーマですね。期待してます。

ここをクリックしてしまいました。ごめんなさい。。
とりあえず、アイソソやアインンは間違わないと思います。
アイソンもリニアやパンスターズと同じでチームの名前なんだそうですが、今の時代、百武やら池谷・関なんていう個人名のついた彗星は現れないのでしょうか。ちょっと寂しいですね。

さて、相変わらず絶好調のミッチーさんですねぇ。ミッチーさんも「きてるなぁ」と思います。

 ここをクリック、をクリックしましたが、何もおきませんでした。そんなはずはない、と思い、右クリックしたら、グーグルで検索、というのがでてきたので、選択してみました。……カレーのCoCo壱番館がトップにでてきました(笑。さらに、Wikipediaに『ここをクリック』という項目があることもわかりました(笑。
 勉強になるブログだなぁ。まあ、そんなことはどうでもよろしい。
 M100と愉快な仲間たち、いいですねぇ。ほんと、絶好調ですね。これはKenkoの人も大喜びですな『うちの鏡筒、安いけど、こんなん撮れまっせ』と、営業の人がプリントアウトして持ち歩いている……かもしれません。

 

うーん、なるほど!
こんないいもの見せられたら、わたしの春の撮影対象から除外しちゃおう。
そうでなくても撮影プランが多すぎるんだから。
それにしても、撮影ごとの空の条件はちがうと思うのですが、
「ミッチーカラー」というようなものができてきていますね。
宇宙空間の寒さをあらわす薄青緑灰暗色(今作った色の名前)の背景色に
溶け込むようでいて、しっかり存在感のあるはるかかなたの銀河たち。
ほんとに、アートだぁ~!

どうもフラッシュダンスの音楽を聞くと、スチュワーデス物語を思い出します。
つい2,3日前、20くらいの若い女の子が店のレジに来て、小銭を取り出すために手袋を歯で引っ張っていたので「ヒロシ!」と言ってあげたら、「何それ~ お笑いの~?」とか言われちゃいました。
お母さんいくつ? と訊ねると年下でしたorz

そんなことはどうーでもよろしいのですが、美しいM100。この領域好きです。
あらためて自分の撮ったのを見て全然違うくてワロタwwww
来年から本気だします。

■ヤマボウシさん
その「おっ」っていうの、自分でも1枚目を撮影したあとでカメラの液晶で確認したらそんな感じでした。
渦と横棒、のつもりが、意外にいろいろ写っていたのです。
SE200Nでの探求、たまにこういうことがあるので面白いです。
まあ、鏡筒はこれしか持ってませんが(笑)。

■まるこうさん
「きてます、きてます」も古いと。で、クリックしちゃったんですか。ありがとうございます。
パンスターズはともかく、アイソンもグループ名だったんですか!
まあ、天文界のAKBと思えば、いろいろ話題には事欠かなさそうです。
でも「同じパンスターズでも今回のはC/2011 L4でね」とか言うと、うるさがられそうです。

■阪神ファンいっこうさん
右クリック? えーっと、わたくしの使っているAppleのマウスは右ボタンがないので…
あっ! 右側をクリックするとなんか文字が出て来た!「新規フォルダ」ってなんだ!?
そこのKenkoの人! もう一本、SE200Nくれないっすかね〜。僕のは変な光条が出るんですよ、って(笑)。
とはいえ、もっとすごい人いるんですよ。これがまた。

■雲上さん
や、まじでやばいっすよ、「アート」とか言っちゃうと。パイセンに殴られますって。
「薄青緑灰暗色」ですか。うむ、翻訳して「ドドメ色」になったりしたら困りますね。
「撮影プラン」の話って、楽しいです。自分の中だけだと妄想の域に入るんですが、
他の方があれやこれやと書いているのを見るのはホント楽しいです。
望遠鏡のカタログ見てる感じですかね。

■かたくちいわしさん
この界隈では「ヒロシ」といったら、カエルのやつか、生島なんですが、
手袋を引っ張るのってなんでしょうか?
かたくちのアニキは同い年のはずなのに、なんかギャップがあるですよ。
む、こっちがおっさんなのでしょうか…。でも、スチュワーデスは分かりますよ!
「20くらいの女子の母親が年下」って…。そ、そんなこと、
そんなこと、あるわけないじゃないですか! ぜったいないです! ぜったい!
で、M100周辺、R200SSだともっと広くなってもっとたくさん写りそうですね。
こんな感じの領域がほかにもあったらオセーテください。

試しに間違いキーワードで検索してみたら、確かに「もしかしてアイソン彗星」が出ました(笑)
ちなみに「アイリーン・キャラ彗星」で検索したらダメでした。

たくさんの銀河が写ってますねぇ。
13分×14枚ですか!! 相変わらず暗算できませんがすごい露出時間です。
宇宙空間に浮かぶ数々の銀河・・・ほんと綺麗です(*^_^*)

ありましたぜ、旦那
http://www.youtube.com/watch?v=RPJ-FNoUKu0

片平なぎさが目をギラギラさせながら、風間杜夫(村沢 浩役)に向かって「ヒロシ!あなたのせいで私は義手になったのよ!」って、学校でいつもマネしてました(笑

■おりおんさん
「もしかして」っていうの、自動的に出るんでしょうね。
「きっとこいつ、間違うぜ」なんて中の人が気をきかせてる感じが全然しないですもん。
だから逆に「アイソン」を「アイリン」と間違うヤツがいるだろう、というロジックが仕込まれている
という現実が怖い…。
銀河がたくさんあるだけだとパッとしないのですが、ここは主役がちゃんとしていたのでよかったです。

■かたくちいわしさん
ほほぅ、スチュワーデス物語でしたか。あの音がすごいですね(笑)。
こんなもんマネしてたって!(笑)。アホやなあ〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551574/56888920

この記事へのトラックバック一覧です: M100と仲間たち。:

« 多治見市自宅撮影バラ星雲の残念な結果と山岡町遠征のM83。 | トップページ | えー、テストテスト。 »